北条重時の名言|家族の話はよく聞いてあげることが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の妻子の話はよく聞いてあげるといいだろう。その際、僻(ひが)み言を言ったとしても、女子供の常であるからと思ってこらえ、また道理のあることを言ったとしたら、いかにももっともなことだと感心し、これから後も、このように意見を聞かせてくれ、と言うといいだろう。


北条重時 の経歴

北条重時、ほうじょう・しげとき。鎌倉前期の武士。鎌倉幕府第二代執権北条義時の三男(一説には四男)として出生。小侍所別当、修理権亮、駿河守、六波羅探題北方、相模守、幕府連署、陸奥守などを務めた。和歌に詳しく、藤原定家と親交があった。現存する最古の武士の家訓『六波羅殿御家訓』『極楽寺殿御消息』を残している。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

銀行や生保に食い込むために、私が意欲的に心がけたのは、相手と親密になるため、自分をさらけ出し、安心して付き合っていただくことだった。初対面の人でも、私は自分の経歴や家族のこと、仕事に対する考え方などを全部話してしまう。そうすると相手方は「こいつはあまり学問はないが、そう裏表もない人間だな」と考え心安くなってくれる。

誰も信用しないものは、おのれ自身が信用されていないことを知っている。

誰も永遠に仮面を被り続けることはできない。偽装はやがて自分の天性へと帰る。

人間関係は手間暇がかかるものです。手間暇を惜しんではいけない。

私は、人の想いというもが言葉に変わることで無駄になっているように思います。人の想いは皆、結果をもたらす行動に変わるべきだと思います。

うそつきは、真実を語っても信じられることはない。

多くの言葉で少しを語らず、少しの言葉で多くを語れ。

ページの先頭へ