吉越浩一郎の名言|凡人はTTP(徹底的にパクる)を信条に

このエントリーをはてなブックマークに追加

天才経営者ならともかく、私のような凡人には、千里眼のような能力はない。バブルの時は、これが日本の実力だと勘違いしていたくらいだ。そんな私が個別の施策を考える上でとった方針は、TTPであった。TTPといっても何かの化学物質ではない。他社のよいところを「徹底的にパクる」(TTP)ことを信条としたのだ。残業削減、早朝会議、「さん」づけ運動も、元は他の会社の制度をパクったものである。


吉越浩一郎 の経歴

吉越浩一郎、よしこし・こういちろう。日本の経営者。千葉県出身。ドイツ・ハイデルブルク大学留学後、上智大学外国語学部ドイツ語科卒業。その後、メリタジャパン設立に参加。同社プロダクトマネジャー経験後、トリンプ・インターナショナル香港に入社。トリンプ・インターナショナル・ジャパン副社長を経て社長に就任し、19年連続増収増益を達成した。日本経済新聞2004年平成の名経営者100人に選ばれた。数多くのユニークな社内制度を導入し、同社を大きく成長させた経営者。同社退社後はコンサルタントとして企業とビジネスマンに助言を与えている。主な著書に『残業ゼロの仕事力』『ムダな仕事はもう、やめよう』『2分以内で仕事は決断しなさい』『デッドライン仕事術』『仕事ができる社員、できない社員』『仕事が速くなる プロの整理術』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ