吉越浩一郎の名言|リーダーを育てるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

優れたリーダーになるには、早い段階から上に立つ仕事をしなければいけない。私は、係長には課長の仕事をさせ、課長には部長の仕事をさせるべきだと考えている。能力がある人を出世させるのではなく、出世させることで人の能力を上げていくのだ。少々無理なように見えてもどんどん難易度の高い仕事を任せて人を育てていくべきで、日本はこうした状態になっていないから、上司の目を気にして「報連相」に依存したまま、自立した「個」にならないのである。


吉越浩一郎 の経歴

吉越浩一郎、よしこし・こういちろう。日本の経営者。千葉県出身。ドイツ・ハイデルブルク大学留学後、上智大学外国語学部ドイツ語科卒業。その後、メリタジャパン設立に参加。同社プロダクトマネジャー経験後、トリンプ・インターナショナル香港に入社。トリンプ・インターナショナル・ジャパン副社長を経て社長に就任し、19年連続増収増益を達成した。日本経済新聞2004年平成の名経営者100人に選ばれた。数多くのユニークな社内制度を導入し、同社を大きく成長させた経営者。同社退社後はコンサルタントとして企業とビジネスマンに助言を与えている。主な著書に『残業ゼロの仕事力』『ムダな仕事はもう、やめよう』『2分以内で仕事は決断しなさい』『デッドライン仕事術』『仕事ができる社員、できない社員』『仕事が速くなる プロの整理術』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人材育成組織は、人事部門についていて機械的に教育を行うのではなく、実際に役立つものでなければならない。

人を選ぶとき、家族を大切にしている人は間違いない。仁者に敵なし。私は人を使うときには、知恵の多い人より人情に厚い人を選んで採用している。

リーダーは選ぶものではなく、育てるもの。戦略は大胆に、戦術は緻密に。

10年という長期の計画をつくっても変化の激しい時代にはそぐわない、という考えも一理あります。経営環境の前提が変わってきますから。ただ、実際に策定してみて、10年という長期間で考えないと解決できない課題が見えてきたのも事実です。例えば人材育成や人事処遇制度などです。これらは過去20年間、基本的に同じで改定を繰り返してきました。建物で言えば建て増し、建て増しで対応してきたわけです。しかし、次の10年を考えた時、やはり根本的に変えないとダメだろうという発想になりました。

育成で最も重要なのは、背伸びしてようやく目標を達成できるような経験をさせること。そうした経験の場を提供することが、経営陣には求められます。

当社の財産は何といっても人。人材育成は永遠の課題です。

成長するためには継続的に人を作り続けるしかありません。企業の未来は人材育成に尽きる。

ページの先頭へ