土光敏夫の名言|変化の激しい時代には、毎日変わる社訓を

このエントリーをはてなブックマークに追加

この変化の激しい時代に固定したものの考え方は許されない。スローガンは逆に新しいものの考え方をはばむ。もしつくるなら、毎日変わる社是社訓をつくるべきだ。


土光敏夫 の経歴

土光敏夫、どこう・としお。日本のエンジニア、実業家。「石川島播磨重工業」「東芝」社長、「経団連」名誉会長。東京高等工業学校(のちの東京工業大学)卒業後、石川島播磨重工業に入社。その後、東芝との合弁会社の社長を経て、石川島播磨重工業社長に就任。合理化を徹底し経営危機を乗り切る。その後、経営危機に陥っていた東芝の経営再建を依頼され社長に就任。第4代経団連会長。「ミスター合理化」「荒法師」「怒号敏夫」「行革の鬼」また猛烈な働きぶりから「土光タービン」と呼ばれた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

金融機関に対しては「企業に付加価値を付け、成長を助けてください」と言ってきました。金融機関に聞けば「やっています」と言うので、本当かどうか企業にも聞いてみようと考えました。企業サイドから見れば、また違う観点があるかもしれません。例えば「年に2回、投信を買ってくれという営業だけが来る」とか(笑)。

いま、世界中のイノベーションは若い企業から起きています。若い起業家たちの中には最初からグローバル市場を舞台に戦う野心を持つ人たちが多くいます。そして、彼らはオープンな思考を持ち、企業同士のエコシステム(生態系)に対する理解度も高い。

過去を悔やみ、他人と比べて人生を恨み、後悔を抱えて生きるのは悲しいことです。余命宣告されても自暴自棄にならず、日々を大切にする。その姿を大切な人たちに見せることができれば、いつか誰かを勇気づける記憶としての贈り物になります。

「現場が大切」と多くの経営者が異口同音に語りますが、本当にそう思って現場を回っている方がどれほどいるでしょうか。わざわざ私が全国各地のスタッフ研修に出ていかなくてもいいという意見もあるかもしれませんが、そうすることで現場のモチベーションは上がると考えています。会社は社員、スタッフのモチベーションがすべてです。

部下に仕事を任せるためには、自分がイメージしていたものと100%同じアウトプットが出なければならないという考えは捨てなければなりません。他人に仕事を頼めば、そのアウトプットに自分が思いもつかなかった要素が入ってくるのは当たり前です。方向性さえ間違っていなければ、細かい点が気に入らないからといって、自分色に染め直すのはよくありません。部下の個性を尊重し、自分にはない良い部分は活かしてあげましょう。

商談で本題を話す順番は、(1)課題提示(2)解決策の列挙(3)その根拠(4)コストパフォーマンス。いずれもデータや数字的根拠を提示しつつ、ロジカルに話を進めること。対して最後の締めでは一転、熱い思いを強調しましょう。仕事にかける意気込みを表明し、お客様の気持ちをぐっと引き込みます。

全国の賃貸住宅世帯を対象に、世代、地域、住まい方(間取り)別に要望を把握し、それぞれのニーズにきちんと対応したいと考え、調査を実施しました。時代は前に進んでいますから、お客様の声を聞くのが一番だと。

ページの先頭へ