枡野俊明の名言|自信をつけるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

禅語に「常行一直心」という言葉があります。「直心」とは読んで字のごとく、真っ直ぐな心のこと。どんなときも、どんなことがあっても、清らかな心で目の前の物事に一心不乱に打ち込む。そうすると、ものごとの本質が見えてきて、自分の生き方に揺るぎない自信が持てるようになります。自信がつけば、周りの意見に振りまわされることはなくなるでしょう。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どんなに苦しい状況でも、「自分なら必ず解決できる」と、ムリやりにでも思い込む自信がなかったら、仕事は見つからない。

小さな間違いを恐れる必要はない。もっと自信を持って、堂々とした態度でトライしていい。

「一生懸命」は座右の銘なんです。仕事に対しても家族に対しても、常に一生懸命。一生懸命さだけは誰にも負けない自信がある。

自信がないと目標は持てない。その自信を養成するためには、いきなりハードルを上げないこと。一番やりたいことに向かって、少しずつ上げていくこと。

今日、この瞬間に人生が閉じたとしても、ひと言だけ自信を持って言えます、「ああ、楽しい人生だったよな」って。

「クールジャパン」の本質とは、自国のコンテンツに自信を持つことです。納豆にたとえると、今までは外国人に売るために臭いや粘りを消そうとしていた。でも糸を引き、臭うのが納豆なんだ、と開き直る。それが必要なんだと思います。

行き詰まったとき、自分を救ってくれるのは、後はないという緊迫感と過去の成功体験による自信。それさえあれば、大胆な思考で壁を突破できる。

人生なんて、楽しいか、楽しくないかのどっちかなんですから。楽しくなかったら、すぐやめるというか、ほかに楽しいものを見つけられる自信だけはありますよ。

自信とは、心が確信できる希望と、信頼を持って、偉大なる栄誉ある道に乗り出す感情である。

決断こそトップの最も重要な役目。自信を持って決断するためには、やはり、自ら現場に触れること。

ページの先頭へ