枡野俊明の名言|心の疲れを取り除くには

心の疲れを取り除き、気力を充実させるには、私たち禅僧の修行が参考になると思います。規則正しい生活を送り、姿勢と呼吸を整えるのです。禅僧は、起床から就寝まで毎日決まった生活を送っています。朝早くから掃除で身体を動かし、読経で大きな声を出し、腹式呼吸を繰り返します。腹八分で満腹になるまで食べることはありません。野菜中心の食事ですから、肌がきめ細かくツヤツヤしています。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

常に何事に対しても誠意を以て対応し、出てくる結果に対しては天命と思って受け止めています。従って一般に云われるストレスは殆ど溜めることはありません。

小口英噐の名言|出てくる結果に対しては天命と思って受け止める


私は自分の好きなことが仕事になっているので、ストレスは溜まりませんし、これといって趣味もないんです。

大倉忠司の名言|好きなことを仕事にする


イライラしたときは、その場で10回程度ジャンプしてみる。これだけで心がだいぶ軽くなりますよ。

齋藤孝の名言|イライラしたときの対処法


大切なのは、その日のストレスはその日に解決することです。趣味の時間を作る、運動する、美味しいものを食べる、早めに寝るなどして、積極的にストレスを解消する時間を持ちましょう。この「ストレス一日決算主義」を心掛けることが、心の健康を保つ秘訣です。

山本晴義の名言|心の健康を保つ秘訣は「ストレス一日決算主義」


みなさんは、何かの刺激を受けると、自分の意思とは関係なく、自動的にストレスを感じると思っていませんか。実はそうではないのです。たとえば結婚式のスピーチのとき、大勢の前で話さなければいけないという刺激そのものが自分を緊張させるのではありません。その刺激に対して「失敗したらどうしよう」と自分が捉えるから、緊張して心臓がドキドキするのです。

田中ウルヴェ京の名言|ストレスは刺激を受けると自動的に感じるものではない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ