枡野俊明の名言|他人との比較にとらわれるのではなく、目の前のことに集中することの大切さ

この世にあなたと同じ人間はいません。同僚と成績を比べても意味がないのです。禅では、他と比較して心をとらわれることを「妄想(もうぞう)」と呼んでいます。対して、そこから自由になり、目の前のことに集中することを「莫妄想(まくもうぞう)」といいます。大きな成果は、我を忘れて仕事に没頭した「莫妄想」のときに得られるもの。自分が主体となり、いわば自分の色に仕事を染めることができた結果です。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ことを始めるにあたっては、必ず正確な統計データをとって研究を重ねる私たちに、人々は「賽の河原の石積み」と笑っていたが、事業は回を重ねるごとに、組織の拡大速度は著しく早まり、効率はグングンとよくなっていた。
【覚書き|嶋田氏は太平洋戦争前から広告の効果測定を行い、媒体ごとの成約率、顧客一人あたりの獲得単価を算出していた】

ビール会社ですから「明るく前向きに」というのが第一の姿勢。その中でグループとしては「個性かがやくブランドカンパニーになろう」と。各事業会社がそれぞれに個性きらめく商品があります。

川下ではなく川上の情報を得るために、大勢の人とコミュニケーションをとらなければならないとは思っていない。むしろ数人規模のコアな友人、知人のグループを持つだけのほうが役立つことが多い。もしグループの中に目当ての専門家がいなくても、知人の伝手(つて)を辿って別の専門家を紹介してもらえばいい。

料理の世界には「3年間の皿洗いを耐えた者だけが一流の料理人になれる」という考え方があるようですが、当社では皿洗いで一流の料理人が育てられるとは考えていません。世界の舞台で勝つためには、2年で副料理長レベルの腕前を育てる仕組みを持たなければならない。

大事なことは、タブーを作らないこと。たとえ素晴らしいアイデアがあっても、最初からオペレーションや流通のことを考えてしまうと、現実に縛られてつまらない店になってしまう。

最終的なマーケットや利用者が見えにくい部分の技術に関しては、その技術の結果となる製品がもたらす社会的意義を技術者に示すことを重要視しています。そのことによって、モチベーションが喚起されます。

「運が良くなりたい」なら「平凡な人生」を手放さないといけない。平凡であることを拒否して、リスクを承知で非凡な状況に飛び込まないと、運をつかむことは難しい。

私自身は、ランチや飲み会で、ひと月に100人前後の社員と接点を持つようにしています。他の役員もしかり。社員数(単独)1400人ほどの会社でそれだけの頻度で接触を行なっていますから、社内の「空気感」の変化や、部署ごとの風土、活性化の度合いなどを、役員それぞれが手に取るようにキャッチできるようになります。

公平な世界は、教科書の中にしか存在しない。現実社会に一歩、足を踏み出せば、そこはジャングル。不公平なことばかりだ。裏を返せば、理不尽の数だけチャンスがある。

自社の課題の一つひとつに着眼し、改善する意識を持つことで、社員はお客様の課題にも向き合う習慣が身につく。

ページの先頭へ