枡野俊明の名言|過去は過去、現在は現在、未来は未来

禅では「前後際断(ぜんごさいだん)」といって、過去は過去、現在は現在、未来は未来と区別し、それぞれが連続したものではないと考えます。過去のことはいまさら取り繕うことができません。もう終わったことだと断ち切り、いまなすべきことに集中するのです。ミスを犯しても引きずってはいけません。目の前の仕事に必死に取り組むことが大切です。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

アーティストにとってパフォーマンスは1回きり。失敗は許されません。その緊張感を持ちながらも、まだまだ新しい事に挑戦していきたい。

目指しているのは訪日観光産業界のSPA(製造小売業)です。僕らは外国人観光客に、人生に残る思い出をプレゼントすることを理念としています。訪日観光産業を垂直統合していくことによって、それを実現したいんです。

情熱をもって取り組めることがないなら、とりあえずいまの仕事で最も興味のあることに集中すればいいと思います。それだけでも、確実に視野は広がります。何回かそれを繰り返せば、自分が本当に情熱を持てることは自然と見えてくるものです。

人は確信をもってはじめると、それは疑いに終わる。しかし、疑いながらはじめることに満足するなら、それは確信に終わる。

ソニーの設立趣意書には「他社の追随を絶対に許さざる境地に独自なる製品化を行う」とあります。私が最初に就職したソニーを選んだのは、この文言に深く共鳴したからです。当時のソニーはまさにこの趣意書通りの会社でした。トップが命じるのは「ウォークマンをカセットテープのケースと同じサイズにしろ」というような無理難題と思えるリクエストばかり。ところがソニーのエンジニアは逆に闘志を燃やし、類まれな技術力で見事にそれを製品化してしまう。だからソニーの製品はいつも市場から驚きと感動をもって迎えられたのです。

自分の得意とする分野なら、人は積極的に関わってくれる。周りから協力を得られない人は、相手の適性を無視して頼んでいる可能性が大。

まとまった原稿を書きたいときなど、一人で温泉宿にこもることもあります。環境を変えて気分を変え、一気に片づける。もっと手軽な方法では、机の上を整理して仕事に必要なものだけが目に入るようにするなど、周囲の雰囲気を変えて気持ちをリセットし、仕事に専念できる環境をつくると集中できるものです。

出向先を新天地と心得、そこの仕事で最善を尽くせば、自ずと道は開けてくるはず。私の知人に、倒産寸前の鉄鋼会社に出向させられた人がいました。ところが、その人は会社に馴染んで、立て直しに腕を振るい、その後は再建専門の経営者として有名になりました。もし鉄鋼会社に出向しなければ、その人は大成しなかったかもしれません。

茶道がなぜ500年も続いてきたか。それは、世の中の役に立つものだったからでしょうね。役に立たなければ、とっくの昔に消え去っていると思います。

私は中学時代、先生たちから、一番電気椅子送りになりそうな生徒だと言われていた。

ページの先頭へ