枡野俊明の名言|過去は過去、現在は現在、未来は未来

このエントリーをはてなブックマークに追加

禅では「前後際断(ぜんごさいだん)」といって、過去は過去、現在は現在、未来は未来と区別し、それぞれが連続したものではないと考えます。過去のことはいまさら取り繕うことができません。もう終わったことだと断ち切り、いまなすべきことに集中するのです。ミスを犯しても引きずってはいけません。目の前の仕事に必死に取り組むことが大切です。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業に対してロイヤリティーを持っている顧客を多く抱えるほど収益性が高く、従業員満足度が高い企業であり、消費者満足も高いことは研究で証明されています。そこで当社では、顧客や従業員の感情データをリアルタイムに集計し、ロイヤリティー向上へのカギとなる要素を定量的に発見できるクラウドシステムを提供しています。

高い技術力があれば必ず売れるということではありません。つまるところ、現場の営業が説明できるかだと思います。

当社には、売上げ全体の中に占める「新商品の売上」の比率を5割にせよ、という決まりがあります。ロングセラーにばかり頼っていると、進歩がなくいずれ会社が衰退してしまいますから。立ち止まることができない仕組みになっているのです。

自己紹介でやってはいけないのは、名刺を差し出して、「私、こういう者です」としか言わないパターンです。有名企業にお勤めの方にときどきいらっしゃいますが、そういった人に「どんな会社なのですか?」と質問すると、「えっ、うちの会社を知らないの?」という顔をします。その途端、知っていて当然という傲慢さが見えてしまうのです。ある業界では有名な企業や人であっても、一般の人にはまったく知られていないということはよくあることです。どんな職業や立場の人でも、自己紹介は常に「自分のことは誰も知らない」という前提でするべきでしょう。

本社から命令して現場を従わせる、という考え方ではダメなんです。知恵は現場からわいてくる。そこに出向いて、「困っていることは何だ」と聞いて回らないと。そうすれば「しょうがない、親分を支えてやるか」という気にもなります。

時間あたりの生産性が課題。時間あたりの生産性を上げないと国際競争に勝てない。今は時間に対する生産性の意識を高めようと思っています。

いずれニューヨークやミラノ、パリにも出店したいと考えています。これも自分の野望のためではなく、世界に通じる料理人を育てたい思いからです。

ページの先頭へ