枡野俊明の名言|過去は過去、現在は現在、未来は未来

禅では「前後際断(ぜんごさいだん)」といって、過去は過去、現在は現在、未来は未来と区別し、それぞれが連続したものではないと考えます。過去のことはいまさら取り繕うことができません。もう終わったことだと断ち切り、いまなすべきことに集中するのです。ミスを犯しても引きずってはいけません。目の前の仕事に必死に取り組むことが大切です。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

笑うことは良いストレス解消法です。心から笑わなくても、疑似笑顔で十分。横にしたペンを犬歯の後ろの奥歯でぐいっと噛んでみて下さい。否応なく口角がクッと上がります。この状態は、本当に笑った時と同じ筋肉の動きなんです。結果、脳は「笑っている」と錯覚し抗ストレスホルモンを分泌します。言わば、脳の勘違いを利用する作戦です。ペンで疑似的に「笑う」という生理的現象を引き起こすと、「楽しい」感情はなくても、ストレス解消効果が得られます。商談や緊張する面談前など、トイレ等、ひと目のない場所でこっそり試してみて下さい。気持ちがリフレッシュして、前向きに仕事に取り組めるようになります。

富永喜代の名言|疑似笑顔でストレス解消


人の背後には、その人の良さが隠れているものです。でも、色眼鏡をかけると、それが見えなくなってしまいます。まずは、色眼鏡を外して真っ白な心で、上司に接してみてください。できれば、この上司のいいところを見つけようと意識しながら。

枡野俊明の名言|色眼鏡を外して真っ白な心で接してみる


最初は小さな成功でもかまわないのです。失敗を重ねてようやく正しい方法にたどり着くのと同じように、小さな成功も数を積み重ねることでその意味が大きく変わってきます。小さな一歩を地道に積み重ねることで、それは必ず大きな成功へとつながっていきます。

徳岡邦夫の名言|小さな一歩を地道に積み重ねることで、それは必ず大きな成功へとつながっていく


今回の映画『きみはいい子』は、「自分が存在している、そこに手を差し伸べてもらえる幸せ」について、改めて考えさせられました。私が多くの出会いに支えられたように。何にでも答えを求めたがる今の時代にも「答えのないものがある」ことに気づけるような作品です。

尾野真千子の名言|何にでも答えを求めたがる今の時代にも「答えのないものがある」


アイデアを出すときのポイントは、論点を具体化し、かつ、疑問形でテーマ設定をすること。「売上げアップ策について」といった漠然とした形ではなく、「顧客数を2倍に増やすには、何をすればいいか?」というように設定するのです。すると、ゴールが明確になるので、具体的なアイデアが出せるようになります。

横田伊佐男の名言|アイデアを出すときのポイント


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ