枡野俊明の名言|誰に喜ばれるかを基準に仕事を考えることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

売上ノルマはいったん忘れましょう。その代わり、別の目標を立てるのです。この仕事は誰に喜ばれるかを基準に考えてみてください。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

起業は目的と自分ができることを明確にして臨まなければ、まず失敗する。

「自分には芝居しかない」という思いが、以前にも増して強くなりました。声をかけていただいた仕事には、以前にも増して全身全霊でぶつかりました。「そうすることでしか本物になれない」と、信じて続けています。

60点主義で即決せよ。決断はタイムリーに成せ。

現場を知っているのは店長です。彼らの声を大事にして、なるべく口を挟まず、現場に権限委譲しています。

そもそも何を勉強したらいいのかについて迷う人もいるでしょう。社会人は勉強を強制されているわけではありませんから、案外ここで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。絶対に外せないポイントは、「自分の好きなテーマを勉強する」ということです。

自分は若いからまだ大丈夫と油断していると、将来、高齢になってから後悔することになる。脳も体も、鍛えるほど強くなる。若いうちにさぼっていると、加齢とともに、急に衰えがくることもある。

経営とは究極的に自己追求と結びつき、経営のなかで絶えず自分を追求し発掘し創造していくもの。

ページの先頭へ