枡野俊明の名言|相手の気持ちになることが信頼されるヘソ

このエントリーをはてなブックマークに追加

お客さんから信頼されない原因は、簡単に言えば、お客さんの立場になりきれていないから。相手の気持ちになることがヘソ(秘訣)です。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私、わくわくし始めたらもう止まらないのです。「何のために?」と聞かれたら、それは「面白いから」しかありません(笑)。

22年間にわたって社長を務めましたが、いつも感じていたのは人材育成の大切さです。結局、仕事は人であると。

社内の各部署には役職や肩書きに関係なく「○○業務なら、あの人」というような真の実力者が存在します。彼らこそが、提案を通す際の重要なキーマンとなる。たとえ決裁するのが部長や役員だろうが、そのキーマンがYESと言わない限り決裁はなされません。なぜなら、部長や役員は、そのキーマンに全幅の信頼を置いているのですから。

私が重要と考えているのは、ある人の人生を描く場合、私の人生を通して、その人の人生を見ることです。それが作家性であり、そうしないとつまらない作品になってしまうでしょうね。

企業や金融商品について好奇心を持って知れば、リスクを減らすことができる。SNSからの情報収集もそうですが、コンビニや家電量販店でどんな商品が流行っているのかを見たり、人に会って話を聞いたり。ゆかし(見たい・聞きたい・知りたい)の精神が根本にあれば、生活のどんなシーンも投資アイデアになる。収益を生み出す源は、何よりも好奇心なのです。

わが亡き父の入道早雲(北条早雲)殿は、身分の低かったころから天性の福人であると世間が評した。それでこそ神仏の加護を受け給うたのであるが、第一には、倹約を守り贅沢を好まれないからである。すべて、侍は古風なのがよい。当世風を好むのはたいてい軽薄者である、と常々諭しておられた。

企業はイノベーションで、あるいは付加価値を高めることで競争しなきゃ絶対にダメ。

ページの先頭へ