枡野俊明の名言|相手の気持ちになることが信頼されるヘソ

お客さんから信頼されない原因は、簡単に言えば、お客さんの立場になりきれていないから。相手の気持ちになることがヘソ(秘訣)です。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

不易流行で変えてはいけないものは「極める」姿勢でしょう。原料は時代や価格の変動によって変わってもいいが、材料を加工して製品に仕上げるところは不易なのです。

資金需要が無いなんて嘆いてばかりではなくて、自ら需要を創りだしていくという働きかけが必要。

どうしても解決しないといけない問題、その答えが自分の中に無いのなら外に求めるしかありません。そのための読書はとても重要。

大事なプレゼンの前は、イメージ・トレーニングをします。これは大変効果があります。1分ほど目を閉じて、自分がプレゼンしている姿をできるだけリアルに思い描きます。「ここに○○部長が座って、この資料を見せて……そうしたら、こういう質問が来るかもしれないな。じゃあ、ここは気を付けておかないと……」という具合です。これを本番の4~5日前から時間を見つけて繰り返します。すると、すでに何度も経験しているような気になっていますから、当日は緊張することなく、自分のペースでプレゼンに臨むことができるのです。

時間はいつも足りないと感じていますが、仕事以外でやりたいことはすべてやっています。どうして時間を有効活用できるのかといえば、空き時間を無駄にしないことを強く意識しているからでしょう。時間ができたとき、漠然とテレビを見たり、ボーッとしていたりすることは絶対にありません。まずは、「今、一番何をすべきか」と自問します。そのうえで、空き時間を考えて、2時間なら2時間の間で何ができるか、瞬間的に予定を立てるのです。そして、一気に行動します。

私が一番感心した管理職教育プログラムはゼネラル・エレクトリック(GE)のものだ。GEではマネジャー候補を一年ぐらいの期間でどんどん違うセクションに異動させる。優れた状況把握能力や決断能力は同じ部署で働き続けるだけではなかなか身につけられない。異なる環境に次々と移り、そのたびに周囲からのフィードバックを得ることによって、その能力が磨き上げられていくのだ。GEのマネジャー教育を受けた人々は転職先でも経営者層に就くことが多いことからも有用性がうかがえる。

私が心がけているのは、モチベーションが上がる小さな習慣を持つことです。たとえば朝起きたとき、頭のなかで「内向的な自分」のスイッチをオフにして、「外向的な自分」のスイッチをオンにするイメージをする。もともと引っ込み思案で、しかも怠け癖があって出不精だと自覚があるので、そんな自分を変えるために始めた習慣です。

上場している外食産業企業24社の経常利益平均は4%前後。当社の経常利益率は8%以上を目安にしてきました。

努力が長続きしない人、途中で挫折してしまう人は、熱中できるものを見つけていないんじゃないでしょうか。心が熱くなってないのに、自分にムチ打って努力しようとしても、結局は投げ出してしまうのがオチです。大切なのは、本気で取り組めることを努力の対象にしているかどうかなんです。

100年続いている自動車産業を伝統とは言わない。それは変わり続けているからだ。工芸も変わらなければ未来はない。

ページの先頭へ