枡野俊明の名言|心を整えるには、所作を整えることから

禅では心を整えるために、まず自らの所作を整えます。正しい立ち居振る舞いは、心を穏やかにし、充実した生き方の基本となるものです。「行住坐臥」とは歩く・止まる・座る・横になることですが、立ち居振る舞いの基本です。日常生活でまずこの四つを意識し、正しく美しく振る舞うように努めてください。例えば、歩き方。背中を丸めてうつむいて歩くと、考え方もネガティブになりがちです。胸を張って正面に目を向け、真っ直ぐに歩いてみましょう。デスクワークが多い人は、座っている姿勢を正しく保ってください。頭のてっぺんから尾てい骨までが一直線になるように意識し、背もたれに背中をつけないで座ります。正しい姿勢が保てたら、次に呼吸を整えます。臍下丹田(おへその下75ミリあたり)に意識を集中します。ポイントは息を吐ききることです。吐ききったら、あとは身体が自然に吸うのに任せます。呼吸の長さは一分間に7~8回が目安です。深い呼吸を続けると身体が温まってくるのがわかります。この腹式呼吸ができれば、正しい姿勢がとれていると思っていいでしょう。鏡を見て疲れが顔に出ていたら、まずは姿勢と呼吸を意識することから始めてみましょう。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社では「OGT!(One Great Team!)」というキーワードを掲げています。これには、「お客様パートナー企業代理店の皆様、そしてフリースケール・セミコンダクタの従業員を含むすべてのステークホルダーがひとつのチームになって、ともに『Win-Win』を実現しよう!」という意味がこめられています。

日本の教育では、大学を卒業するまで正解のある問題を解くことばかりに力を入れている。ところが、社会に出たら正解なんてないんです。だから、大学まで教わったことは、そのまま社会には通用しない。正解のない問題にどう取り組むかが大事なのです。

僕は子供のころからとにかく競争は大嫌いでした。だって、人と争うって楽しくないじゃないですか。ライバルがいたから力が余計に発揮できたという経験もないし、きっとこれからも競争とは無縁の人生でしょう。

「おまえにも家族がいるんだろ」と脅されたら「いますけど、その言葉は怖いですね」と言って、時計を見ながら時間と内容をメモする。態度で「あなた、恐喝しましたね」と言うわけです。相手が賢ければ「しまった」と思うでしょう」。

製造業は製品をいかに早く市場に投入するか、タイム・トゥ・マーケットを最小限に縮めることがコスト競争力を左右します。当社の場合、時間短縮の様々なベストプラクティスを持ちながら、縦割り組織の中で分散していました。

経営は数字で評価される厳しさはあるが、結果を出していれば、路線が正しいということですから、自信を持って突き進むべき。

電子版の立ち上げによって、世界中の辺鄙なところに住んでいる読者にもフィナンシャルタイムズを届けられるようになった。これは紙の新聞ではできなかったことだ。加えてビデオやポッドキャスト、ライブブログ、フェイスブックやツイッターといったソーシャルメディア経由など、様々な形でニュースを多面的に伝えることが可能になった。

ベインキャピタルは、中核事業に集中したい大企業の受け皿になります。非中核事業の経営陣がこのままグループにとどまっても成長資金を振り向けてもらえない。であれば、我々のようなファンドと組んで改革、成長投資を進めようという動きにもつながります。

大切なのは価値を認め合う、多様性を評価するということ。価値観において片寄せということはありません。できる限り、その価値を保ち、そこに上乗せをしていくことが大事で、それが確保されれば非常に良いものが築けると思っています。

社内向けの仕事は、お客様のためではなく会社のための仕事であり、顧客価値を生む性質のものではありません。会社内部のための仕事そのものを極力簡素化し、販売担当者がお客様優先の仕事に集中できるようなシステムに変えるように指示し、効率化を図っています。

ページの先頭へ