枡野俊明の名言|心を整えるには、所作を整えることから

このエントリーをはてなブックマークに追加

禅では心を整えるために、まず自らの所作を整えます。正しい立ち居振る舞いは、心を穏やかにし、充実した生き方の基本となるものです。「行住坐臥」とは歩く・止まる・座る・横になることですが、立ち居振る舞いの基本です。日常生活でまずこの四つを意識し、正しく美しく振る舞うように努めてください。例えば、歩き方。背中を丸めてうつむいて歩くと、考え方もネガティブになりがちです。胸を張って正面に目を向け、真っ直ぐに歩いてみましょう。デスクワークが多い人は、座っている姿勢を正しく保ってください。頭のてっぺんから尾てい骨までが一直線になるように意識し、背もたれに背中をつけないで座ります。正しい姿勢が保てたら、次に呼吸を整えます。臍下丹田(おへその下75ミリあたり)に意識を集中します。ポイントは息を吐ききることです。吐ききったら、あとは身体が自然に吸うのに任せます。呼吸の長さは一分間に7~8回が目安です。深い呼吸を続けると身体が温まってくるのがわかります。この腹式呼吸ができれば、正しい姿勢がとれていると思っていいでしょう。鏡を見て疲れが顔に出ていたら、まずは姿勢と呼吸を意識することから始めてみましょう。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社は、装置の購入を検討している半導体メーカーに「テストカット」という無料の試し切りサービスを提供しています。本来、営業担当者は11営業日以前に担当部門に依頼書を送らなければならないのですが、これが守られていなかった。結果的に準備不足のまま実験することになり、お客さんの期待に応えられないということがしばしば起きていました。どうにかしなければと思って所属ユニットに対する罰金制度を取り入れてみると、途端に営業がきちんと依頼書を提出するようになった。罰金という痛みがあると、約束を守るんですね。これは効くということで、全社に部門に対する罰金制度を導入しました。

時間を奪う要因はたくさんあります。「2時間あると思ったのに、些細な仕事に手間取り、実質30分しか取れなかった……」というように、予想よりも時間が足りない状況になりがちです。そうならないためには、意識的に時間のムダを取り除くことが必要です。

企業の採用・不採用は、あくまで相対評価の結果です。絶対評価ととらえてはいけません。

バンダイでは半年に一度、事業部長が集まり、方針発表会を開きます。自分の事業部は何をやりたいのか、一番やりたいこと、ポイントは何かを語ります。そのため、持ち時間は一人10分とし、時間が来たら「チン!」とベルを鳴らすルールにしています。ところが、持ち時間を超過しているにもかかわらず、事業計画を事細かに説明しようとする人がたまにいます。話のポイントが整理できていないせいです。

私たちがマネージできる対象は、時間ではなく出来事です。つまり、タイムマネジメントの本質は出来事をコントロールすることにあります。

拾ったゴミに手を加えて売るようになり、たった15坪の倉庫から、いまの商売をはじめました。15坪の、それは小さな、およそ店とは呼べないような私の店で、初めて売れたのは拾ってきた石油ストーブでした。その石油ストーブが売れたことが、いま私がこうして200店以上のフランチャイズを持つ最初のきっかけとなったことを考えると、大変感慨深いものがあります。その石油ストーブを見つけたのは、住宅街のとある街角でした

契約社員に対して、正社員という「出口」を用意すれば、職場のモチベーション向上につながります。ただし登用について、具体的な目標の数値を掲げているわけではありません。あくまで個々の能力を見ながら判断していくつもりです。
【覚書き|契約社員から正社員に登用する試験の受験資格を勤続5年から3年に短縮した理由について語った言葉】

ページの先頭へ