枡野俊明の名言|疲れを感じさせない人の特徴

病気は「気の病」と書くように、心と深く関係しています。心は、肉体にさまざまなかたちで表れてきます。次々と新しいことにチャレンジしていく人は、どれだけ忙しく働いても、見た目にも疲れを感じさせません。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どんな事業においても、特に起業とか新しい取り組みについては沢山の困難や抵抗勢力が待ち構えている。そういう時こそ、特にリーダーには怯まず乗り切っていくような強い意志が必要。

いまでも現場に取材に行って、自分で原稿を書くこともあります。もともと記者職が第一志望だったくらいで、書くのは大好きなんです。

パート、アルバイトから正社員になる人が少なくなったらブックオフはむしろ危険だと思っています。

ブランディングは、社会の中でどういう位置でどの程度の面積を占めているか、その領域をはっきりさせる作業。

上からの指示は1~2割でいい。あとの8~9割は社員が考えて行動する自律分散型の体制が必要です。

グローバルに物事を考える一方で、地域のものづくりは変えないという意味で、「Think global, Act local」を実践していきたい。

退路を断てば「ここでやるしかない」と腹もくくれるし、若いうちに一度逃げておくのも悪くないのかもしれません。そうして初めて、自分の仕事が世間的に認められるかどうか、それでお金をもらっていいかどうか、戦略として考えていけるようになるんだと思います。

今すぐに役立つ技術を身に付けることも重要ですが、これは意外と寿命が短い。でも、基本中の基本をしっかり身に付けておけば、上手に問題に向き合うためのスキルとマインドを構築することができる。

経営者たるものは、敵を良く知らなければならない。そのためには、自分の商売の一番武器になる専門知識を持っていなければならない。それがあってこそ、自分の事業の先を見通すことも可能なのである。ところが、いままで日本では、ただ人をうまくまとめる人がトップになるといった傾向が強かった。これからの経営者は、事務屋であっても技術的知識も兼ね備え、技術屋であれば経理の知識もあるという、両刀使いでなければ務まらないであろう。

今こそ、ファイナンシャル教育によって身を固めるべきときだ。お金に関する知能を高めれば、どんな状況でもあなたに富をもたらす機会を見つけることができる。

ページの先頭へ