枡野俊明の名言|疲れを感じさせない人の特徴

病気は「気の病」と書くように、心と深く関係しています。心は、肉体にさまざまなかたちで表れてきます。次々と新しいことにチャレンジしていく人は、どれだけ忙しく働いても、見た目にも疲れを感じさせません。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社を維持するには、持続的なエネルギーが不可欠です。怒りや嫉妬といった負のエネルギーは、最初は強力だけど長続きしません。やはり、楽しい・面白いと思える仕事の方が、情熱を持って取り組めるでしょう。ただ、それだけでは不十分です。「悩み=強み」を通じて誰かに貢献することで報酬を得て、初めてビジネスとして成り立つのです。この2要素が化学反応を起こしたとき、あなたも自分の使命に気づくはずです。

心屋仁之助の名言|情熱を持てる好きなことで誰かに貢献することの大切さ


私は、初めての訪問の際には、先方の玄関先に30分前に着くように行動しています。電車が遅れたり、道に迷ったりするリスクも考えてのことです。もちろん、多くの場合は時間が余ることになります。ですが、この余った時間は決して無駄ではありません。たとえば、駅からの道をあえてゆっくり歩く。会社に着いてしまったら、とりあえず周りを一周してみる。そうしてやはり「話のネタ」を探します。「裏に懐かしい感じの駄菓子屋さんがありますよね」「駅前のラーメン屋さん、すごい行列でしたね」と、こうした話題からスムーズに会話に入っていけるのです。

渡瀬謙の名言|訪問先には30分前に着いて情報収集


科学にロマンを持つことが非常に重要。憧れを持っていれば勉強しやすいが、受験勉強で弱くなっている。

益川敏英の名言|科学にロマンを持つことが非常に重要


部下に対して、自分がどのような視点で情報を集めているのかを伝えなくては、部下は与えられた仕事について、サービス精神を発揮しようがありません。情報収集のネット偏重の傾向は、必ずしも部下だけの責任とは言えないのではないでしょうか。上司の指示の出し方にも問題があるのかもしれないと私は考えています。

江幡哲也の名言・格言|部下への情報収集の指示は、理由を明確に伝える


スタッフ部門を大事にする人は出世します。ふだんあまり会話をしない人たちとダイレクトな関係を持つことで、自分のキャラクター情報が広まるのです。広報マンとの付き合いなど社内営業が上手い人は、やはり大物になりますね。

井上和幸の名言・格言|他セクションの人と会い自分のキャラクターイメージを広めろ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ