枡野俊明の名言|疲れを感じさせない人の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加

病気は「気の病」と書くように、心と深く関係しています。心は、肉体にさまざまなかたちで表れてきます。次々と新しいことにチャレンジしていく人は、どれだけ忙しく働いても、見た目にも疲れを感じさせません。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事が進まないのは、手つかずの仕事や雑事に気を取られ、目の前の仕事に集中していないからです。私は早朝にきっちり予定を立てることで、仕事に集中できるようにしています。

役者の価値観を決めるのは他人。ヤル気があっても、決めるのは第三者。

従来の人事制度は、若い人はペーパーテストの資格制度を中心に評価し、上に行くほど成果に対するウェートが高くなる仕組みでした。それを「その仕事はどういうバリューがあるのか」と、仕事の内容をブレイクダウン(細分化)して、それぞれにバリューポイントを付け、そのバリューポイントについてその人がどれだけ結果を出すのかを見ていくことにあらためました。それだけ、従業員の働く意義や仕事の進め方の明確化が求められる時代になったのです。

「歴史上の人物も、たいへんな苦難を越えてきたのだから」「悪いことが起きた後には、いいことが起きるだろう」耐えられそうにないから、勝手に自前のルールを作っていたのですけど、これがどうも今の広告の世界で生きていくために都合がいいみたいですね。この世界には条件や制約が多いし、企画が頓挫することもよくあって、不満の温床と言えるような職種ですので。

大事なのは「諦めない」ことです。諦めずに続けるところに日本の製造業の強さの原点があると思います。

ブレイクスルーのためには、外側との付き合いのほうが絶対に大切。

期待に応えたいという思いは、確実にやる気を引き出してくれます。プロ野球の選手だって、一番大きいのは、監督やファンの期待に応えたいという気持ちなんじゃないでしょうか。「ここで一本ヒットを打てば、来季の年俸が100万円上がるから頑張ろう」とは思わないですよね。

ページの先頭へ