枡野俊明の名言|自信をつけるには小さな目標を着実にクリアすることから

自信がない自分を克服しようと、大それた目標を掲げる人もいますが、途中で挫折しては意味がありません。いまの自分にはほんの少し難しいこと、むしろ小さな目標を着実にクリアしつづけたほうが、滅多なことでは揺るがない確固たる自信が身につくのです。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

阪急うめだ本店は、顧客ターゲットを「アッパーミドル」に定めています。この層に訴求力のあるイベントを企画して見に来ていただき、さらに商品を求めていただかなくてはなりません。

総料理長に就任したとき、「無事に務まるかな」という気持ちが強かったですね。とにかく無我夢中でした。

失敗から学んだ教訓は、「すでに誰かがやっていることを真似ても勝てない」ということ。

「知恵」の力を磨くには、いろいろな方法があると思いますが、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という格言があるように、歴史的に評価が高い賢人の教えに学ぶのが基本的で確実な方法であろうと思います。環境は時代によって大きく変化しますが、人間の本質は簡単には変わらないからです。

欧米のマネー主義に対して、日本は儒教に基づく道徳心があり、日本流の企業統治があるはずだ、という考え方もあります。しかし、全ての投資家が日本人ではないのです。資本市場がグローバル化してくると、経営者が「Trust Me(俺を信用してくれ)」と言っても、絶対に通用しません。エビデンス(証拠)が必要なのです。

日本の朝のニュースは見ないほうがいいでしょう。朝の時点で放送されるニュースは昨日のものだからです。日本の朝刊は海外ニュースに弱い。夕刊であれば市場の動きも入ってきますが、情報化社会では後れをとってしまいます。つまり、朝の海外のニュースにこそ目を向けるべきなのです。スマホが相当浸透している現在ですから、ビジネスマンはブルームバーグのニュースを聞けばいいでしょう。無料で視聴できるにもかかわらず上質なニュースソースとなります。

日本の人口が減るからアジア市場に出ないといけないという消極的な意味ではない。我々の場合、むしろ積極的で、そこに新たな巨大マーケットがあるのだから、日本企業としてやらないでどうするんだと。暗い話ではなくて、新しいホライズン(地平線)が出てきているということです。

当社には「人の三井」や「挑戦と創造」という価値観が脈々と流れている。だから、世の中がどんな状況になろうとも、それらの価値観をもって、我々の変わらぬ役割をしっかり果たしていく。

少しでも心の距離を縮めるために、僕が最初に行なうのは、相手に言いたいことを話してもらうことです。犯人と思わしき疑惑の人物や、迷惑行為をしている人に対しても、その言い分を聞きます。たとえば、道路にはみ出すほどの「ゴミ屋敷」の住人には、「あなたのせいで迷惑している」などとは言わず、「なぜゴミを溜め込んでいるのですか?」と理由を尋ねるのです。すると「これはゴミじゃない」「囲まれていないと不安だ」などと、言い分を話してくれます。

人間のやることは不思議で、不条理なのだ。俺だって、アフリカで何万人もの人が飢え死にしているっていうのに、映画なんか撮っている。

ページの先頭へ