枡野俊明の名言|自信をつけるには小さな目標を着実にクリアすることから

自信がない自分を克服しようと、大それた目標を掲げる人もいますが、途中で挫折しては意味がありません。いまの自分にはほんの少し難しいこと、むしろ小さな目標を着実にクリアしつづけたほうが、滅多なことでは揺るがない確固たる自信が身につくのです。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

女性は真面目な人が多いので、一生懸命習い事に通うのですが、いつまでたっても上達しないという人もまた多い。それは「これを人に教えよう(披露しよう)」という意識がないからなのです。教える相手は友人や家族で十分ですから、意識してみましょう。

深澤真紀の名言|習い事で効果的に上達するには


重要なことは、論理を超える感情や熱意です。

新浪剛史の名言|重要なことは、論理を超える感情や熱意


あらゆるものは皆進化し、古いものは廃れる。だから、形や既成観念に囚われず新しいものを創り出して、お客さんの要望に応える努力をしなさい。

高松尚久の名言|あらゆるものは皆進化し、古いものは廃れる


「誰かが自分のいないところで褒めてくれている」という行為が、本人にもたらす効果は、面と向かって褒める以上。言われた本人のやる気が上がるだけでなく、あなたがその人と仕事をする時のコミュニケーションが円滑になるという効用もある。ただし、この時に大切なのは「本心から褒める」こと。下心は見透かされるので、ご注意を。

小笹芳央の名言|本人がいないところで褒める


私だって一個人、一経営者として財が欲しかった。しかしただ財を取るだけなら誰でもできると思って、その正しい手段を考えていました。それからもう一つは、手当たりしだい売上にこだわる会社にはしたくなかった。いろいろな会社を見てきて、あんな会社にはしたくないという会社がいっぱいありました。

鍵山秀三郎の名言|正しい手段で財を得ることの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ