枡野俊明の名言|人がついてこなければ大きな仕事は成し遂げられない

どんなに高学歴でも、人がついてこなければ大きな仕事は成し遂げられません。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

結婚したい相手に対して虚飾しても、すぐに見破られますよね。長くつき合いたい相手にこそ、自分の率直な姿をさらすべきなのです。社内、社外を問わず、本音を交わしましょう。

井上高志の名言|長くつき合いたい相手にこそ、自分の率直な姿をさらすべき


倒産するような会社は、一般的に儲かっているときには、まるで王侯貴族のようなことをする。それでいて、いったん落ち目になるとからっきし弱気になる。経営者が統率力を失うと、従業員の士気は急激に衰え、やる気をなくしてしまう。こうなったら会社はもう終わりです。

早川種三の名言|経営で一喜一憂しない


このまま予定通りの売上をあげることができなければ、支払いが滞って倒産になる。このとき、生まれて初めてノイローゼというものを経験しました。一週間くらい、紫色の小便が出て「死んだら楽になる」なんてことも考えました。瀬戸際の体験をすると、「うちの会社は倒産しない」とは到底思えません。どれほど調子がよくても、ふとした拍子に谷底に突き落とされることがある。
【覚書き|大創産業が倒産しかかったときを振り返っての発言】

矢野博丈の名言|どれほど調子がよくても、ふとした拍子に谷底に落とされることがある


20代のときは手探りで歩いていた感じでしたが、30代は少し落ち着いてくる。自分の個性を受け入れつつも、いまの自分が嫌だから変化しようとする。40代を過ぎると、30代でやっていたことが少しずつ形になっている気がします。

堤真一の名言|20代は手探りで、30代で変化し、40代で形になる


おしぼり業界の現状としては、タオルを仕入れ、それを洗浄・包装して納品するだけなので、川下の産業に留まっていますが、我々はその現状を打破し、少しずつ川上へのぼっていこうと考えています。開発段階から関与して、様々なニーズに応えられる体制を作っていく予定です。

藤波克之の名言|川上へのぼっていく


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ