枡野俊明の名言|人がついてこなければ大きな仕事は成し遂げられない

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんなに高学歴でも、人がついてこなければ大きな仕事は成し遂げられません。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社はホビー好きが集まり、技術開発に全力をあげています。会社をひと言で表せば、技術の集合体です。国内だけでなく海外で高い評価を得ているのも、こうした姿勢が製品に表れているからでしょう。

以前、大阪出張時に人気商品のメロンパンを試食したところ、いつもと味が違いました。すぐ商品本部長を大阪まで呼んで調べさせると、原因は熟成時間不足。即刻改善させました。

仕事の重要度とパワーの配分が能率アップの鍵。また、自分がやらなくてもいいなら、他の人に頼むという方法もあります。

自分が大切にしているのは逃げないこと、ブレないこと。いまの自分をさらけ出すことを恐れず、いまの自分たちの力で勝負していく。

聞き上手になるには、恋愛でもそうですが、「あなたのことをもっと知りたい」とか、「あなたに興味があります」とか、そういう気持ちが大事なのだと思います。相手に興味があるから質問するのです。

日本法人のトップを引き受ける条件の一つとして提示したのが、日本法人の権限強化です。日本市場でさらなる成長を遂げたいなら、こちらの市場状況に合わせて迅速に意思決定できるようにしてもらいたかった。例えば、日本でのデータセンター投資や営業やエンジニアの採用など、いちいち米国にお伺いをたてていたら競合に負けてしまいます。米国本社以外で「会長兼CEO」という肩書ができたのは、セールスフォースとしては日本法人が初めてです。

大事なのは量より質。2塁打2本より、1本のホームランの方がずっといい。

ページの先頭へ