枡野俊明の名言|人がついてこなければ大きな仕事は成し遂げられない

どんなに高学歴でも、人がついてこなければ大きな仕事は成し遂げられません。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営者のあるべき姿は、よく学び、そこから導き出した理念に基づいて、勇気を持って人の行かぬ道を歩める人。そして、時代を読みながら、次世代の経営者や社員たちのために必要な研究開発投資ができる人。

稼がれている方は、自分が知らないことに対して貪欲で、聞かないことの方が恥ずかしいと思うタイプが多い。

これから、様々な壁との戦いがあると思います。でも、もう何も怖くありません。神様がニコルにあと何年くれるか分かりませんが、勝つ自信はあるんです。

7年前から山小屋を所有していますが、山の中にいるとなぜか元気になる。秘密を探るうちにこの研究にたどりついた。そこで、まず先にクリアフォレスト(北海道のトドマツの林地残材を有効利用した空気浄化剤)事業部を立ち上げたんです。

質的な提案を通じて新たなマーケットをつくっていくのが当社の方針です。

弓矢をとる身(武力を行使する立場)の常として、義理ということを忘れてはならない。武士の道として、心と技とは車の両輪のように考えるべきだ。義理をわきまえている人というのは、身が滅び家を失うような事があっても、正義を曲げずに、強敵たりとも屈せず、常に真心をもって事にあたるのを指すのである。

自分の熱意をきちんと伝えることが大切。じつは協力してくださった方も、いきなりビジネスについて教えてくれたわけじゃなくて、最初は「何やってんの、この子?」「よくわからないけど、なんだか面白そう」という感じで話を聞いてくれた。相手に関心をもってもらうには、自分の気持ちを自分の言葉で伝えられるかどうか。それに尽きると思います。

仕事時間を短縮するために作業を効率化するというやり方は、基本的には効かないと私は考えています。それよりも、余計なことをやめることが重要です。

努力をしないで仕事も家庭もうまくやろうなんて不可能。

企業利益の追求と倫理的な活動は共存すべきもの。

ページの先頭へ