枡野俊明の名言|チームワークを支えるもの

日本人はもともと協調性に富み、チームワークが優れています。ビジネスでもスポーツでも、世界の無台に出れば団体戦に強いことがよくわかります。チームワークを支えるのは、「我見(がけん=我執)」を離れた心なのです。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「よし、朝だ!」というのも、「あーあ、朝か」というのも、あなたの考え方次第だ。

人間は弱いものです。少ない努力で多くの実入りを求めようとします。しかし、世間は甘くありません。仕事の楽しさは、決してラクな仕事では得られません。それは、知恵を出し体を張って困難な状況を突破し、最後になって味わう達成感でしかないと思います。20代、30代のうちに自分を御する力を身につけてほしい。身につけている人とつけていない人ではその後のキャリアに雲泥の差が出てきます。

足元を見つめて、目の前のことに集中する。「今を生きる」という感じで、コツコツと積み重ねていくのが僕のスタイル。最初から「自分は弱い」というスタンスで臨み、自分が今やれることをやる方が力を出せる。

過去の大事業も、それが成し遂げられる前は「ばかばかしい、不可能だ」と思われていたようなこと。ばかばかしさを楽しむことを忘れなければ、社会も人も変わっていく。

失敗を公にしてから、コンサルタントの仕事が増えたんです。お客さんには「成功例は世の中にいっぱいあるけど、失敗例を知ることができたから役に立った」「いくらでも失敗してもいいんだと、勇気づけられた」と言われることが増えました。

特に、私が一番力を入れていきたいのは「マーケティング力」です。私はメーカー出身ですが、メーカーはマーケティング、すなわち「開発」から始まります。まず「開発」があり、いかにコストを抑えて合理的に作れるかという「生産」が絡み、最後に「販売」が絡んできます。この3つをトータルして「マーケティング活動」と言い、いかに利益を出していくかということになってきます。我々はここを強化していきたいと思っています。すなわち、メーカーで言う「開発」にあたるテレビ局の企画部門と制作の手前の段階で、しっかりリサーチした上で編成し、制作陣が番組を作っていく。

ものごとを成功させるためには、相手をどう説得するか、ということが必要。だから相手の立場を考え、思いやることも大事。

デスクを片づければ仕事がスムーズに進むことは明らかです。それなのに、目の前の仕事に追われてなかなか片づけられない人が多いようです。そこで、こう考えてみてはどうでしょうか。「片づけとは、新しい時間を生み出すための投資」なのだと。短期で考えれば目の前の仕事のほうが大事でしょうが、半年や一年の長期で考えれば、できるだけ早い段階で、自分が仕事をしやすい環境を整えることのほうが大切です。そのためにはある程度の時間が必要で、それは将来のために必要な投資なのです。

「この世にあらざるもの」をつくれ。

どんな食習慣が身体に疲れをもたらすのか。その答えは、ズバリ「食べすぎ」です。食べすぎると、無駄な脂肪がついて身体を動かしづらくなります。肥満と運動不足は睡眠の質の低下も招き、日中の眠気や倦怠感の原因となります。また、肝臓に脂肪が沈着した「脂肪肝」の状態は、代謝や解毒作用に悪影響を及ぼし、倦怠感や疲労感を招く危険性もあります。

ページの先頭へ