枡野俊明の名言|家族の信頼関係を築くには

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事が忙しくてすれ違いになることが多くても、家族全員で食卓を囲み、最近の出来事や思っていることを話し合える場をつくりたいものです。そうやってコミュニケーションを重ねれば、会話する時間がとれない日があっても、「仕事で頑張ってるな」と相手のことを受け入れられるのです。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の好みの女性というのは、あくまでも自分の錯覚。現実と理想というのはまったく違うもの。だから、もしいま彼女がいなくて悩んでいるなら、もう一度目をこらして周りをよく見た方がいい。

僕はサラリーマンの給料というのは、「我慢料」ではないかと思っているんですよ。やりたくもない仕事をやっている対価として、給料をもらっている。もちろん、なかには好きな仕事を楽しくやっていて、そのうえ給料までもらっているという人もいるだろうけど、それはごく少数。その状況は、昔もいまも、基本的には変わっていないと思うんですね。

出世をするためには、プロのアスリートと同様に「心・技・体」の基礎力を鍛えなくてはいけない。

仕事にとりかかる前には、何のためにやるのか、それが全体のプロジェクトとどうつながっているのかを考える必要があります。目的を明確に理解しないまま仕事を始めても、作業はできるかもしれませんが、決して成果にはつながりません。

世の中には、「どちらも大事だけれど一見矛盾したこと」というのは、たくさんあります。そのとき、どちらか一方を選んでもう一方を諦めてしまったり否定してしまったりすることが多いのですが、それではもったいない。「OR」で考えるのではなく、両方できる「AND」の方法はないかと考えることが大事で、考えていれば答えが見つかるものです。

「嘘をつかない」「信頼を裏切らない」。この2点を昔から大事にしてきました。人間関係の輪は広いように見えて、意外と狭い。「その場しのぎの嘘」や「人の悪口」を言わないのは、ビジネスパーソンとして最低限心がけるべきことです。

私のスタートはクレーム処理の部署だったんです。当時はカラーテレビが売られ始めたころだったのですが、電源スイッチやテレビの色を合わせるコンバージェンス回路がよく壊れました。もう毎日のようにメーカーさんに謝りに行きました。辛かったですが、鼻っ柱を何度もへし折られているうちにだんだん謙虚になっていきました。

ページの先頭へ