枡野俊明の名言|家族の信頼関係を築くには

仕事が忙しくてすれ違いになることが多くても、家族全員で食卓を囲み、最近の出来事や思っていることを話し合える場をつくりたいものです。そうやってコミュニケーションを重ねれば、会話する時間がとれない日があっても、「仕事で頑張ってるな」と相手のことを受け入れられるのです。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

脳は年齢に関係なく、変化していきます。だから年を取っても一番強いのは、生涯現役という自覚を持つ人たちです。

社員が仕入れに失敗すれば、その年の査定に影響することはありますが、だからといって一度の失敗で終わりではありません。失敗しても、3回まではやらせます。そうした挑戦させる風土がビームスにはあると自負しています。

自己紹介で「どんな商品を取り扱っているのか」を説明するときは、商品やサービスのイメージを相手の中で描けるような説明をすることがポイントです。「私はネジを売っています」といわれただけではピンとこなくても、両手を広げながら、「建築現場で使われる、こんなに大きなネジを専門に扱っています」と説明すれば、相手の心にはそのイメージと一緒に、あなたの印象も強く残ります。

企業は胸を張って、それぞれの得意分野、自社の技術のこれはすごいというところをもっとアピールすればいいと思います。日本の技術レベルは圧倒的に高いのですから、自信を持っていいのです。

十代の頃からずっと何かで創業したいと思っていました。元々、車屋のディラーで整備士をしていました。その後、全く違う営業の仕事をしていたのですが、やはり車が好きで、何か車関係の仕事で起業したいと考えるようになりました。東京から福岡へ転勤した時、東京では輸入車のレンタカーが賑わっていることを知っていたのですが、福岡ではあまり見あたらないことに気付き、自分がやろうと思い創業しました。

おくりびとアカデミーでの活動を通じ、ご遺体処置のプロを養成するとともに、「死」を学ぶことによって「生」を大切にする気持ちを育んでいきたい。

人生において偶然に得たものは、また偶然に失うこともある。

私はアイディアが湧き出てくるのが強み。小さい時から人と違うものの見方をしていました。右肩上がりの時はみんなと同じような考えができないことはマイナスですが、今のような変化が激しい世の中ではみんなと違う新しい発想ができることはプラス。

新商品を出さずに考えてばかりいるのが一番のムダです。世間に問えばすぐに反響があるので、そこから学ぶのが一番早い。

わからないことがあれば、すぐに人に聞きに行ったり現場に足を運んだりする習慣は、いまでも役に立っています。
【覚え書き|『繊維ニュース』記者時代を振り返っての発言】

ページの先頭へ