枡野俊明の名言|家族の信頼関係を築くには

仕事が忙しくてすれ違いになることが多くても、家族全員で食卓を囲み、最近の出来事や思っていることを話し合える場をつくりたいものです。そうやってコミュニケーションを重ねれば、会話する時間がとれない日があっても、「仕事で頑張ってるな」と相手のことを受け入れられるのです。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何かあるのではと思って東京にきたが、何もない。現実は厳しかった。やりたいことをやるべきだと考え始め、大学に入って考えようと思った。卒業してサラリーマンになったけど、会社で決まったことをやるのではなく、自分で決めてやりたいことをやる。それは政治だと思った。大学では普通のノンポリ学生で、誰かの影響を受けたり、何かきっかけがあったわけではない。小此木(彦三郎・元通産大臣)さんの事務所に入り。その前に74年の参院選で東京の自民党候補の選挙を手伝った。朝から晩まで頑張った。水を得た魚じゃないけど、探し求めていたのはこれだと思った。

エクササイズをするに当たり、最初に言っておきたいのは、「集中して時間をかけねば効果が出ないのでは」といった考えを捨てることです。基本的に、やればやっただけ効果が出るのが筋トレです。昼食を食べた後の1分だけ、あるいはスクワット1回だけでも、ちゃんと効果はあるのです。

新聞を読まなくなってから私は心がのびのびし、実に気持ちが良いです。人々は他人のすることばかり気にかけて、自分の手近の義務を忘れがちなのです。

僕たち自身は「社会的事業をやっている」という気負いはあまりないんです。やっていることが社会貢献になっているかは周囲が評価するものであって、自分たちで掲げるものではないと思っていて。もちろん、社会を良くしたいという思いは強くありますが。

ピンチが大好きなんです。ピンチのときこそ、どうすれば上昇できるかを考えるチャンスだと思います。講演会についても、始めたばかりの頃は、「面白くない」「つまらない」という厳しい評価ばかりで落ち込みました。でも、辛口のコメントをもらうほど燃えるのです。「この人たちにいつか面白かったと言わせるぞ」って。それで、どうすれば満足してもらえるのかを必死で考えました。2時間の講演で、何か一つでもヒントになることがあれば喜んでもらえるのではないかと考えて、盛り込む内容を絞ったところ、好評価をいただけるように。今では全国各地から講演のご依頼をいただくようになり、年間百回以上も講演をしています。

知識だけを頭に詰め込むことは、やっちゃいけないですよ。先輩が上手くやっていることを真似しろと言いたいです。新入社員は考えてはいけない。中途入社も同じ。課長になったら、先輩の課長のまねをしろと。

移動しながら仕事をしているので、いつも気分転換しているようなものです。

しょうゆの味を覚えてもらい、レシピ開発を通じて、しょうゆの使い方を知ってもらう。この2つの戦術がうまく融合して相乗効果を発揮。米国でのしょうゆの認知度は高まりました。

長く生き残るには並大抵でない努力がいる。ユーザーから見て足りない部分を常に探し、改善し続けなければ、強みはすぐ失われてしまう。ここに僕らほど情熱を注いできた会社はないし、簡単にはまねできないノウハウを蓄積できていると考えている。

僕はプロなので、結果がすべてという気持ちは常にある。

ページの先頭へ