枡野俊明の名言|他者と価値観がぶつかったときに大切なこと

若者と話すなかで、お互いの価値観がぶつかることもあるでしょう。反対の意見が出たときこそ真剣に耳を傾け、話し合う。異なる価値観を無視するのでなく、すべてを受け入れて自らの心に改めて問いかけることが大切なのです。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

父は大抵、直感で行動したら結果が出て、成功した理屈を後付けで考えるという経営スタイルをとっていました。ある意味天才的です。逆に私は、直感ではなく理屈で事前に考えて正しいことを何か見つけてみようと考えました。

高田旭人の名言|自分なりのスタイルでやる


幸運をゲットする目的でやってきたわけではないですけど、種を蒔かなければ芽も出ないとも思う。

六角精児の名言|種を蒔かなければ芽も出ない


危機に直面したときに、ただそれを凌げばいいと思う経営者と、危機をバネに会社をガラッと変えるぞと思う経営者とでは、将来のその会社の姿は変わる。

伊藤邦雄の名言|危機に直面したときに、将来のその会社の姿は変わる


うちは毎朝、幹部と早朝会議を行っています。8時半から営業会議を30分、9時から企画会議を30分。そこでメディアニュースや街角ニュースと、現場から上がってきた情報をぶつけ合って、いろいろと戦略を打ち出していきます。

成宮雄三の名言|会議は毎朝行う


採用段階でポテンシャルのある人たちを見極めて採用することが大切になります。そのためには、時間をかけて相手がどういう人なのかを見極めなくてはなりません。

桐山一憲の名言|採用時に大切なこと


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ