枡野俊明の名言|他者と価値観がぶつかったときに大切なこと

若者と話すなかで、お互いの価値観がぶつかることもあるでしょう。反対の意見が出たときこそ真剣に耳を傾け、話し合う。異なる価値観を無視するのでなく、すべてを受け入れて自らの心に改めて問いかけることが大切なのです。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

誰もが言う「何が何でも実現したい」という言葉を、どのくらいの強さで何が何でもと思うかが大事。

いま人々の間で新しい何かが生まれようとしています。仕事や職場環境、人とのつながりに対する考え方も大きく変わっていくでしょう。我々はその変化の手助けをしたいのです。

IBMも社内で育てることのできない人材は、外部から採用します。ただしその場合も優れた人材だから採用するというのではなく、こういうビジネスがやりたいが、それにはこういうスキルを持った人材が必要だということを明確にしてから採用しています。日本企業の場合は先に人がいてその人に仕事をあてがおうとしますが、それとは反対のことをやっているわけです。

考えついたアイデアがどれも良く見えてしまうときは、「メリット・デメリット表」を作るのが一番。案A、案Bなどそれぞれにどんな良い面・悪い面があるかを箇条書きし、比べてみるのです。

経営理念の刷新には、社会の変化に適応するという意図もあります。経営理念が時代に合っているかを精査して、必要であればつくり変えることは、経営者の責務。

直属の上司から、少しばかりよく見られようとすることだけに汲々としていたら、使われるだけの人生になりかねません。それを打破するには、自分の目の前の仕事がどのような流れで行われているかなど、好奇心を持ってみるといいと思います。

不特定多数に向けて書く広告コピーと違って、企画書は届ける人の顔がより見えやすいという利点があります。上司なのか、クライアントなのか。読む相手を想定しながら書くといい。

私が「利他の心」を重視し、アイエスエフネットグループの経営哲学の根幹に据えているのは、人と人がお互いに思いやることで一人の力が何倍にもなり、人も社会も成長・発展できると考えているからです。

商品がいいか悪いかを最後に決めるのは、我々でもなければ、クライアントでもなく、利用者のカスタマーです。カスタマーが欲しいと思うものをカスタマーの代理人になってつくらないかぎり、商品は生き残れません。

社内でしか評価されないキャリアは、安定というよりもリスク。なぜなら今の時代、企業がつぶれなくても、経営者とともに経営方針が180度変わることもありますし、そもそも雇用は約束されていませんから。

ページの先頭へ