枡野俊明の名言|他者と価値観がぶつかったときに大切なこと

若者と話すなかで、お互いの価値観がぶつかることもあるでしょう。反対の意見が出たときこそ真剣に耳を傾け、話し合う。異なる価値観を無視するのでなく、すべてを受け入れて自らの心に改めて問いかけることが大切なのです。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

小さな火花も荒野を焼き尽くす。

人の能力を見るうえで、現在よく使われる人事評価方法、つまり自己分析をさせて目標を設定し、その達成度を上司が評価するという方法はほとんど意味がないと思っています。最も大切なのは、いろいろな人が長い期間にわたって評価したものを集約して判断することでしょう。

成果を上げるためには、時には喧嘩をしてでも主張をぶつけ合う。それが仕事での「最高のコンビ」なんだと思う。

お客様がいなければ、我々はご飯を食べることができない。

当社が他社と比べた競争戦略を実行したことは一度もありません。それより、最大のライバルは「お客様の期待値」と認識しています。お客様の期待値と我々のサービスのどちらが高いかがビジネスを決すると思っています。

世の中にはたくさんよい格言がある。人がそれらの適用を誤っているだけだ。

人や家電がする作業をロボットが代行するといった「今あるニーズに応え、問題や不満・不安を解消する」やり方では、もう新しい市場は生まれにくい。それは、「発展途上国型の開発」とも言えるでしょう。

ヤオコーの社員の働き方を象徴する社是は「明朗なる人生こそ、明朗なる店をつくる」です。明るく楽しく働ける雰囲気気が、お客様が喜ぶ店づくりには欠かせません。

普通の日常生活の中でもね、感性のある人にとっては、ある意味特殊な体験なんですよね。「人よりも特別な体験をしなきゃ、ものは描けない」と言っている間は、何も描けないですよ。

提案したいのが「仕事って面白いぞ飲み会」を開くことです。失敗談でも自慢話でもいいので、自分の経験から「仕事は面白い」という情報を与えることで、部下の視野が広がり「もう少し頑張ろう」という意欲を引き出せるでしょう。

ページの先頭へ