枡野俊明の名言|部下と飲みに行ってやってはいけないこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

部下と飲みに行って職場の上下関係を持ち出すと煙たがられます。相手のためにアドバイスしたいと本気で思うなら、会社での立場を離れて接することです。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人脈は熟成期間が必要です。いわば、長期的な投資だと考えて、目先の利益だけにとらわれない視野の広さが大切です。

身分の低い者だとしても、道端にたくさん出ているときには、挨拶の一声もかけてやるといいだろう。そうしたからといって、少しも損はない。身分の低い人々から、あれこれいわれるのは、なんとしても残念ではないか。

スポーツニュースに出演する際、僕はただ原稿を読み上げるのではなく、つねに自分の言葉で新しいことを伝えようとしています。だからこそ、実は毎回1、2回は言い間違いをしています。いくらやっても慣れるということはないし、毎回緊張もします。でもそれは、マンネリになっていないという証拠だと思います。

まさに人が商品ですから、どんな教育をしてどう磨きをかけていくかがとても重要です。サービスの品質を維持するためにISO9001も取得し、「7つの品質目標」を掲げ「居心地の良い洗練されたサロン」「高度な技術力」といった各項目を点数化しながら磨きをかけています。

プレゼンの目的はうまく話すことではありません。「企画の魅力を伝えること」です。緊張してもたどたどしくても、目的さえ果たせばまったく問題ない。緊張してて全然いいんです。むしろ、笑いなんてとろうとするから滑るんです。

夫婦仲がよくないとお金は残りません。夫婦間にストレスがあって、それを手っ取り早く解決する方法はお金を使うことだからです。反対に、夫婦仲がいい家庭はお金を使わない傾向がありますね。家でパスタをつくって、映画でも見ていればそれだけでハッピーなんです。

どんな業務も一連のワークフローの一部であり、自分の仕事は他の誰かの仕事と必ずつながっています。それなのに、自分の仕事はここまでと限定してしまって、周りを見ない人が少なくありません。これでは仕事全体の効率性が落ちるだけでなく、その人自身もなかなか伸びていけないのです。

ページの先頭へ