枡野俊明の名言|部下と飲みに行ってやってはいけないこと

部下と飲みに行って職場の上下関係を持ち出すと煙たがられます。相手のためにアドバイスしたいと本気で思うなら、会社での立場を離れて接することです。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大企業と違い、スタートアップの企業は1人で何でも行わないといけない。求められる優秀さが違ってくる。

日本人同士で話す英語はおかしいという人もいますが、実はシンガポール人とか香港人がしゃべっている英語も文法はおかしいですし、主語は滅茶苦茶だったりするんです。でも通用している。日本人の英語でも全然かまわないんです。

若者も中高年もわくわくして生きよう。

大事にしている言葉は「義」です。例えば、合併は共通の「大義」のもと、トップ同士の「信義」に基づき物事を決めていき、その後も「正義」に基づき進めていくものと考えています。さまざまな局面で「義」が大事であり、非常に気になる言葉であり続けています。

社員のやる気をいかに引き出すか。そのために、私は社員に会社の状況を知って貰うため、情報の「見える化」を図り、透明性ある経営を心掛けました。その結果、社員は会社の実情を知り、私と一緒に頑張ってくれたのです。

他人のやり方が自分にもそのまま当てはまるとは限りません。私の場合も予備校のモデルプランをそのまま使うのではなく、自分流にカスタマイズした行程表に変えました。いまなら、インターネット上に公開されている合格体験記なども参考になると思います。合わなければやめて、別のやり方を試すというのを繰り返しながら、早く自分に最適なやり方を構築することです。

思春期の悩みは、病気のようでもあるが、病気ではなく、健全な次の人生の発展への苦しい胎動である。混沌の中で自分が本当は何をしたいのか、自分は誰なのか、何をすべきなのか、長くて厳しい他人とのコミュニケーションの洗礼の中から、あるべき自分が、経済社会の中に、自分らしい姿で、試行錯誤の末浮かび上がってくる。泥の中から蓮の花が咲くように。

苦労するからこそ力がつく。

私が最も大事だと考えているのは、実は中期的な開発です。多くの企業でありがちなのは、目先の製品とロングタームの最新技術にばかり労力を注ぐケースです。2年くらいのスパンの中間的な開発に人やお金を割くのを忘れてしまうのです。

使い続けたライフスタイル(生き方の癖)が支障を来しても、人はそれを変えようとはしない。現実をねじ曲げてでも、自分は正しいと思い込む。

ページの先頭へ