枡野俊明の名言|バカにされても相手にしないことが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

もし特定の人にバカにされるなら、相手はあなたを敵視しているかもしれません。足の引っ張り合いはエネルギーの浪費です。巻き込まれたら損するばかり。自分の評価も下げかねません。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お客様に喜ばれ、社会に評価され、社員が誇りと喜びを持って働ける。そうした会社であるために、商品、技術、経営の質を高める。その実践にあたって常に根底にあるのが「公正」であり、これを価値基準として経営判断を行っていく必要がある。

しっかりと自分の軸を持って本物を追求すれば、いつか周りが認めてくれる。本物だけが、勝ち続けられる。

昔は商品の優劣だけで顧客満足度の向上が図れましたが、今は成熟社会で何でも揃っている時代なので、それだけでは難しくなっています。そこで、ホスピタリティー精神というものが、差別化要因として重要になっています。

権威を振りかざすタイプの上司には、真正面から攻撃しても逆効果です。輪をかけて尊大になります。そこで、「こっちが育ててあげる」ぐらいの目線で、対応しましょう。「弱い犬ほどよくほえる。不安で仕方がないんだ」と考え、上司の言葉にいちいち逆らわないで受け流すのです。

これまでの常識、これまでの当たり前、前例という名の規律は、健全に疑い、必要ならば壊すということをしなければ、時代に取り残され、その組織は哀れな末路を辿らざるを得なくなる。

ツイッターにしてもスクエア(スマートフォンをカード決済端末にするサービス)にしても、我々の需要から生まれたものだ。ツイッターは「世界で起きている何か」を私が見たかった。スクエアは共同創業者でガラス職人だったジム・マッケルビーがクレジットカード決済を提供していなかったばかりに、作品を売り損ねたところから生まれた。

部下が成長を実感させるのに大切なのは、本人の行動や仕事の成果について、自ら振り返る機会をいかに与えるかということです。上司のものの見方や考えを押し付けるのではなく、「あのとき、君はこういう判断を下したけれど、別の選択肢もあったんじゃないか」「結果はこうなったけど、違うやり方をしたら、業績はもっと伸びたかもしれないよ」という「問いかけ」を行うのです。必要なのは上司のあなたの答えではなく、良質な問いかけです。

ページの先頭へ