枡野俊明の名言|バカにされても相手にしないことが大切

もし特定の人にバカにされるなら、相手はあなたを敵視しているかもしれません。足の引っ張り合いはエネルギーの浪費です。巻き込まれたら損するばかり。自分の評価も下げかねません。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社は新卒もいれば、転職組もいます。転職組は証券からITまで、さまざまな業界から来ています。ほとんどのスタッフが自身に障害があったり、家族や友達に障害のある人や高齢者がいて、バリアフリーに対して人ごとではないという思いを持っています。

専門用語を使うことがカッコいいこと、いかにも仕事ができるかのように勘違いして、特殊な言葉ばかり並べるのは、自己満足でしかないと思います。

面白いもので、ひとつの専門分野を持つと、まったく畑違いの仕事にも応用が利きます。仕事の原理原則は同じだからです。アメリカでは様々な業種を渡り歩くプロの経営者がよくいますが、ああいう人に共通しているのはひとつの業種をしっかり極めているんです。

集団が敵対している場合であっても、互いに協力しないと達成できない上位目標を与えることで、友好関係が回復できる。

上司の確認が取れないために仕事が滞ることはよくありますが、上司の予定を手帳のスケジュール欄に書き込み意識していれば、それが防げる。営業マンの場合は、取引先の繁忙期や、「5月になったら社内で話がまとまると思う」などという何気ないひと言なども書く。そうすることで、適切なタイミングでアプローチができる。

ひ弱で小さいオスと、ケンカの強い大きなオス。どちらが子孫をより多く残せると思いますか。この場合の正解は「それだけでは分からない」です。環境によって答えは変わる。

結局、豊かさの実感とは、積み上がったお金で得られるものではなく、お金を寛大に使うことによってもたらされるものなのです。

企業が伸び続けるには、先人に学び、自己進化を続けること。そのことに尽きるのではないでしょうか。

技術を詰め込んだ製品を市場に出せば、あとは会社の名前でそこそこ売れるはずなどと考えているのであれば、それは怠慢以外の何ものでもありません。

アンケートやユーザーヒアリングは、そう聞かれたらこう答えるだろうという、予定調和の部分があったりするので、現実とは違うことが多々ある。それだけに、鵜呑みにしない方がいい。

ページの先頭へ