枡野俊明の名言|アイデアが浮かびやすくなるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

一日の時間に余裕を持つことで、アイデアは湧きやすくなります。とくに朝は重要です。誰でも起床してすぐは頭が働きません。遅刻するぎりぎりまで寝て、朝食もとらずに家を飛び出す毎日では、アイデアを思いつく余裕はありません。まずは30分、早起きをしてみましょう。掃除をする、早めに家を出てバス停ひとつ分を歩くなど、わずかな時間の余裕で、季節の移ろいや自然の変化を感じることができるはずです。「柔軟心(にゅうなんしん)」という禅の言葉があります。固定観念や思い込みをすべて捨て去った自由な心のことを言います。偏った見方をしていると、目に見えているものに気づかないことがあります。頭をつかわずに五感をフル活用して世界を感じるときに、素晴らしいアイデアは浮かぶものなのです。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

その時は不幸と思ったことが幸いに転じることもある。たとえば、ある時、9000万円の手数料を半額の4500万円にまで下げざるを得なかったケースがあります。しかも無利息の48回払い。それは手痛いことのはずでしたが、バブル崩壊後、毎月きちんと決まったお金が入ってくる。これは大きかったですよ。そんなふうに不幸が幸いになることもあるのです。でも、それも前向きな心のおかげかもしれませんね。

不肖・宮嶋、これまで数々の死線をくぐってきた男である。ただ、戦場カメラマンと呼ばれるのは心外である。何かを伝えたいという気持ちなどさらさらない。写真を撮るのはお金と名誉と自己満足、強いて言えば「仕事だから」という使命感ゆえである。

前途のある全ての若い人たちに声を大にして叫びたい。「どうか、老人の僕を感激させるような君の志を信じて、毎日を生きなさい!」と。

私どもヤオコーの店長は、まずは店主なんです。自分たちのお店はどういう商売をしていくのかということから考えます。その店長一人で考えるのではなくて、店舗のスタッフ皆で参加をしてもらい、その地域のお客様にあった商売をしてもらおうということです。だからまずは自分たちの商売を店長が考える。そしてそれを実現するためのマネジメントをどうしていくのかと主体性を持って考える。当然、それを決める権限が与えられています。お客様のことを考えたら結果的に個店経営に行き着いたのです。

クチコミの効果は最初の一人がどれだけ面白がって話すかで決まります。

日本製品の品質は完璧とも言えるでしょう。しかし高価格につながるながるブランドイメージには欠けています。そこで市場シェアを追求する限り、値下げによる価格競争に巻き込まれざるを得ないわけです。

自己信頼がしっかりしていれば、不安をあおる周囲の声に流されることはありません。不安になるのも、節約を楽しんでお金から自由になるのも、自分で選べるんです。

ページの先頭へ