枡野俊明の名言|アイデアが浮かびやすくなるには

一日の時間に余裕を持つことで、アイデアは湧きやすくなります。とくに朝は重要です。誰でも起床してすぐは頭が働きません。遅刻するぎりぎりまで寝て、朝食もとらずに家を飛び出す毎日では、アイデアを思いつく余裕はありません。まずは30分、早起きをしてみましょう。掃除をする、早めに家を出てバス停ひとつ分を歩くなど、わずかな時間の余裕で、季節の移ろいや自然の変化を感じることができるはずです。「柔軟心(にゅうなんしん)」という禅の言葉があります。固定観念や思い込みをすべて捨て去った自由な心のことを言います。偏った見方をしていると、目に見えているものに気づかないことがあります。頭をつかわずに五感をフル活用して世界を感じるときに、素晴らしいアイデアは浮かぶものなのです。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が社長に就任した当時は金融危機の余韻が残り、外食、機内食、ホテルなど各事業がバラバラに売上げを追求するなど、長期的なビジョンが見えない状況だった。事業の特性に応じて組織を整理し直す。それこそが外から来た自分の役割だと考えた。

営業推進本部長だったときに、お客様から省エネルギーについて相談を受けたことがあります。部下がどうすべきかと聞くので、積極的にやりなさいと答えました。それに対して部下は「そういうコンサルをすれば電機が売れなくなります」と心配したものです。電力が少々売れなくなっても、お客様が元気になればその設備を増設し、また電気を使っていただけます。お客様のニーズを近視眼的に見てはいけません。

自尊心とは空気でふくらませた風船である。ちょっと突いても破裂して風になってしまう。

いま、世の中では市場環境や競争条件が大きく変化する「パラダイムシフト」が起こっています。過去の分析や業界の常識にとらわれていては、もはや戦うことはできません。絶えず現実を見据えながら、実行にこだわり、ビジネスモデルを大胆に変えていく必要があります。経営者には、いわば「答えのないところに答えを出していく」ことが求められているのです。

一丸となって海外市場に出て行くためには、注力地域を絞るなどの戦略が必要。

ぼくは絵を描くのが速いと思われているけど、ちっとも速いことない。一工程(下書きを)抜いているから速くなる。

農産物のパッケージに着手したのが昭和40年代前半でした。結局、おもちゃは当たりはずれが大きいので事業の安定性が担保できない。そこで全農さんの指定業者というお墨付きをいただいて全国の農協さんにも取り扱ってもらうことで安定した商売が期待できると考えました。

貧しい場合にも、その人の才能を伸ばすことを妨げる要素はたくさんあるはずだし、どんなに豊かな家にだってその人の伸びることを妨げる要素がたくさんある。結局、環境にとらわれてはいけない。境遇というものから抜け出してこそはじめて自分の人生があるのだ。

仕事の効率化で余った時間を何に使うべきかといえば、仕事のシステム化です。たとえば営業の使いやすい提案書の雛形づくりなどです。こうした作業には、いくら時間をかけても構いません。できれば、それを自分だけでなくみんなが使えるものにしましょう。

正式なプレゼンとなると、時間も長めになります。共感してもらえるプレゼンにするために、仕込みに時間をかけてください。リハーサルを繰り返し、同僚からもアドバイスしてもらうといいでしょう。

ページの先頭へ