枡野俊明の名言|自然の中にアイデアは転がっている

アイデアを出すときに大切なことは、頭で考えるのではなく、五感を使って自然を感じ、変化を感じることです。オフィスで数値やデータに振りまわされていると、ものごとの本質が見えなくなってしまいます。私たちが生活する世界に同じ日は一日としてありません。見慣れた風景でも必すどこか変化しているのです。自然をよく観祭すると、思いがけないところにアイデアは転がっています。500系新幹線の先頭形状は小魚を補食するカワセミのくちばしがモデルですし、関西大学が研究を進める「痛くない注射針」は、蚊に血を吸われても気つきにくいことをヒントにしているそうです。アイデアに詰まったら、いつも出合う自然をじっくり眺めてみてください。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

スクエア(スマートフォンなどのモバイル端末をカード決済端末にするサービス)を立ち上げるうえでの苦労はものすごくたくさんあった。僕らはみんな金融業界については素人で、業界の構造や仕組みを学ぶところから始まった。ハードを作るのも初めてのことで、投資家たちになぜカード決済事業をするのにハードが必要なのか説明する必要もあった。なぜソフトで完結できないのか、と彼らは考えていたんだ。

新しいスーツを買わずに、もう一年過ごす。シャンパンのかわりに、ミネラル・ウォーターを飲む。馬車に乗るかわりに散歩する。高いお金を出してパーティに行くかわりに自宅で家族団欒する。これでどれだけコスト削減ができるかを考えたり、派手な生活がもとで破綻してしまった人の多さを考えれば、節約は苦痛ではなく楽しみだろう。

お客さまのニーズに応えるだけでなく、1歩先のシーズを探る。その変化をとらえる仕組みを持っていないといけない。

自らを清められない者は、周りの者を清められない。仏教では掃除のことを下座行といいます。下座行の中でもトイレの掃除が大変ですが、そこに身を置くと他の仕事はすべてありがたく感じてしまいます。

現場でいろいろなことが起きているのであって、現場を見ないと問題点が整理されないし、お客様の声も本社まで届いてこない。

中途半端な時間にダラダラやるのではなく、あくまで集中して直前の2日間に準備する。それまで、大学の仕事にはフタをしています。こうやって集中して準備する方が、細切れ時間でちょくちょく積み重ねて準備するより、私の場合効率がいいんです。

円高やリーマンショックのような経済環境の変化はいつ起きてもおかしくありません。その前提に立って、経済環境が悪くなってもびくともしない財務体質に変えていかなければと痛感しました。
【覚え書き|リーマン・ショック時を振り返っての発言】

必ず成功する方程式は存在しません。もしあるとしたら皆が真似をし始めてしまいます。しかし、「遅刻をしない」「勤勉に仕事をこなす」「迅速に行動する」「正直である」これを実践できない事業は必ず失敗するとわかっています。

人はその土地と風土の創造物だ。誰もが自分の生まれ育った土地や、先祖への愛情を抱いている。だから、あらゆる人たちと胸襟を開いてつき合うためには、世界中の歴史と地理を学び、相手の背景を知る努力をすべきだ。

会議に出る、資料を読む、メールを書く……。何をするにしても「いま自分のやっている仕事は、どのような価値を生むのか」、1時間単位で意識させることで、「成果にこだわる」というリーダーの基本姿勢が身につくのです。

ページの先頭へ