枡野俊明の名言|お客さんの気持ちになって設計することの重要性

庭園をデザインする際、私はその庭に来られる方の気持ちになって考えていきます。例えば、とても景色のいい敷地に庭をつくるとしましょう。建物や庭をめぐった最後にパッと眺望が開け、素晴らしい景色が広がるような場所です。その景色はいわばメーンディッシュです。最も印象を強くするために、その直前の空間を徹底的に絞り込みます。日本的な空間づくりの基本は開閉を繰り返すこと。そうすることで、見る人に美しい景色を予感させるのです。庭を見終わった最後に、美しかったと満足してほしい。庭園デザインのヘソ(秘訣)はここにあります。そこに答えを出すのが、デザイナーとしての私の使命です。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

努力しても目標が成就するとは限りません。しかし、目標が正しく、耐え忍ぶべきときには耐え忍び、打って出るべきときには打って出れば、必ず成就するときが来ると思います。この「努力」「忍耐」「時」ということがとても大切だと思うのです。目標達成への願いが強ければ強いほど願いは通じるものです。

鳥羽博道の名言・格言|成功に必要なのは「努力」「忍耐」「時」


人間の脳は、新しモノ好きです。新たな体験や驚きのある生活は脳を大いに喜ばせ、活気づけます。一方、単調でパターン化した日常は、脳を退屈させ、その機能や活性を退化させていく廃用萎縮を招きます。

広川慶裕の名言|脳を活性化するには


ひとつの時代をひとつの視点で見るのには限界があって、そういうひとつだけの視点から解放されて、ものごとを「自分には興味がないことだけど、これを必要としている他人がいるかもしれない」と考えることで見えることなんて、いくらでもあるんです。

橋本治の名言|ひとつの視点で見ることの限界


悩んでいるだけでは何も解決しません。そこで「自分はかつて、どんな時にワクワクしたか」を模造紙に書き出したんです。書いていくうちに、1つのキーワードが見てきました。「誰かの役に立ち、感謝される仕事がしたい!」と。

小暮真久の名言|「自分はかつて、どんな時にワクワクしたか」を書き出してみる


日本人としての個を確立していくためには、日本語が外来語もどきになっていくことに敏感でなければならない。「アカウン……」などと言いかけたら「説明責任」と言い直す努力を、お互い、していきたいものである。

浅野純次の名言|日本人としての個を確立していくためには


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ