枡野俊明の名言|ミスを指摘されても謝らない人は、深く反省する機会を失う

自分がミスを犯したとき、どう対処するかが重要です。ミスが発覚したらまず謝る。「ごめんなさい」でも「皆さん、ご迷惑をおかけしました」でもいいのですぐに頭を下げます。素直に謝るという行為は、人間関係を良好に保つだけでなく、自ら肝に銘じて同じ過ちを繰り返さない効果もあります。ミスを指摘されても謝らない人は、深く反省する機会を失います。たび重なれば、屈理屈をこれて自分を正当化する癖がついてしまう。たとえその場は言い逃れできても、同じミスを犯せば完全に信用を失います。それよりは「ごめんなさい」と気持ちよく謝って、二度と同じ失敗を繰り返さない人のほうがはるかに信頼されるはずです。失敗そのものはマイナスですが、次の仕事に活かして成功を収めればプラスに転じるのです。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会見を行うテーブルにテーブルクロスをかけるのは、足元を隠すという役割がある。人間はいくら神経を集中させていても、手元や足元の動きまでコントロールするのは難しいからだ。

中島茂の名言|人間はいくら神経を集中させていても、手元や足元の動きまでコントロールするのは難しい


ふと、自分も周りの常識に流されていないか、と思ったんです。監督になった途端、選手時代に大切にしていたものを忘れてしまったかもしれない、と。自分が本当にしてきたことを思い出して、やってみようと思いました。

風間八宏の名言|常識に流されていないか再確認することの大切さ


ストレスのない生活なんてありえません。夕方にはストレスホルモンの影響で、疲れて集中力もなくなり、気持ちが萎えたりちょっと怒りっぽくなったりする。でも朝起きて、太陽の光を浴び、活発に活動することでセロトニンがしっかり分泌されていれば、うつになったりキレたりすることはありません。

有田秀穂の名言|朝起きて、太陽の光を浴び、活発に活動すれば、うつになったりキレたりすることはない


「これからは未来をつくる時代」ということです。「こうあるべき」という世の中の姿がない分、未来をつくる若者が自分らしい生き方を選び、主体的に行動した先に、新しい未来が生まれると思います。勤務先や職種を偏差値のようなランキングで並べてほしい人にとっては生きづらい半面、新しい世界をつくりたい人には楽しい時代になるでしょう。

宮城治男の名言|これからは未来をつくる時代


コマツは、世界各国での売り上げ構成のバランスが取れているので、どこかの国で調子が悪くても別の国で良ければトータルで業績を伸ばせるようになっています。販売価格を落とさずに、しっかり成長戦略に取り組んでいける。

大橋徹二の名言|売り上げ構成のバランスを取ることの利点


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ