枡野俊明の名言|カッとしたときの対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

信頼関係が成立していれば、たとえ叱られても、不思議と腹が立ちません。しかし、的外れな指摘を受けると、頭にカッと血がのぼることもあるでしょう。そこで何か言い返せば、相手への批判になりかねませんから、冷静に「わかりました」と答えて、3回深く呼吸するといいでしょう。おへその75ミリほど下の臍下丹田(せいかたんでん)に呼吸を落とすと心が静まります。私の知り合いは、相手が怒ったら腹の中で「ありがとさん」と3回繰り返すそうです。頭で考えるから血がのぼるのです。腹に留めることをぜひ覚えましょう。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

管理はゆるくても、商品を作るうえで絶対に妥協はしません。妥協しなくても外れの商品ができてしまうことはありますが、妥協の産物は必ず外れます。

知らないことを謙虚に学ぼうとすることが、教養を身につける節一歩。

雑談しかしていないような営業マンがどんどん注文を取ってくる、なんて例を見聞きすることがあるかもしれませんが、その営業マンにとっては決して雑談ではなく、顧客との信頼関係を築くうえで、欠かせない会話だとも言えるでしょう。

師匠(清水直・弁護士)から学んだのは「常に現場に入る」ということ。机上で貸借対照表だけ見ていても、企業再生はできないんです。再建先の工場に入ってラインを見る。見るだけじゃなく実際に作業をしてみる。工場のおばちゃんたちと一緒に昼食をとる……。そうして実際に現場に入るから、改善すべき本当のムダも見えてくる。また人間的なアットホームなつながりができるから、「給料を下げたいと思います」という決断も呑んでもらえるんです。

様々な改革を続けてきたのですが、改革ばかりでは社員も疲弊します。結局この改革の向かっていく先に、どんな会社になりたいのか。社員のベクトルを1つに合わせることが必要だと痛感していました。そこで最初に作ったのが「10年後のカゴメ像」という長期ビジョンです。

何をするか考える中、4つの軸を決めました。それは好きなこと、得意なこと、伸びる事業であること、そして一番になれる可能性があること。この条件にあてはまるものは何かと考えたら、もう法人営業支援しか残っていなかった。

私は自己啓発書を読むと「この人が成功したのだから、私にもできないはずはない」と根拠なく信じられるタイプです。自分のメンタルを支えるために、読書の全体の2割は自己啓発書を読むようにしていました。外資系金融機関には、私より頭のいいアカデミックスマートが大勢いましたが、専門書ばかり読み、自己啓発書のようなものをバカにしていた人は皆、途中で挫折して去っていきました。

ページの先頭へ