西成活裕の名言|成功は膨大な失敗の蓄積からつくられるもの

研究の成功にしても、大半は膨大な失敗の蓄積から作られるものです。飛躍のためには、いったん、グッと屈まなければ……屈んでいない研究者って、迫力もないものですからね。

西成活裕 の経歴

西成活裕、にしなり かつひろ。日本の数理物理学者、渋滞学者。東京出身。東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了。山形大学工学部機械システム工学科、龍谷大学理工学部数理情報学科助教授、ケルン大学理論物理学研究所客員教授、東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻准教授・教授などを経て、東京大学先端科学技術研究センター教授。専門は非線形動力学、渋滞学。渋滞のメカニズムを数学的に解明した。主な著書に『渋滞学』『クルマの渋滞 アリの行列 渋滞学が教える混雑の真相』『無駄学』『シゴトの渋滞、解消します!結果がついてくる絶対法則』『東大人気教授が教える 思考体力を鍛える』『とんでもなく役に立つ数学』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

得られるものは得よ。得たものは持ち続けよ。このことが鉛を黄金にする”賢者の石”だ。

ふるさと創生事業はバラマキとは違う。これをどう使うかでその地域の知恵と力がわかるんだ。

目立って働きをあらわさない人でも、熱心に努力しているなら、何か事情があるものと思いなさい。たとえ取るに足らない働きをしていても、いつまでも人に後れを取ることはないものだ。それというのも、心の上では熱心に働いているが、それほどの効果もあらわれ出ていないのであって、それも思いがけい事柄に出会っては、案外役立つこともあるのだ。

ボールがしっかりフェアウェイのど真ん中にいって「ナイスショット!」。でも、それがディボット(ショットなどを行った際に削りとられた芝の断片)の跡にはまってしまうこともある。必ずしもナイスショットが良い結果にはつながらない。これは人生も同じでしょう。順調にいっていた仕事の流れが、ちょっとしたことで変わってしまったり。良かれと思ったことが裏目に出たり。

睡眠時間が3~4時間しかとれないと、どうしても昼食後の会議などでウトウトしてしまう。そんなときは、ランチタイムに15分ほど昼寝をすれば、効率的に仕事をすることができます。

お客様の評価を獲得しさえすれば、自動的に会社は伸びる。

新聞やテレビの情報は鵜呑みにしない。情報は自分の足で稼ぎ、確認することが大切です。最近はテレビのスタッフも、すぐにグーグルやヤフーで検索して、それで済ませようとします。だから私は怒るのです。「ネットに出ている情報は情報ではない。出た瞬間に古くなっている。我々がつかまなければならないのは、グーグルやヤフーや新聞に出る前の情報だ」と。

不況だ不況だと言っても、昭和二年の不況からすればまだまだ経済に余力はありますし、終戦のときのことを思えば、いまの生活がどれだけ豊かになったかがわかるでしょう。むしろ豊かになりすぎてしまい、その豊かな生活からモノの価値を考えるようになってしまった点にも問題があるんです。

科学は人類共通の知的資産であり普遍的なもの。だからこそ、研究者は人類が抱える共通課題の解決を真剣に考えるべきです。

仕事で周りの協力を引き出すには、いくつか条件があります。まず頭をパラレルに動かすのではなく、毎回切り替えることです。普通は複数の案件が同時進行しているので、前の会議の内容を引きずったまま次の会議に臨むと、的確な指示ができません。

ページの先頭へ