佐藤芳直の名言|仕事というのは誰かに喜ばれること

人は誰しも役割をもっています。誰かに喜ばれるという、たったひとつの役割です。「仕事というのは誰かに喜ばれること」「経営というのはお客様に喜ばれること」。これを基軸にし、損得より善悪を優先する会社や人間には日々の成長があり、業容も着実に伸びていきます。

佐藤芳直 の経歴

佐藤芳直、さとう・よしなお。日本の経営コンサルタント。早稲田大学商学部卒業後、株式会社日本マーケティングセンター(のちの船井総合研究所)に入社。早くから頭角を現し、29歳で部長に就任。1994年に上場企業最年少役員(当時)となり注目を集める。その後独立し、S・Yワークスを設立。著書に『リーダーは夢を語れ!部下を育て会社を伸ばすリーダーシップ』『勝ち組の戦略』『企業から家業へ!新しい顧客満足追求のマーケティング手法』『カスタマー・ロイヤリティの構築 お客の感動を創り続ける仕組みとは』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

極限状況にあるときほど差がつきやすい。

兼本尚昌の名言|極限状況にあるときほど差がつきやすい。


感謝の気持ちと志。貧しい環境に生まれた人は、ヒト、モノ、カネのありがたさを知っている。感謝することを体で知っている。これが人間が伸びていく大きな要素であるし、最高の貯金だ。

中井政嗣の名言|ありがたさを知ることは最高の貯金


悩む時間は何も生み出しません。ビジネスマンは即断即決で行動してこそ評価される。

植田統の名言|ビジネスマンは即断即決で行動してこそ評価される


最終的に決裁するのは人です。特に経営者やリーダーは決裁するためにいると言っても過言ではありません。

北尾吉孝の名言|経営者やリーダーは決裁するためにいる


常識を打ち破る目覚ましい活躍をしているのは、限界値を決めない人が多い。年齢による限界を決めずにメジャーリーグのバッターボックスに立ち続けるイチロー選手や、ピッチャーと打者の二刀流で挑戦する大谷翔平選手などがその代表例。「やってみなければ分からない」という限界値を決めない意識や、「こうでなければいけない」という教えを守らない精神は、トップを目指すアスリートはもちろん、ビジネスパーソンも大切だと思います。

村田諒太の名言|常識を打ち破る目覚ましい活躍をしているのは、限界値を決めない人が多い


他人の評価ばかり意識し、今をおろそかにしては、未来の高い評価にはつながりません。今すべきことにコツコツと努力し、未来の成果につなげてほしい。

枡野俊明の名言|今すべきことにコツコツと努力し、未来の成果につなげる


相手に自分が興味がないことについて話されたとき、私はないようではなく「人」にフォーカスするようにしています。「なぜこの人はその内容に興味があるのか」「それをすることで、この人はどう変わったのか」と、相手の人生にスポットを当てるのです。相手を物語の登場人物に見立ててしまうと、どんな人にも興味を持ちやすくなります。

和田裕美の名言|自分が興味がない話を聞くときのポイント


不動産仲介は情報のビジネスだと考えます。売り手と買い手のマッチングサービスができれば良いのです。しかし、日本の不動産はサービス業のイメージが強く、情報に力を入れている会社が少ないのが現状です。不動産屋こそ究極のIT屋でなければいけない。

岩名泰介の名言|不動産屋こそ究極のIT屋でなければいけない


大切なことは、ビジネスの世界では、書くことには必ず行動が伴うと考えなければならないということです。考えること、考えていることを言葉にして書くこと、実際に行動すること。この三つがバラバラであってはならないのです。その意味で、書くということはコミットする(誓約する、約束する)ことと同義です。

前田晃伸の名言・格言|ビジネスの世界では、書くことはコミットすることと同義


誰もが鉄人と同じである必要はありませんが、やり抜く力を体現してくれる人たちはいいお手本になる。

アンジェラ・ダックワースの名言|やり抜く力を体現してくれる人たちはいいお手本になる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ