佐藤芳直の名言|仕事というのは誰かに喜ばれること

人は誰しも役割をもっています。誰かに喜ばれるという、たったひとつの役割です。「仕事というのは誰かに喜ばれること」「経営というのはお客様に喜ばれること」。これを基軸にし、損得より善悪を優先する会社や人間には日々の成長があり、業容も着実に伸びていきます。

佐藤芳直 の経歴

佐藤芳直、さとう・よしなお。日本の経営コンサルタント。早稲田大学商学部卒業後、株式会社日本マーケティングセンター(のちの船井総合研究所)に入社。早くから頭角を現し、29歳で部長に就任。1994年に上場企業最年少役員(当時)となり注目を集める。その後独立し、S・Yワークスを設立。著書に『リーダーは夢を語れ!部下を育て会社を伸ばすリーダーシップ』『勝ち組の戦略』『企業から家業へ!新しい顧客満足追求のマーケティング手法』『カスタマー・ロイヤリティの構築 お客の感動を創り続ける仕組みとは』ほか。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ