張本邦雄の名言|上司は部下に対して必死でコミュニケーションをしていかなければいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

上司と部下の関係は、上から近づかないと絶対に縮まらない。フラットな関係をつくりたいから部下のほうから近づいてこい、というのはわがままですよ。上司は部下に対して必死でコミュニケーションをしていかなければいけないんです。


張本邦雄 の経歴

張本邦雄、はりもと・くにお。日本の経営者。TOTOの社長。東京都出身。早稲田大学商学部卒業後、東陶機器(のちのTOTO)に入社。リモデル推進センターリモデル企画部長、マーケティング本部営業企画部長、マーケティング本部コンタクト営業推進室長、販売推進グループマーケティング統括本部長、取締役執行役員販売推進グループ長、取締役常務執行役員販売推進グループ長、取締役専務執行役員マーケティンググループ販売推進グループ担当などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

専門的なことばかりやってきた人が、病院のベッドで、専門外の人に接し、そういう人から自分の知らなかった世界を見聞きする。それも、死を直前にするくらいの大病で、ほんとうに虚心坦懐にね。そういうことが、人間的厚みを作り、魅力ある人間にするんだろうな。無意識に人間学を学んで。

部下の良さ、偉さがわかるか。自分の部下が100人いるなら、自分の偉さは本当は101番目なんだと思える人が真のリーダーだ。

リーダーに要求される大切な資質は、予見力、構想力、実行力の三つだ。なかでも予見力は最も重要な資質である。先を読む力がなければ、事業化する構想は生まれないし、実行に移すこともできない。

偉大さとは、方向を与えることだ。どんな河も自分自身によって大きく豊かなのではなく、多くの支流を受け入れて進むことによってそうなるのである。あらゆる偉大なる精神についても同じことがいえる。肝心なのは、のちに多くの支流が辿ることになる方向を示すことである。

人の仕事のうちで一番大切なことは、後継者を得ることと、後継者に仕事を引き継がしむる時期を選ぶことである。これがあらゆる仕事中の大仕事である。後継者が若いといって、譲ることを躊躇するのは、己が死ぬということを知らぬ者だ。

人事というものは10年単位で見るべきだと思っています。この人は仕事のできる人だ、社にとって大事な人だというのは、10年というスタンスで見ていると自然にわかるものなのです。

戦場の働きは武士として当然のことだ。戦場の働きばかりで知行(報酬)を多く与え、人の長(おさ)としてはならない。

ページの先頭へ