粟田貴也の名言|小心ものだからこそ、大胆さを持ち合わせなければ成功できない

私はすごく小心者で、ネガティブに考える人間です。しかし、小心者だからこそ、大胆さをもち合わせなければ成功できないということにあるとき気づいたんです。

粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々の務めは成功にあらず。失敗にたゆまずして、さらに前に進むことにある。

「大きい方がいいですか」と聞けば「大きい方がいい」と言うし、いままで見たこともない車種を作って売れるかどうか聞きに行くと、見たことがないだけに、だいたいは「そんなもん売れません」と言うものです。それが市場の声ならば、聞かない方がいい。

テレビのニュースや情報番組では、「まずはこちらをご覧ください」と映像や画像を流すことが多いですよね。視覚に訴えて、視聴者を引き付けているわけです。プレゼンにおいても「つかみ」を演出するのにビジュアルはとても有効。基本のテクニックです。

(業界の)順位はあくまで結果にすぎません。我々の目的は最も支持いただける保険会社になることです。全社員がそこに向かってベクトルを揃える。お客様の満足度とか、働いている社員の満足度を重視した経営を目指す。そのプロセスこそが重要です。もちろん株主がいらっしゃいますから、財務的な数字も重要です。でも社員に対しては、お客様から最も信頼していただける会社になろう、一生涯のパートナーになろうというメッセージを出し続けています。

こんなに一生懸命なんだからやってあげよう、と思われることが大事。

環境が厳しくなる中で目指すべきことは暴風雨にも耐えられる会社になること。

脚本の制約については、あったほうがいいと思いますよ。何でもありなんて、ロクなことがないです。ドラマなんてもとは誰かの妄想なんですから。

運が欲しいなら、「運なんかいらないよ」というぐらいの気持ちでいることだ。「運が欲しい! 運が欲しい!」と求めるから、かえって入ってこないんだ。

切羽詰まった局面にぶつかるから、アイデアが浮かぶし成長する。

人生はマラソンのようなもの。経営では、社員が脱落せずに最後まで健康で頑張る環境を整えることが大切です。

ページの先頭へ