粟田貴也の名言|小心ものだからこそ、大胆さを持ち合わせなければ成功できない

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はすごく小心者で、ネガティブに考える人間です。しかし、小心者だからこそ、大胆さをもち合わせなければ成功できないということにあるとき気づいたんです。


粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

本日喜びの中にありながら、いつか悲しむ時のあることを忘れてはなりません。

たとえいい解決策が導かれなくても、ちゃんと話し合いを持ったほうが、後々精神的に病まないといわれています。相手に言うときは、感情と事実を切り分けて、相手を非難するのではなく、相手の行動や改善点を淡々と指摘することを心がけましょう。

ミスを恥と思わないヤツは見込みがない。その証拠にダメなチームほど「ドンマイ! 気にするな!」と言い合っている。

カカクコムには熱いおたく集団がいます。うちには、「競合とどう差別化するか」といったことを、ビジネススクール的なアプローチで分析するような社員はいないんです。それに何の技術も特許もない。でも、カメラならカメラ、オーディオならオーディオ、「食べログ」ならレストランに誰よりも詳しいマニアがいる。そういう人材を雇っているのが、ほかとの差別化になっている。

自分の後任を育成する際に重要なのは、「この人は部長になれる」と判断して初めて部長にするのでは遅いということ。「部長まで伸びる可能性がある」と判断したら即、部長にする。そしてサポートしながら育てたほうが成長は速くなります。そして自分の仕事は後継者に委ね、もっと大きい仕事をする。そういう発想はグローバル企業では当たり前です。

流れを先取りして、人より5年先にやらないといけない。

ラジオ通販から通算26年、私は日々の大半をスタジオで過ごしました。そこで学んだのは、伝えることの大切さです。この商品を使うことで、こんな感動が得られますよ。このボイスレコーダーであなたの生活がこう変わりますよ。と、誰にでも伝わる言葉にかみ砕き、声のトーンや間の取り方にも研鑽を重ねた日々でした。

ページの先頭へ