粟田貴也の名言|小心ものだからこそ、大胆さを持ち合わせなければ成功できない

私はすごく小心者で、ネガティブに考える人間です。しかし、小心者だからこそ、大胆さをもち合わせなければ成功できないということにあるとき気づいたんです。

粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いわゆる「常識」には、実は根拠のない思い込みのようなものも多いんです。とくに専門性が高い分野では「業界の常識は世間の非常識」とでもいうべき事態に陥っている場合も少なくありません。

萩原利男の名言|常識は根拠のない思い込みが多い


生きていると、天災などどうしようもないことも起きます。しかし、これは人生の出来事のたった2%で、残りの98%は、私たち自身の判断や選択の結果です。つまり、98%はコントロール可能なのです。だからこそ、失敗したら、原因と結果を踏まえ、再チャレンジしてください。それで成功すれば自信になります。人生の98%がコントロール可能であることに気づかず、失敗しても「運が悪かった」で終わらせてしまうのは間違いです。命さえ落とさなければ、失敗は学びのための最高の経験だと、私は思っています。

ジェイ・エイブラハムの名言|命さえ落とさなければ、失敗は学びのための最高の経験


「アイデア」と「徹底」という言葉は、ビジネスの現場ではどこか相反する響きがあります。あるいは「挑戦」と「継続」といった2つの言葉でもいいでしょう。こうした相反する要素を両方持っている人、さらには相矛盾する要素を同時に自分の中に取り込んでいける人が、「あたりまえ(いまはそうでなくても将来あたりまえになる商品・サービス)」をつくり出していく。

村上太一の名言|相反する要素を同時に取り込むことが大切


日本は「ものづくり大国」と呼ばれ、その洗練された生産方式は世界のお手本となりました。また「摺り合わせ」という独自の手法が優れた製品を生み出したことも、よく承知しています。しかし、グローバル化で環境は一変しました。これからは遠く離れた海外の企業や人々と連携しながら、製品開発プロセスを共有していくことが強く求められます。

ジム・ヘプルマンの名言|これからは遠く離れた場所同士で製品開発プロセスを共有する時代


話題の内容そのものではなく、「なぜこの人はこれが好きなのだろう?」という部分に焦点を当てるのがコツ。好きになった動機やその楽しみ方など、相手の性格や価値観に興味を持てば、話題がなんであれ退屈に感じることはありません。

谷口祥子の名言|「なぜこの人はこれが好きなのだろう?」という部分に焦点を当てる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ