粟田貴也の名言|すぐれた知恵も経験もない人間が成功するには

何か新しい挑戦をするときに、入念に調査や下調べをしなければ進めないという人もいると思いますが、私はそうではなくて、とにかくやり始めてしまい、何かあればそのときに考えればいい、というふうに進んできました。世の中にはさまざまな情報があり、否定的要素もたくさんあります。人に相談すればするほど、ネガティブな情報に触れて臆病になってしまう。「世の中そんなに甘くない」と、やってみもしないうちからいわれることもあります。しかし、優れた知恵も経験もない人間が成功したいと思ったら、大胆に行動してみて、トライ&エラーを繰り返すしかないんです。

粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今の社名は、お察しの通り童話の『ガリバー旅行記』が由来になっています。実は、あの童話に出てくるガリバーというのは、別に巨人ではなく普通の人なんですよ。標準サイズの、どこにでもいそうなサイズの人間でした。ただ、たまたま小さな人たちの国にたどり着いてしまったから巨人扱いされてしまっただけであって、彼が巨人の国に行くと、今度は小さな人になってしまう。私たちの会社もそうだな、と感じたのです。地方で一番になって巨人のように見せかけても、その本質は変わらない。そうではなくて、目標は大きく掲げるけれど、達成したからといって驕ることなく謙虚な気持ちを忘れないようにしよう、そう思って社名を直前に変えたのです。

羽鳥兼市の名言|一番になっても巨人ではなく、普通サイズであることを忘れないことの大切さ


紳士売り場の改装の失敗は、前のものを引きずってしまったからなんですね。新しいコンセプトを決めていたのに、過去のしがらみや実績を優先させてしまったために、コンセプトが不明確になってしまいました。

秋田正紀の名言|過去を引きずらないことの大切さ


儲けようと思ってやる商売には自ずから限度があると思っていい。あくまで社会の要求に沿うような奉仕の精神で打込めば、必ずその事業は大成するに違いない。私は商売人であることを大いに誇りとしているのである。

江崎利一の名言|必ず事業で成功する方法


服装や会場といった「外見」と同時に、会見の中身が重要であることは言うまでもないが、メディアの反感を買う内容にはある共通項がある。それは、合法性の主張を優先させている点だ。以前、スーパーが全焼して15名の方が亡くなったとき、スプリンクラーが付いていなかったことについて社長が「消防法は守っていた」と発言してメディアの反感を買ったことがある。社長は虚偽の主張をしたわけではないのだが、被害者の遺族や関係者の心情を逆なでして有り余る会見だったことは疑いない。

中島茂の名言|反感を買う謝り方


もはや、日本から赴任した社員が上位の役職に就き現地の人を雇うという時代ではありません。日本から来た社員も現地のスタッフと十分なコミュニケーションをはかりながらビジネスに取り組み、その成果を一緒に喜びあえる人材でなければなりません。

宮田孝一の名言|これから求められる海外赴任社員の条件


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ