粟田貴也の名言|成功したときのことをイメージすることの大切さ

イメージトレーニングは、何でもいいと思いますよ。尊敬する人がいたら、その人の本を読んで、自分もこうなりたいと考える。その人と同じブランドのスーツを買ってみるとか、形から真似するのでもいい。飛行機に乗っているとき、「これはプライベートジェットだ」と想像したっていい(笑)。人からバカだといわれそうなことでもいいんです。

粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

小学生に対して「考える力」を教えていて、つくづく感じることがあります。それは、めきめき伸びる子はみな「自分という人間を理解してもらいたい」という強い欲求があるということです。欲求があるからこそ、自分の意見を表明する。すると私は、「じゃあなぜそう思うの?」と突っ込んでいく。だからどんどん意見が明確になっていくのです。

成功への道を開く絶好の方法は努力と勤勉さ、そして上手くいかないことより上手くいっていることに目を向けることに尽きる。

ブレないためには、歴史に学ぶ姿勢が大事だと思っています。司馬遷が言っているように「現在」は空気やムードに左右されます。しかし「歴史」になれば客観的に評価することができる。

自分なりの武器を持つことは何よりも大切だ。会社にとって重要な人物であれば、大波が寄せても足もとをすくわれずに済む。

ゲーム事業の本質は、面白いゲームを作り出すことに尽きる。これがない限り、戦略は成り立たないのです。

我々がお客様満足度を上げる努力をしているのは、クチコミ情報の威力を知っているからなのです。TVCMでは、当然のことですが、各社ともにいいことしか言いません。しかしクチコミは違います。ドコモがいいサービスを提供すれば、お友達などに「やっぱりドコモっていいよ」と言っていただける。これこそ、我々にとって最強の武器だと考えているのです。

事業が成功するかどうかは、まずはトップの器量いかんであるが、優れたナンバー2を得なくては事業が前進、成長しない。

お互いの考えや意見を直接言い合うことで変な誤解も生まれず、お互いの納得感も高まります。その上で、その選手のために適切な練習方法を判断するのは指導者の役割だと考えています。

相手の本心を知りたければ、相手の顔をじっと見つめることだ。表情を見ていると、言葉の意味がつかみやすくなる。

私はいつも「すぐやる・必ずやる・できるまでやる」と社内に言い続けています。目標を達成するまで諦めない。

ページの先頭へ