坪田一男の名言|自分の得意分野を活かすことの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

人は多様性に富んでいる。空は鳥にとってはいいが、魚は空にいることはできない。鳥は海の中に閉じ込められては生きていけない。これらは極端な例だが、生物によって自分の得意なところが違う。人類共通の得意さももちろんある。たとえば脳を使うとか、協力するとか。しかし一人ひとりでまた違いがある。鳥が海に、魚が空にいたら、それはつらい。強みのある場所を見つけて、その自分の居場所ではばたくようにしたい。


坪田一男 の経歴

坪田一男、つぼた・かずお。日本の医師、医学博士。角膜移植、ドライアイ、屈折矯正手術の権威。慶應義塾大学医学部・環境情報学部教授。慶應義塾大学医学部卒業、医師免許取得。慶應義塾大学医学部眼科学教室入局を経て、国立栃木病院眼科医長を務める。厚生省臨床研修指導医留学生としてハーバード大学留学。マサチューセッツ州で医師免許取得。ハーバード大学角膜クリニカルフェローシップ卒業。東京歯科大学眼科助教授、慶應義塾大学眼科講師、東京医科歯科大学難治疾患研究所非常勤講師、旭川医科大学医学部非常勤講師、ハーバード大学訪問教授、東京歯科大学眼科教授、東京歯科大学市川総合病院眼科部長、メルボルン大学訪問教授、慶應義塾大学医学部眼科教授、東京歯科大学眼科客員教授などを務めた。抗加齢についても研究を行った。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

アタックについては、改良をルール化しているわけではありません。それでも、社員が消費者モニターなどと接する中で、いろいろなことを感じ取ります。そういう仕事の仕方をするというのはビジネスモデルと言っていいでしょう。

飲食店は食を提供するだけでなく、家族や仲間との絆を深める場としての役割が求められている。

話さない自由があってはじめて、何でも話す自由が保証される。その場しのぎのことをいうくらいなら、しゃべらないほうがまし。何もいわなくていいからこそ、何をいってもいいことが守られる。

危機をテコに成長する企業には3つの共通項があります。第一に強力な企業理念、第二に能力もやる気もある人材、第三に危機をチャンスへ展示させる発想です。

実は熟して自然と落ちるのを待つ。正しい種をまいているとの自負があれば気長に待てますし、奇人扱いも笑い飛ばせます。

世界中、色々なところへ行き、色々な人と会うことで人の心は磨かれていく。

歳をとることがすでに、新しい仕事に就くことなのだ。すべての事情は変わっていく。我々は活動することを全然やめるか、進んで自覚をもって、新しい役割を引き受けるか、どちらかを選ぶほかない。

ページの先頭へ