大橋悦夫の名言|仕事のペースを崩さないことの大切さ

飛行機が離陸するときにはパワーが必要ですが、それを終えて水平飛行の状態に入ってしまえば、楽になるもの。ここで重要なことは、楽になっても、途中で着陸してしまわないことです。長期休暇に入ると、開放感からつい羽を伸ばしてしまいがちですが、休暇明けは仕事のペースを取り戻すのに苦労しがち。せっかく前倒しで仕事を進めても、一度ペースを崩してしまうと、軌道を元に戻すのはたいへんだということを肝に銘じておきましょう。

大橋悦夫 の経歴

大橋悦夫、おおはし・えつお。日本のビジネスコーチ、ブロガー。東京出身。上智大学外国語学部英語学科を卒業後、ソフトウェア技術者、テクニカルライター、専門学校講師などを経て独立。仕事の効率化についてのブログ『シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌』を開設。月間25万PV以上のブログに成長させた。そのほか、書籍やセミナー講師、デジタルハリウッド講師などで仕事に関する情報を発信している。主な著書に『チームハックス』『スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術』『成功ハックス』『そろそろ本気で継続力をモノにする!』『成果を5倍にするライブハックス!』『手帳ブログのススメ』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

専任のリーシング担当が直接、近隣の賃貸仲介会社に営業を行ない、最近の成約事例をリサーチします。そこから成約しやすい家賃や賃貸募集の方法を徹底的に追求するのです。こうして専任担当者が足で稼いだ情報と人脈により、エリアの入居付けが強い賃貸仲介会社に空室情報が行き渡ることで常に高い入居率を維持しています。

菅谷太一の名言|リサーチして成約しやすい条件を徹底的に追求する


正しい行動で自分のために働くということは、とりもなおさず「己を愛する」ということだ。己を愛せない者が、会社を愛せるはずがない。

和田完二の名言|己を愛せない者が、会社を愛せるはずがない


心底相手の立場になって考えたら、信頼が生まれる。

三木田國夫の名言|心底相手の立場になって考えたら、信頼が生まれる


働き方改革は、守らなければいけない弱者と、そうでない人を分けて考える必要がある。

金丸恭文の名言|守らなければいけない弱者と、そうでない人を分けて考える必要がある


共通点があると目線の高さが同じになるので、相手も心を開きやすくなる。若い部下と意思疎通が上手くいかないと悩んでいるなら、試しに人気アイドルの音楽を聴いてみたらどうだろう。上司がアイドルについて語れるとわかれば、部下の方から話しかけてくるはずである。

藤巻幸大の名言|若い部下と意思疎通が上手くいかないと悩んだら


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ