中西宏明の名言|内向きではなく、外向きの思考を

このエントリーをはてなブックマークに追加

グローバルに戦うのは、非常にハードルが高い。本社に寄って俺に報告なんかしなくていいから、世界で勝っていく方法を考えろ、と思っています。


中西宏明 の経歴

中西宏明、なかにし・ひろあき。日本の経営者、技術者。日立製作所社長。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。米国スタンフォード大学大学院に留学し、コンピュータエンジニアリング学修士課程修了。日立製作所大みか工場副工場長、大みか工場計算制御システム開発部長、日立ヨーロッパ社社長、日立製作所情報・通信グループ統括本部副本部長、国際情報通信営業本部長、情報・通信グループCMO兼国際情報通信営業本部長兼サーバシステム営業部長、国際事業部門長兼欧州総代表、執行役常務/国際事業部門長兼欧州総代表、執行役専務、執行役副社長、北米総代表兼日立グローバルストレージテクノロジーズ社取締役会長兼CEO、などを経て日立製作所社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

時間が足りないと文句を言う人は、深層心理では逆に、「そんなに働かなくていいじゃないか」というブレーキをかけているような気がします。今日中に片づけるべき10個の仕事があっても、無意識のうちに全体から目をそらして、とりあえず目の前にあるひとつひとつの仕事から手を付けていく。「できるところまでやればいいや」という発想なんですよね。ただ、それでは仕事を効率よく進めるための計画も立てられないし、仕事の優先順位も見えてきません。結果は10個あるうちの4個しか片づけられないような事態を招いてしまいます。それでも本人は、一生懸命働いた気になって、深層心理で自分にブレーキをかけていることに気づいていないのです。

人と同じことをしなきゃいけないという思い込みから自分を解放してあげましょう。

アイデアを生み出すためには、一人ひとりが主体的に動かなければなりません。

誠実とは、嘘をつかないとか約束を守るといったことだけなのでしょうか。私は自分の意見や立場を明確にすることも含まれていると思っています。日和見主義やグレーな意思表示は不誠実なことだと思うのです。

「シーソー褒め」という伝え方もあります。自分を低く表現することで相手の良さを際立たせる方法です。たとえばプレゼンを終えた相手に、「私なら、緊張で足がすくんでしまいそうです」と言えば、相手の落ち着きを褒めたことになりますね。この方法は、相手が目上である場合も便利です。上司や年長者に向かって「お話が上手ですね」と言うとかえって失礼な印象になりがちですが、「私はまだまだ、とても部長のようには話せません」と言えば、自然な形で尊敬が伝わります。

専門スキルは陳腐化しやすい。再就職先で適材適所の人材になるためには、「対人関係構築能力」「問題意識力」「自己抑制力」「発信力」「発想力」「柔軟力」の6つの基礎能力が欠かせない。

参考書をいくつも持っていると情報が多すぎて覚えられません。これだけやればいいという一冊をつくり、それにフォーカスして学ぶといいでしょう。

経営者やビジネスリーダーは、官僚の言葉を聞いてはいけない。財界でも官民協調路線で事業を展開してきた大企業は全部衰退している。ゼネコンは冬の時代が長引き、多くの家電メーカーは赤字に苦しんでいる。官僚が指導しなかったことをした会社が伸びているのは厳然たる事実といっていい。

企業が大きく官僚的になるほど、社員は失敗を恐れ、手堅い道を選ぶようになる。もちろんそれとて悪いわけではない。しかし世を覆すほどのイノベーションは期待できない。であれば、いまこそマネジメント層は、失敗を恐れず、一見無謀と見えるような目標でも、とにかく挑戦を促す環境をつくらねばなるまい。

心がけていることは、「地域経済の発展に貢献するためには、まず自らが健全でなくてはならない」という本来あるべき姿を守り通すこと。

ページの先頭へ