糸井重里の名言|自分たちが、まず消費者であり、第一のお客さん

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフには、「自分たちが、まず消費者であり、第一のお客さんなんだ」と繰り返し言っています。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

学者は本をあちこちひっくり返して調べるだけで、しまいには自分の頭で考える能力をすっかり失ってしまう。本をひっくり返さなければ、何も考えられないのだ。

時代の変化に対応して、お客様が求めるものを常に送り届けなければ企業は生き残ることができない。

近年、時代の変化は早くなる一方。情報のスピードが早ければより一層、企業には変化対応力が求められる。

私は仕事にスピードを重んじる。

仕事で成功するには諦めなかったり、コツコツやったりといった性格が大事で、頭が良いだけて成功した例は事業家ではありません。その性格を形成するのが「心の態度」で、それが人生を決めると思っています。

タクシーに乗るとき、運転手さんに言うことがあります。「嘘でもいいから、今度乗るお客さんに『景気、ようなりましたなぁ」と言ってくださいよ」と。客は「そんなことあらへん」と否定するでしょう。でも、「乗ってくれるお客さんはみなさん、そう言ってはります」と言われれば、「うちがよくなっていないのはなぜだろう?自分はやるべきことをきちっとやっているだろうか」と考え始めるでしょう。接し方次第で、このように思わせることはできるのです。

今年の売上げを昨年と比べるとしても、比べる材料が必要です。そこで、昨年の同じ頃どのような状況であったか、昨年の手帳から読み取ります。そのため、個人の手帳は今年のものと昨年のもの、来年のものを3冊、常に参照できるようにしています。

ページの先頭へ