糸井重里の名言|促されて言うことと、本当に感じていることとは別

このエントリーをはてなブックマークに追加

「何か言ってごらん」と促されて言うことと、本当に感じていることとは、別なんです。見極めが難しいけれど、本当に感じていることでないと意味がない。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

相手に伝えたい想いがなければ、コミュニケーションは成立しません。想いを文章化したものが手紙ですから、人に感謝の気持ちを抱けなければ、お礼状も書けないはずです。

仕事が遅れがちな人は、「時間の見積もり」「仕事の優先順位」「集中力」という3つの側面から改善策を考えてみるといい。

確実にお客様に喜んでもらえる、満足してもらえるものを提供し続けるということが重要。それがリピーターにもつながる。

「やるしかない」という不利な状況が幸いした。逆境が私を育ててくれました。

総じて、マイナス思考の人は視野が狭い傾向がありますね。たとえば、親戚が集まって話をしているときに、愚痴や不満ばかり言っている人が一人はいるでしょう? その人を見るとわかるはずです。故郷から出た経験がなかったり、人づきあいが少なかったりと、狭い世界しか見てこなかった人であるケースが多いのです。

判断能力が高く、トラブルにも適切に対処できるような人には、当然、厚い信頼が寄せられます。軸ができると、周囲がその人にリーダーになってほしいと期待するようになり、それに応える統率力も備わってくるものです。

宗教は人民のアヘンである。

ページの先頭へ