糸井重里の名言|頼まれたことは、こちらからお願いしてでもしたいことかどうか、1日置いて考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

他の会社さんから提案が来たら、お会いするようにはしています。ただ、「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」には「約束3原則」というのがありまして、それを基に動くようにしています。(1)できるだけ約束をする、(2)できる約束だけをして、守る、(3)守れなかったら全力で謝る、です。これにおまけとして、「頼まれたことは、こちらからお願いしてでもしたいことかどうか、1日置いて考える」がつきます。ですから、企業からのお誘いも、こちらがお願いしてでもぜひやりたいことかどうか、よく考えて返事をします。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事はたいてい文章でやりとりされます。くだらない話だと思うかもしれませんが、誤字には気をつけましょう。どんなに立派な内容の報告書を作成したとしても、最初の一行目に誤字があったら台無しです。読んだ上司は、「なんだこいつは」という気持ちになります。上司への文章は提出する前に精査する習慣をつけるべきです。

スピーキングに関しては、最初のうちは身の回りのことを英語で表現してみるのがよい方法です。たとえば電車に乗る際に、「I got on a train.」とつぶやいてみる。このとき、「自分でつぶやくだけでは、文法が正しいかどうかわからない」と思うかもしれませんが、ここでは文法の正しさよりも、間違ってもいいので表現してみることに重きを置きます。最初のうちは理想的な正解を求めずに、自分に可能な表現をしてみればいいのです。

現在の大きなテーマは技術継承です。社員の約8割は技術系で、分野は水力・火力・原子力・送電・通信・化学と多岐にわたりますが、設備の改良などを続けることにより、技術が途絶えないようにしています。

勉強会やセミナーなど、リアルな出会いの場で築いた人脈は、あなたの財産になるものです。自分だけの宝物を育てていくような意識で、無理せず長い目で付き合っていくことが、人脈をつくるコツだと思います。

他責にしないということが重要です。「円安だから儲からない」「政策のせいだ」などと誰かのせいにする経営者では、会社は潰れます。

協力を頼みたい相手が忙しそうにしていたら、「こんなときに申し訳ないんだけれど……」などと前置きをしたくなりますが、これは逆効果。遠慮がちに話しかけられると、相手はかえって「断わってもよいのかも?」と思ってしまいます。ここはいきなり本題に入るのが正解です。「目的を明確にしつつ振る舞う」ということです。何をしたいのかをハッキリ示せば相手も対応を決めやすくなり、それがひいては「仕事のしやすい人」という印象につながるのです。

いくら夢や希望を熱く語っても、当社は製造・小売業なのですから、結果を出せるスキルがなければ戦力にはなりません。

ページの先頭へ