糸井重里の名言|1ヵ月に1個、新商品を出せと言われたら絶対できない

このエントリーをはてなブックマークに追加

もともと商品開発に自信はありました。同時に、1ヵ月に1個、新商品を出せと言われたら絶対できない自信もある(笑)。でも、それでいいと思うんです。商品開発のプロじゃないから構わない。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

謙虚に素直に学びたい。すべてに学ぶ心があって、はじめて新しい知恵も生まれてくる。学ぶ心が繁栄への第一歩なのである。

正社員を減らして非正規社員を増やせば、企業は人件費を減らすことができます。しかし、それは言葉を換えれば、労働力の使い捨てにほかなりません。最初から長期間雇用するつもりがなければ、教育しても仕方がないので、どうしても企業の人材育成は疎かになります。また、同じ職場で長く働くことで可能だった技術継承もできなくなります。

今の時代、自分の野心をあからさまにしていると嫌われる。むしろ、家族のため、社会のためなど自分以外の何かのために一生懸命に働いている姿を見せている人が好かれる。

人脈を維持するためには、相手に「人」「機会」「情報」を提供すること。

平凡な人に非凡なことをやらせるのは難しいこと。平凡な人が平凡なことをちゃんとやる。それが大きな力になる。

幸福になることはまた、他人に対する義務でもある。

チームの足並みが揃わない。そう嘆くより、いま一度メンバーの能力や性格を見つめ直し、それぞれが活躍できるような環境や、評価の仕方を考えてみてはいかがでしょうか。

一時は日本人らしさを出してはいけないような雰囲気がありましたが、もうそういう時代ではありません。海外で活動するには、日本人の骨格を意識して、それを他国よりも競争優位につなげることが大事なのではないでしょうか。

安易な間違いはしないように厳しく伝えていますが、必死に考えても、どうしようもない間違いはある。だから思い切ってやってほしい。お客様に迷惑をかけなければ、会社に多少の損害があっても、それは将来のための投資だと思っています。

問題は、みんなで共有できて初めて意味がある。その意味での問題発見ができる人こそが、リーダーになれる。

ページの先頭へ