糸井重里の名言|アンケートの弱み

このエントリーをはてなブックマークに追加

こういう商品を作ってほしいとか、この商品をこう改良してほしいというご意見は、なるべく聞かないようにしています(笑)。もちろん、お客さんのご意見は聞きますが、モニターとして意識しすぎると、「あぶはち取らず」になってしまう。だから、意識しすぎないようにしています。アンケートも当てにしすぎるといけません。どうしても「考えるために考えた」アイデアが入りますから。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業からの問い合わせの中で多いのは、自社に管理職候補者がいないので管理職経験者を中途採用したいというものと、過去に採用したが、うまくいかなかったのでどうしたらよいかというものである。失敗例で多いのは、人材紹介会社に依頼し、経歴や職歴など見た目の印象で即決してしまうパターン。人材紹介会社は採用が決まるごとにお金が入るフィー(手数料)ビジネスなので、どうしても求職者のスペックのよさを強調する。しかし、どんなに素晴らしい経歴の持ち主でも、よく吟味しないで採用すると、社風に合わないということで辞めることになる。

いくつになっても諦めずにチャレンジすることが、長い人生を面白くするコツ。

1年は早いですね。毎年、どんどん早くなっている気がします。追われるはかりで、日常を見失う感じにはなりたくないです。もちろん、私はこの仕事が好きだし、自分が生きていく上でお芝居は大切だし、すごく楽しいことです。だからこそ、自分の時間を大事にしていきたい。ご飯を作る、洗濯をする、友達と会う、たまに実家に帰って家族と過ごす……。私を支えてくれているのは、日常的で当たり前のことばかりです。

ラジオもテレビも番組には多くの人が関わっています。私は新人という立場を利用して、いろんな人に話しかけ、質問をさせてもらっています。

あらゆる人やモノに位置情報を付加することで、地図の可能性は無限に広がる。最も分かりやすい例はカーナビですが、他にもセキュリティーや防災、商圏分析、動態管理、観光案内など、様々な分野でのサービスが考えられます。その基盤となる地図データの精度と鮮度をより高め、利用価値を革新し続けることが、我々の使命だと考えています。

説明するというアウトプットを意識してインプットをすると、スムーズに必要な情報が頭に入ってくる。

成績を出した過去の自分と競争するのではなく、今の自分の力を最大限出そう。

学習する方法を人が機会に学ぶ時代は来ると思いますね。人間が最も学習しやすいのは、難しすぎず、簡単すぎない問題を与え続けられること。「フロー状態」と言いますが、これを機械がパーソナライズできればいいのだと思います。

「捨てることが苦手」と思われる人は、「やめるべきではない」という理由が似たようなものでした。その理由は、「○○にとって必要だから」。9割やめるべき理由があるのに、1割のメリットにとらわれ、やめられないのです。

異業種の人のほうが、この業界の常識にとらわれずに、「なぜだろう」「どうしてだろう」と原理原則から取り組むことができる。同業種だと、「こうなっているのが当たり前」と見なして、無理・無駄の存在する現状を肯定しながら進もうとする。改革には現状否定が欠かせない。

ページの先頭へ