糸井重里の名言|安いを追い求める流れが、いい流れのようには思えない

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は、世の中がデフレになりかけた時期に、「安い、安いでいいのかしら」という百貨店の広告を作ったことがあるんです。このときにはすでに広告コピーまで「安い」が最も効果的な言葉になってしまっていました。けれど、「安い」ことが一番の価値なら、広告をするより値段を下げたほうがいいし、そうした「安い」を追い求める流れが、いい流れのようには思えませんでした。「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」で最初のTシャツを作ったときも、たくさん作ったことで原価は安くなったけれど、安さで勝負する気はなく、やっぱり動機が大事だったんです。仲間と一緒に着られるTシャツを作りたい。その時に、買ってくれる人がいると原価が下がるから、よかったら買いませんか?というくらいの気持ちでした。そしたら、欲しいと言ってくれる人がけっこういた。3000枚売れたのですが、まさかそんなに売れるとは思っていませんでした。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世の中全体が外に答えを求めすぎているように感じる。だが、外部に答えを求めたところで正解はまず得られない。答えは自分の中にしかない。

日本人のホスピタリティーは世界が手本にする。お金を払いたいと言うくらい、日本のノウハウは世界が欲しがっている。だから日本で成功したモデルを世界に展開することはビジネスとして成立する。

これからの4年間、ロンドン五輪やリオ五輪とは異なる悩みが、私の前に立ちはだかると思います。そのたびに「自分は何者か」と問いながら、答えを見つけて乗り越えていきたい。そのヒントは周りにたくさんあると思う。

初めての仕事ばかりでしたが、弱音を吐かず正面から向き合いました。「虚心坦懐(たんかい)に臨めば難題も恐るるに足らず」。長い海外暮らしでそんな心構えを身につけたからこそ、やり遂げられたと思っています。

基本的なセオリーを理解したうえで現場にも強い。そんな専門家による論考が普段立ち寄っている場所で見つかれば、必ず目を通します。

ひとつのテーマを2、3年考え続けるのは難しいものです。しかし、世の中には実際、よくこのビジネスでこれだけの売上を達成できたと驚くような中小企業が数多く存在します。そのような会社の経営者は、自分のテーマを諦めずにしつこく考え続けた人たちです。

君の鉄道だって!?とんでもない。君の鉄道は私の得意先の皆さんの所有物だ。
【覚書き|ある鉄道会社社長への言葉。モルガンには投資家こそ会社の所有者だという信念があった】

ページの先頭へ