辺見芳弘の名言|上司の好みで昇進が決まる会社は必ずおかしくなる

覚えがめでたい人が昇進している会社は必ずおかしくなります。僕が経営者なら、まさか自分の部下が好みで部下の昇進を決めていないだろうなとチェックします。昇進させるか否かの判断は、ビジネス上の能力に基づくべきです。気に入られようなどと考えず、ビジネスマンとして重要な能力を蓄積することに専心してください。必ず評価につながります。

辺見芳弘 の経歴

辺見芳弘、へんみ・よしひろ。日本の経営者、コンサルタント。東ハト社長。慶應義塾大学商学部卒業後、ハーバード大学でMBAを取得。その後、外資系コンサルティング会社ボストン・コンサルティング・グループに入社。同社でパートナーを務めたのち、アディダス・ジャパンに移り副社長を務める。その後、東ハトの社長となり経営再建を行った。そのほか、経済同友会新規事業委員会副委員長などを務めた。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ