スティーブ・ジョブズの名言|死は生命にとって唯一にして最高の発明だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

死は生命にとって唯一にして最高の発明だ。
【覚書き|すい臓がん手術をした後に語った言葉】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社員からのリアルな声も聞きたくて、「車座」という座談会を定期的に開催しています。10人前後の社員を集め、ざっくばらんに「ここがおかしい」「もっとこうすべき」などと言い合う場です。

市場の変化とは、本質的に顧客の行動の変化です。いままでは何気なくお金を使っていたけれど、これからはそうはいきません。新しい価値をどこに見出していくのか、何が大切だと考えるようになるのか。顧客の動きを察知し、景気後退期における価値の再定義を急がなければなりません。

「みんなと一緒」も、もちろん大事なのですが、それだけでは人生はつまらないし、勝負に勝つこともできない。

テーマパークマンションは10人中9人が嫌う物件。しかし、そのリスクを取ったから実りがあった。リスクを果敢に取らないと、何も得られない。

フェアトレードのコンセプトは非常に良いものなのですが、ビジネスを展開していくには、それだけではなく、やはりもっと品質やデザイン、ブランディングで他社に負けないように作らなければいけない、ということに気づいた。

改めて勉強し直そうと、為替の世界で有名なバンカー2人に教えを請いに行きました。「為替を見る時に一番大切なことは何か」と問う私に対して、2人は「短期的な動きに惑わされず大局観を持って本質を見極めること」「そのためには歴史を学ぶことが重要」と答えました。主要国の政治、経済、金融、貿易の流れを押さえる。どこかに大きなひずみがたまると、必ずそれを解消する方向に変化が起きるので、その兆しを見逃さないことが大事だと教わったのです。

ものをつくるにしても、買う方に変化がないときにつくる企業と、刻々と情勢が変化するときにものをつくっていく企業――常に先手を打っていかねばならん企業――と、どちらが進歩するのか、これははっきりしている。

20代の頃、小隊長だった私には50~60人の部下がいました。内務班といって、独身の隊員が生活を共にしながら任務遂行にあたります。苦労したのは規律の維持で、私が直接指導してもなかなか遅刻などの問題が減らなかった。悩んだ末、あるとき、5~6人の下士官に内務班のルール作りと指導を任せました。すると、それまで指導される側だった下士官たちが指導する側に回ったことで、ガラリと意識を変えました。結果、小隊内の規律が大幅に改善したのです。

昔から天下の政治を執るほどの者でも、一度は滅亡の時期はある。人生は短いのだから、醜い心がけが決してあってはならない。

チームメンバーの力量は、それぞれです。シンクロのチームは8人で泳ぐのですが、一番高いレベルの人に合わせています。高さが一番の人、スピードが一番の人、ジャンプが一番の人、それぞれの一番の人に合わせます。それは当然で、もし四番目の人に合わせたら、一番の人に「全力で泳いではダメ。手を抜いて泳ぎなさい」と言っているのと同じことになってしまいます。これは一番の選手に対して大変失礼なことではないでしょうか。

ページの先頭へ