スティーブ・ジョブズの名言|死は生命にとって唯一にして最高の発明だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

死は生命にとって唯一にして最高の発明だ。
【覚書き|すい臓がん手術をした後に語った言葉】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

なぜ改めて歴史を学ぶ必要があるのかというと、100年、200年という長期的な視点で物事を見ないと、本質を見失ってしまうことがあるからです。

魚の目利きは経験だ、カンだと言いますが、鮮度の悪い魚はどう見ても鮮度が悪いし、良いものは良いのです。目利きのための情報をきちんとデータベース化すれば、誰でも目利きはできます。もちろん職人芸の領域はありますが、それはせいぜい5%。残りの95%は科学と流通の合理性でカバーできます。

総理になった時、亀井(静香)さんがこう言った。「あんたが総理になったのは天命だよ。だから諦めて腹決めてやりなさいよ」。諦めて総理をやるっちゅうのはめったにない話だけどな(笑)。確かに70議席しかない政党の代表が総理になるのはあり得んだろう。歴史的な必然性があると思った。だから戦後50年の節目に、村山内閣でないとできないこと(総理大臣談話)をやらせてもらった。

組織の壁を超えて駆けずり回り、関係者全員を説得し倒す。あるいは、上下関係のないところで、自分とはまったく違う価値観を持った人たちと信頼関係を築き上げる。そのような能力がいま重要になってきている。

私が西武百貨店に勤務していた30歳前後の時期に、自分で自分にハードなトレーニングを課しました。具体的にいえば、「どんな課題でも2時間で答えを出す」という訓練です。私は上司から振られた問題について、いつでも2時間集中して考え、必ず2時間で答えをアウトプットするよう自分に課しました。当日の夕方までには必ずレポートを書いて提出しました。クイックレスポンスです。いわばバッティングセンターのように、堤さん(堤清二社長)が次々投げ込んでくる剛速球を、とにかく必死に打ち返すのです。ファウルでも当たり損ないのチップでもいい。打ち返すことが大事なのです。見送りや空振りはダメです。こうした訓練を連日積み重ねたことで、私の頭の中には、必ずアイデアが浮かんでくるという一種の癖が形成されました。

新しい企画は、実現するまでは形が見えません。企画会社は形の見えないものを人に売らなくてはならないんです。そして、形の見えない、コンセプトの説明が必要な商品については、トップ営業が大切です。相手に社長としての信用を提示して営業しなくてはなりません。

我々長期投資家は、生活者と企業とが強力な二人三脚を組んで、良い社会を築いていこうとする図式の主役である。

ページの先頭へ