スティーブ・ジョブズの名言|死は生命にとって唯一にして最高の発明だ。

死は生命にとって唯一にして最高の発明だ。
【覚書き|すい臓がん手術をした後に語った言葉】

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ホワイトハウスの中にも外にも、私を公然と非難しようと手ぐすね引いて待つ人々は大勢いた。そういう騒音に知らん顔をするのは心苦しかったが、ビルと私は、自分たちを奮い立たせるために何ができるかに意識を集中させた。新しい環境のための新しい戦略を練る必要があった。

初めて営業マンと会ったとき、お客さんが一番気になるのは、「この営業マンは自分に何を提供してくれるのか」ということです。しかし営業マンが「自分は○○が得意で……」と自己アピールすると、どうしても胡散臭くなりがちです。一方、名刺に自分の得意分野や所有している資格、仕事の実績などを書いておけば、さりげなく自分をアピールできます。

徳をもって周りの人々を活かしていくためには、自分にとらわれない広やかな心が必要です。それを養うのが「自分を忘れる工夫」、つまり「無心」になる修行なのではないでしょうか。

感情は抑え込もうとすると逆に大きくなる。イライラしているな、と思ったら、それを無理に抑え込もうとするのではなく、「今、自分はイライラしている」と認めるようにするといい。「イライラしないようにしよう」ではなく、「ああ、自分は今イライラしているな」とちょっと離れたところから眺めるようにして、その感情を認める。それからそれを受け流す練習をしましょう。

起業家の人たちって、熟考していたと思ったら、急に違う方向に走り出すような変な「スイッチ」みたいなものを持っているのかもしれませんね。彼らを見ていると、どこかしら変わったところがある気がします。

実は、節約に向いている男性は意外に多い。固定費では、各社のプランのサービス内容や料金を比較して、お得なプランに乗り換えるような節約が男の人は得意。反対に、節電には一生懸命になるのに基本料金は手付かず……というのが女性に多い。

当社が対象にしているお客様は1回当たりの注文個数が少ないうえに、その頻度も低く、不定期です。数カ月に1度というケースもあれば、数年に1度というケースもありますが、単品で困っている方はたくさんおり、その人たちからの注文をかき集めれば相当なボリュームになります。その手段として、最もコストパフォーマンスが高いのがネットなわけです。

若い社員が毎日終電間際まで働いて疲れ切っていますよね。上司が残っているから部下が帰りにくいといった、職場の和を重んずる雰囲気もいまだに残っている。でも、もう会社が一生を保障してくれる時代でもないし、必ず給料が上がる時代でもない。そろそろ会社のためにとか、自分の出世のためではなく、自分の時間を充実させるための仕事の効率化というものを、真剣に考える時期に来ていると思います。

まずは、自分が生まれた国のことを知ること。それにより、自分が何者なのかを理解して初めて、他の国の人々とも信頼関係を築くことができます。

私は頭ごなしに指導しているように見えて、実は押したり引いたりしているんです。追い詰めていると思ったら、パッと救いの手を差し伸べる。でないと、その子を駄目にしてしまいますから。選手を追い詰めていることに気づかず駄目にしている指導者は非常に多い気がします。とくに「この子のため」と使命感に酔っている指導者はそうなりがちです。そんなの最低やと思います。

難しい状況になっても、「ここで諦めたら負けやろう!」とか、現状に納得いかなければ「見返してやる!」というふうに、燃えてくるものがある。

かつて「マーケティング」という言葉は、販売促進や営業支援の意味で使われることが多かったのです。でも、マーケティングの本来の意味はそうではありません。ヒト、モノ、カネといった経営全般に関わるとともに、顧客ニーズを把握し、それに会う価値を提供することがマーケティングです。

これは日本だけでなく世界共通ですが、チームに対する方針が明確でブレないこと、それに即して個別に、「君はこうすべきだ」「こうすべきではない」という技術的な指導をしてくれる監督を選手は望んでいます。

ページの先頭へ