スティーブ・ジョブズの名言|直感の重要性

抽象的思考や論理的分析よりも、直感的な理解や意識の方が重要だと気づいたんだ。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

おそらく、神様が頭を打てと仕向けたんでしょうね。周囲に対する日ごろの行いがあまりよくなかったんでしょう。自分は天才だとか、自分中心に世界が回っているとか。僕がよければすべていいという考えがあったのだと思います。
【覚え書き|練習中の事故で重傷を負ったことを振り返っての発言】

石川朋之の名言|おそらく、神様が頭を打てと仕向けたんでしょうね


トップが「売る」と決断し、その覚悟を示せば、社員も「しょうがないな」と思いながらも動いてくれる。トップが不退転の覚悟を示し、商品を店頭の目立つところに山積みにしてもらえば、たいていは売れるもの。

鈴木喬の名言|トップが不退転の覚悟を示し、商品を店頭の目立つところに山積みにしてもらえば、たいていは売れるもの


一番難しいのは、わずかなバランスが、作品の良し悪しを決定すること。作品全体を俯瞰して、各工程を性格に逆算するのはある程度経験を積んだいまでも難しい。作品の良し悪しがわかるようになったいまのほうが、バランスをとる難しさを感じています。

三浦孝之の名言|わずかなバランスが、作品の良し悪しを決定する


40を前に、お金を使わないとハッピーになれないという生活態度を変えないとヤバいことになると考えるようになって。お金って、いつまでも稼ぎ続けられる訳じゃない。これまでの人生が上り坂だとしたら、これからは下り坂。会社に勤め続けたところで定年になればガクッと収入は減ります。その時に、お金と自分の幸せを比例させているままだと、その先の人生はどんどん、我慢とか、みじめとか、きついものになっていく。それは絶対に嫌だなと。

稲垣えみ子の名言|お金と自分の幸せを比例させているままだと、その先の人生はどんどん、我慢とか、みじめとか、きついものになっていく


進歩と歩調を合わせて進む方が、進歩を妨げるよりも健康的である。

ヘンリー・フォードの名言|進歩と歩調を合わせて進む重要性


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ