スティーブ・ジョブズの名言|直感の重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

抽象的思考や論理的分析よりも、直感的な理解や意識の方が重要だと気づいたんだ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

イライラしにくい土台を作るために、心身ともにリラックスするような副交感神経が働く習慣作りが大事。

ブランド価値の確立ができていないと、どうしても価格勝負に行かざるを得ません。

そのプロジェクトによって誰かが幸せになるのでなければ、多大な時間とエネルギーを費やしてやる意味がないし、自分自身も楽しくない。

その会議の結果が素晴らしいプロジェクトとして花開いて、いつまでも人々の記憶に残ることはあっても、会議で誰が活躍したかなんて、誰が覚えていますか。

努力しないでいると、自分の味はどんどん下がっていきます。成長を続けていて初めて、現状維持だと思っています。それに、「もっともっと」と思っていれば、仕事が楽しくなりますよね。

日本にR&D(研究・開発)拠点を持つのは、現地の様々な顧客の悩みやニーズに応えられる体制を作るためです。ある場所で生産したものが、世界中で競争力を持つ時代ではないのです。

君は、みずからの人格と他のすべての人格のうちに存在する人間性を、いつでも、同時に目的として使用しなければならず、いかなる場合にもたんに手段として使用してはならない。

時間が足りないと文句を言う人は、深層心理では逆に、「そんなに働かなくていいじゃないか」というブレーキをかけているような気がします。今日中に片づけるべき10個の仕事があっても、無意識のうちに全体から目をそらして、とりあえず目の前にあるひとつひとつの仕事から手を付けていく。「できるところまでやればいいや」という発想なんですよね。ただ、それでは仕事を効率よく進めるための計画も立てられないし、仕事の優先順位も見えてきません。結果は10個あるうちの4個しか片づけられないような事態を招いてしまいます。それでも本人は、一生懸命働いた気になって、深層心理で自分にブレーキをかけていることに気づいていないのです。

週二日間、大学で教えるのにも、それなりの準備が必要なので、資料作成などは直前に集中して仕上げます。ダラダラやるのは、性に合わないんです。

芸術なんてもの、それを見極めて捨てたところから開けるものなんだ。芸術に憧れたり、恐れたり、糾弾したり、追いかけたりしている間は、まだ本当の芸術に到達することはできない。

ページの先頭へ