スティーブ・ジョブズの名言|直感の重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

抽象的思考や論理的分析よりも、直感的な理解や意識の方が重要だと気づいたんだ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

国内だけに目を向けた医療ではこの先、不十分で、世界標準で通用する医療でないと真の高度医療とは言えない。

小さい頃からいろんなことに興味を持つことで、人の脳は、どんどん磨かれていく。

哲学とは「問い、考え、語ること」と、私はいつも説明しています。特に「問う」ことは哲学の肝です。問いを決めるのに時間をかけるのは、何をどのように問うのかが、私たちが考えることを決めるといっても過言ではないからです。

あなたには「貧しくなる自由」があります。でも「貧しくならない自由」もある。何事も、自分で決めるということです。大事なことは、チャンスを自分でつかむこと。

人に仕事を頼むときは朝一番でするようにしています。そうすると頼まれた人は、朝から私のために働いてくれます。ひょっとすると、その人の一日を間接的に使えるかもしれません。また、人は朝の方が前向きで元気ですから、夜よりも引き受けてくれやすいのです。

帰納ではなく演繹でしか考えられない人は、日本の学校では良い成績が取れるでしょうが、地頭は鍛えていませんね。一生懸命に憶えたいくつかのセオリーが思考の型になってしまって、事実を無理やりその型にはめてしか解釈できない。

たくさんの方の意見の集合が良いものを生む。

ページの先頭へ