スティーブ・ジョブズの名言|直感の重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

抽象的思考や論理的分析よりも、直感的な理解や意識の方が重要だと気づいたんだ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

アメリカで通用するものをつくるためには、まずは現地でアメリカ人の気持ちを持って仕事をしなければならない。

真実というものは、そう簡単に知ることはできない。なのにニュースで流れた見出しだけで瞬時に事実として理解するのは危険なんじゃないの?

家庭の雰囲気って、大きいと思いますね。私が本好きになったのは、父親の影響も大きいと思います。

2年間の夫との闘病生活は、それまでに体験したこともない苦しみや悲しみを突き付けられた日々でした。けれども、いくつかの大事な拾い物をした気もしています。そのひとつが、家族の大切さに改めて気づいたこと。私に仕事をこんなに頑張らせてくれたのは、家族が許してくれたからだと今まで以上に感謝するようになりました。また、家庭より仕事が大事なんて人はめったにいなくて、みんな家族が一番大事なんだということが、自分目身が家族優先になってみて、心底わかりました。

「スケベ心を出したらアカンで」と社員にはよく言っています。たとえば「ブレスケア」のキャッチコピーは「ニンニク料理・アルコールの後に」です。この2つを明確に打ち出すことで、ガムや清涼菓子など口臭ケアの商品がたくさんある中でも選ばれるようになる。売れたからといって一般の口臭予防の商品を出しても、競合商品とバッティングしてしまう。ブランドの力を大きくするため、あえて対象を絞るんです。

着眼大局、着手小局。

従来から人脈をつくる出会いの場として異業種交流会がありましたが、主催の趣旨や会の事前情報がつかみづらく、ただ名刺を交換するだけの場になっているケースも少なくありません。その点、勉強会やセミナーは自分が何を学びたいかという目的によって参加する、また、同じ目的を持った人が集まるため気が合う人と出会える確率が高いといえます。共通の目的や趣味を持つ友人が欲しいと考えている人は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ