スティーブ・ジョブズの名言|直感の重要性

抽象的思考や論理的分析よりも、直感的な理解や意識の方が重要だと気づいたんだ。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

工作機械は安定的に動き続ける信頼性が命です。工作機械の主軸は新幹線の車軸の10倍の速度で回転し、休まずに金属を加工するタフさが求められます。ですから品質とは信頼性で、その先に納期や価格などの話があります。当社の企業理念、「品質第一」を徹底的に守っていく覚悟です。

最近は、40代、50代でも若々しく活力のみなぎった経営者が増えています。生活や仕事の充実感といったものが、そのまま顔や体に表れているのでしょう。自分もそうした先輩方のように、格好良く歳を重ねていきたい。それには、アスリートのように常に挑戦し続けることが大切だと思っています。

日替わりで班長を変える日替わり班長制度は、「あの人が班長のときには負けたくない」という競争心が生まれる効果もあります。しかし面白いのは、逆に自分が班長のときより、ほかの人が班長のときのほうが一所懸命になる人がいることです。そうしないと自分が班長のとき、周りが協力してくれませんからね。

ただひとつ確かなこと、「新しいことをした者が勝ち、しない者は負ける」ということだけを胸に刻んで行動することが大事です。

緊急でも重要でもない仕事は、放置しても大丈夫です。たいていは状況が変わって必要なくなったり、誰かが片づけてくれたりして、自然にリストから消えていきます。

部下にとって頼りになる上司は、本当に困ったときにアイデアや人脈や情報で助けてくれる人です。たとえば、企画で行き詰っているときにひと言ヒントをくれたりとか、人脈がなくて悩んでいるときに、キーパーソンを紹介してくれたりとか。それができる上司になるためには、誰よりも早く会社を出て、最新情報の収集にデパートをのぞいたり、学生時代の友達と会って情報交換や人脈づくりをしてみたりといった努力が不可欠です。

夢とは生きる原動力です。私が活動しているのはバングラデシュですが、現地の仲間とは住む国や肌の色が違っても、ひとつの夢に向かって熱くなっているんですよ。楽しいとしか表現できませんね。

基礎科学の研究からは、未来へのヒントは得られるが、産業のエンジンとしてのテクノロジーは生まれない。そしてテクノロジーをつくり出すのは、科学者ではなくエンジニアだ。ただし、テクノロジーだけではイノベーションにならない。

経営会議の内容は議事録にして、各地の事業所長にも回します。議事録というと、個条書きで簡潔に整理されたものがよくありますが、字面を見ても議論の経過はわかりません。誰がどんな議論をし、それに対して誰がどう答え、どんな議論を重ねて結論に至ったのか、しっかり書きとめて伝えます。それを読めば、出席していなくても議論が揉めたのかどうか、どんな考え方で集約されていったのか手に取るようにわかります。この情報を共有することで、思考のベクトルが揃い、事業所での意思決定も迅速に行われるようになるのです。

伸びが実感できない時は、「今は横ばいの期間だ」と思えば、冷静でいられる。

我々はエージェント、職人なんです。自分のお金ではなく、お預かりした資金を運用する以上は、やはり見られているということですからね。ですから、投資家さんからお預かりした資金の中で何をやるか、また、やらないかの見極めが大事だと思っています。

経理について学びたいと思っていたところ、優秀な新入社員が私の所属する事業部の会計課に入ってきました。頼み込んで朝の会計学の勉強会を一緒に始めました。おかげで知識を身につけ、満を持して起業できたのです。

不振店の店長の特徴は、スタッフとの小さなコミュニケーションを疎かにして、ミーティングに多くの時間を割くことです。スタッフは自分の時間をとられることを嫌いますから、これは逆効果です。たとえミーティングの場で褒められたとしても、リアルタイムで褒められた場合に比べて喜びは減ります。注意するにしても、その場で言われないと忘れてしまいます。

ページの先頭へ