関根勤の名言|親は味方だということを子供に伝えることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

娘には「親は味方だ」ということをハッキリ言葉にして伝えました。いじめにあったときなど、世間の子はそれを親に言わないで事が大きくなることが多いですよね。僕は娘のためなら死んでもいいと思っている、だから何かあったらすぐに言って欲しい、と伝えました。


関根勤 の経歴

関根勤、せきね・つとむ。日本のお笑いタレント、コメディアン。東京出身。日本大学法学部管理行政学科に入学し、在学中に出演したTBSの『ぎんざNOW!』素人コメディアン道場で5連続勝ち抜き初代チャンピオンとなる。その縁で浅井企画から芸能界デビューする。その後、様々なテレビやラジオ番組に出演し人気を博した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

考えるということを含めての訓練というのは、やはり読書、言葉を操って物事を考えていくことによって身につきますし、次の何かを考えたり次の何かを思いつくきっかけもまた、読書によって手に入れられるのです。間違いなく本を読んだ人の方が勝ちです。

小学校の教員時代、問題は子どもにあるのではなくて、教える側にもあるのではないかと考えました。理解力のある子の教育はだれでもできる。しかし、飲み込みの遅い子どもを育ててこそ教育ではないか……。このことに気づいてから、私は「絶対に落ちこぼれをつくらない」と決めました。要は、分かるまで教えればいいのです。子どもがどこでつまずいているかを知り、そこを丁寧に教えることで、全員が理解できる。そして、テストでは百点満点を取るまで何度でもくり返すと決めたのです。そうすると、やっぱり子どもたちは、飲み込みの時間の違いはあれど全員が百点を取れるようになりました。

教育とは「師生同学」だと、私は思っています。先生と生徒が同じ目線で学ぶということです。上から目線ではダメなんです。

いまの親は、子供の能力を冷静に見る観察眼を磨き、子供の選択に対して、ときにはNOときっぱり言える賢明さと自信を持つ必要があるように感じます。子供はいつまでも親のスネをかじっていられると思うから「好きなことが見つからない」と甘ったれた言葉が口にできるのでしょう。とりあえず食べていかなくてはならない状況なら、好き嫌いはさておき、収入を得る道を探しているはずです。

公文式は個人別指導という点が、支持される理由として大きいと思います。例えば目の前に小学3年生の子がいたとします。普通は、3年生だからこの内容といった考え方をしますよね。しかし、同じ小学3年生でも学力には大きな個人差があります。公文式の場合は、「その子が持っている学力がどうか」からスタートします。インストラクターを通じて、その子に最適な課題を与えます。私たちはそれを「ちょうど」と言っています。ちょうどの課題が与えられれば、子供はできる。そして、できたという自己肯定感が自信になり、学習意欲が出て、もう少しやってみようとなります。これは日本も海外も基本的に同じです。ここに、あまり躊躇せずに海外展開できる理由のひとつがあります。

子供の教育で大切なのは、タガのはめ方と、外し方なのだ。タガを外しすぎれば、桶はバラバラになってしまう。タガをきつくはめすぎても長持ちしない。自由に何でも好きなことをしなさいと言われたって、何をしていいかわからないという子供が多いんじゃないか。自由というのはある程度の枠があって初めて成立する。なんでもやっていいよという枠のない世界にあるのは、自由ではなくて混沌だ。子供に自由の尊さや、喜びを教えたいのなら、きちんとした枠を与えてやるべきなのだ。

専門的な知識を習得することではなく、自分の頭で考えたり判断する一般的な能力を発達させることが、いつでも第一に優先されるべきです。

ページの先頭へ