スティーブ・ジョブズの名言|ハングリーであれ、愚かであれ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハングリーであれ、愚かであれ。
【覚書き|スタンフォード大学卒業式での発言。出典はある雑誌の裏表紙に一本の田舎道の写真とともに書かれていたキャッチコピー。ジョブズ氏はこの言葉を大学生時代から好んで使っていた】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の「仮説」が不確かなものでも、自分と似たリソースの人に相談すると、同じようなロジックから、同じような結論に至り、賛同ばかりを集めてしまう恐れがあります。年齢、性別、学歴、業種、趣味……。強度のある「仮説」とは、このようなリソースの異なる人々に意見を求めていくなかで、進化して最終的に導かれるものなのです。

トラクターを製造しているジョンディアが農業従事者たちに配布している冊子には、トラクターの商品情報ではなく、彼らが関心を持ちそうな田園のライフスタイルや科学的農法などが紹介されています。顧客が関心を持つ「カスタマー・スイートスポット」を見つけ、それを中心に、顧客が参加できるプログラムを作ることが重要です。直接宣伝をしても顧客はなかなかついてきませんが、「カスタマー・スイートスポット」を通じてならついてくるのです。

社長時代、夜7時以降の残業を原則禁止にした。だが、最初は7時15分までといった具合に、社員にちょっとずつ残業をさせる支店がほとんどだった。制度をつくっても、きちんと運用されなければ意味がない。そこで人事担当者に、最も残業が多い支店の支店長を呼び出して注意させた。効果はてきめんだった。あっという間に全支店に情報が駆け巡り、こうした行為はやんだ。

本当におしゃれな人ほど「王道」を極めているものです。基本をとことん試し尽くして、自分のものにすることこそが、王道を極めるということです。そして王道を極めてから、改めて自分の好みを少しずつ加えて、センスを磨き、個性を表現すべきです。

何か突出した関心を持つことによって、その周辺の分野にも興味を広げていく可能性が出てきます。

英国の企業でまず気が付いたのは、一般にボード(取締役会)の規模が小さいことでした。取締役は16から17人で、活発に議論できました。ところが東芝では、僕が役員になったときが27人で、その後に30人を超えました。しかも、日本では取締役の中にも、副社長、専務、常務といった階層があります。

段取りをきちんと組み立てておきさえすれば、次に同じような仕事が発生したときに活かすことができます。段取りが計画書やスケジュール表にまとめられていたら、それを次の仕事にも活用できるのです。

ページの先頭へ