スティーブ・ジョブズの名言|ハングリーであれ、愚かであれ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハングリーであれ、愚かであれ。
【覚書き|スタンフォード大学卒業式での発言。出典はある雑誌の裏表紙に一本の田舎道の写真とともに書かれていたキャッチコピー。ジョブズ氏はこの言葉を大学生時代から好んで使っていた】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部下に示す方向性(目標)によって、組織のリーダーの力量がわかります。部下が大いに燃えて、それこそ世界的な偉業を達成できれば、そのリーダーは本物です。ただ、言うは易しです。私はアナログ技術全盛時代に「オーディオでデジタル技術を導入する」という方向性を打ち出しました。幸運にもCDの標準化を若い技術者に与えて成し遂げることができました。

ビジネスはやりたいことをできるのが一番成功の確率が高いと思っていますし、第一、やっていて楽しいことが何よりだと思っています。

頭のいい人は自分の考えがすべてだと思いがちです。なかなか他人の意見を受け入れようとしません。けれど実際に仕事をするには他人の意見に対する理解力が必要なんです。自分の視点だけで世の中を眺めるのでなく、上の人の視線になって想像する場面もあれば、下の人の視線で考えることもある。

語学の勉強にも通じることですが、ボキャブラリーを増やすなら、まず自分の専門分野から掘り下げていくことです。精密機器関連の仕事をしているなら、仕様書や説明書、専門書にあたって、その分野の専門用語や術語、業界語を使いこなすことからはじめましょう。それは自分の大きな強みになります。

ライフネット生命の場合、保険料を半額にして、安心して赤ちゃんを育ててもらいたいというのが、ひとつの大きなミッション。そのミッションを軸に、人を集め組織を構築し、推進していくための「旗」となるのが当社のコアバリューであるマニフェストです。

まず、毎月使っているお金についておおまかに「消費」「浪費」「投資」の3つに分けて考えることから始めてください。食費や住宅費、水道光熱費、教育費、被服費、交通費など、生活するのに必要なものの購入や、使用料としての支出は消費です。外食やタクシー代、嗜好品、ギャンブルなど必要以上に贅沢をしたと感じる支出は浪費。習い事や本代などの中で、自分の人生になると感じた支出及び貯金は投資です。理想は消費70%、浪費5%、投資25%です。できるだけここに近づけていくように努力するといいでしょう。

あらゆる仕事には、最後は退路を断ち切って向き合わなければならない局面がある。

相談されたり、頼まれるのは、必ず理由があります。その理由は、自分では気づいていない「自分の良い評価や才能」だったりするかもしれません。断ることが、自分で評価を上げるチャンスや成長の機会を奪う行為だと考えれば、それがいかに「もったいない」か分かると思います。

我々の最優先事項はホンダブランドを強くすることに尽きます。横着して別ブランドを掲げる前に、少し薄れかけてきたホンダブランドを、若い人が飛びつくような魅力的なブランドに磨いていく必要があります。そこに集中しないと、うちの体力は持たない。

お金を儲けるというのは結果であって、目標ではありません。何に時間を使うかを重視すべきです。どれだけ自分が成長できるかを基準として見極めてきました。これはビジネスでも同様です。稼ぐことより、何に時間を投下すれば一番僕たちらしい価値が出せるかだと思います。

ページの先頭へ