スティーブ・ジョブズの名言|絶対にマネのできない、マネしようとすら思わないレベルのイノベーションを続けろ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

絶対にマネのできない、マネしようとすら思わないレベルのイノベーションを続けろ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

よく「海外で営業するのは大変でしょう?」と聞かれますが、私はむしろ海外のほうがセールスはしやすいと感じています。なぜなら、海外では日本企業の価値が高いからです。とくに私たちが勝負をかけている東南アジアや南アジアでは、「日本製品は品質が良い」「アフターサービスも行き届いていて安心」といった好印象を持たれています。なぜ他の日本企業は、このアドバンテージを活用して積極的に海外へ打って出ないのか不思議なほどです。

プロフェッショナルとは、自分の職責や技術が何かを理解し、任されたことに対して落とし前がつけられる人。

病魔と狂気と死とが、私のゆりかごを見守っていた黒い天使。

以前、アメリカ・フロリダのジャズフェスティバルに参加した時、プロの演奏家とセッションしました。野球にたとえれば、相手はメジャー選手級の方々ばかり。私なんかが一緒にやらせてもらっていいのだろうかと思いましたが、そのくらいすごい人と共演すると、自分でも気づかなかった潜在能力が引き出されるんです。そんな経験があるから、私は若い人たちに「他流試合」をするよう勧めています。組織の中に閉じこもっていてはダメ。もっと自分の知らない人たちと出会い、武者修行をすべきです。

プレゼンにおいて気をつけなければならないことは、「説得してはいけない」ということです。説得とは、相手を無理に従わせようとすること。相手が理解していないようなら、無理に「イエス」といわせてはいけません。全員が同意しやすい話から入っていけば、「イエス」が得られやすいのです。「イエス」の連鎖をつくる構成で話すといいでしょう。

自分だけしかできない仕事をつくることは、休暇に関わらず、よいことではありません。仕事が立て込んだとき、誰も手伝えないので、残業しなければならなくなるし、処理も遅れる。もっといえば、周囲の人がその仕事を体験するチャンスや成長するチャンスを奪ってもいるのです。

僕は長期間にわたってコツコツ努力を続けることができないタイプなんです。だいたい3か月が限度です。

ページの先頭へ