スティーブ・ジョブズの名言|絶対にマネのできない、マネしようとすら思わないレベルのイノベーションを続けろ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

絶対にマネのできない、マネしようとすら思わないレベルのイノベーションを続けろ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

失敗をもともと実験の一過程として捉えれば、その失敗は自ずと新しいチャレンジに紐付いていく。科学的アプローチと同じで、「トライ・アンド・エラー」を繰り返していくことが大切。

真実を語る、誠実に伝えるなど、収録の中で大切にしていることは何点もあります。しかし一番大事なのは、お客様の目線で自分の心から思うことを伝えていくこと。

経験のない若い世代には、発想の転換を必要とした課題も、年齢とともに脳内ネットワークの構築が進み多角的なものの見方が身につくことで、自然と対処できるようになっていく。年齢を重ねることで、人を見る目や、危機を事前に察知するといった直観力が研ぎ澄まされてくる人は少なくない。それはある意味でひらめきの進化形だといえる。

苦手な部下との接触を避けて、気の合う部下ばかりに仕事を頼む課長は多いですが、苦手な部下を動かせないようでは管理職失格です。気難しい部下や仕事ができない部下がいたら、「絶好のチャンス」と捉え、積極的に接触しましょう。このような部下の心を動かして、戦力化できれば、人心掌握のための引き出しが増えるし、大きな自信となります。

厳しい仕事をひとつひとつクリアするなかで、むしろ通信事業という仕事が好きになっていきましたね。

こんな時代だからこそ、一人で海外に出る勇気を持ってほしい。

今の自分があるのは、多くの幸運に恵まれた結果だと感じています。その一方で、幸運を呼び寄せるために相当の努力をしたという自負もあります。

ページの先頭へ