スティーブ・ジョブズの名言|絶対にマネのできない、マネしようとすら思わないレベルのイノベーションを続けろ。

絶対にマネのできない、マネしようとすら思わないレベルのイノベーションを続けろ。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

気に入ったらみんなとシェア

おすすめ名言

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

必要なのは「あと10%の努力」です。いったいどれほどの人が夢中で仕事をしているでしょうか。ほとんどは50から60%の力でこなしているように見えます。日本の企業内競争はとてつもなくレベルが高いものではありません。あと10%を上乗せして70%の力を出せば、抜擢される可能性が高いはずです。わずかの努力があなたをプロに育てるのです。


以前、外資系金融のヘッドハンティングをしている方に「ヘッドハントしたい理想の人材」を聞いたところ、面白い答えが返ってきました。営業成績が優秀な人材はもちろんですが、それ以上に「どんな組織風土でも力を発揮できる人」を採りたいとおっしゃったのです。


好奇心や学ぶ力はまったく変わっていません。たとえば私は60代になってから、新たにポルトガル語の勉強を始めました。この一月にもアマゾンに一人で行ってきたくらいです。


ページの先頭へ