スティーブ・ジョブズの名言|絶対にマネのできない、マネしようとすら思わないレベルのイノベーションを続けろ。

絶対にマネのできない、マネしようとすら思わないレベルのイノベーションを続けろ。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

これから海外の人との仕事は増えるでしょう。議論を恐れず、時には少数派になることを恐れず、積極的に背景の異なる人々と触れ合うのが大事です。

カフェ・コロラド、ドトールコーヒーショップの成功は、時代に沿った業態を創り出して追い風に乗ったということだろう。世の中がだんだんと健康志向に向かっていく中で、健康で明るく老若男女ともに親しめるというコンセプトを持ったカフェ・コロラドが受け入れられた。また、日本人の豊かさ、食習慣の変化、若者文化の台頭、コーヒーが嗜好品から必需品へと変化していったことなど、ドトールコーヒーショップはそうした外的要因の成熟度とともに成長発展を遂げた。要は時代の大きな流れをどうとらえるかということだと思う。

これまで我々の中心顧客は寿司屋さん、高級ホテルなど言うなればプロの料理人でした。そもそも弊社には、規模を追うというカルチャーが存在しませんでした。それゆえ無理な投資を必要としてこなかったことが最大のアドバンテージとなった。

これまで僕は、「自分はまな板の上の鯉になるので、いろいろと料理してください。そうしたら、美味しいものを出しますよ」というスタンスで仕事を引き受けてきました。そうやっていろいろと経験を積んで、自分の「できること」の幅を広げてから反乱を起こせばいい、と思っていましたから。

社長というのは、なかなか落ち着いてやれるものではないと実感しています。国内外の市場環境の変化は激しい。どう事業をアジャスト(調整)するのかという難しさもあります。社長3年目でも「慣れました」とはとても言えません。

日本では、上司と部下とは“縦”の関係にあると思っている人が多いですが、本当は“横”の関係のはず。職場として持っている目標に向かうために、それぞれが役割を分担しているのですから。ですから、「やり方が間違っていると思うけれども、上司だから言えない」というのは、「上司が悪いから、成果が出ない」と言っているのと同じ、責任転嫁です。

禅でいう自由とは、自分がやりたいことを何でもできるとか、欲しいものを何でも手に入れられる自由とは異なる。禅の自由は、文字通り、自らに由ること。自分の足で立つこと。自立をすることである。この自由の境地から、本物の自尊心が湧き上がってくる。現代風に言えば、自分の本当の価値を知ることになるのである。

社外取締役には経済同友会を通じて知り合いだった花王元副社長の渡辺正太郎氏、トヨタ自動車の常勤監査役を務めた井上輝一氏らが入りました。花王もトヨタも国内を代表するモノづくりメーカーです。銀行の現場を自ら徹底して分析し、サービス改革、ローコストオペレーション、「カイゼン」の概念をりそなに持ち込みました。

社長になって間もなく、中東のある国に工事代金の回収に行ったことがあります。すでに3年前に終わった工事の代金の一部を、支払っていただいていなかったのです。担当者が行っても払って貰えないというので、社長の私が自ら出向きました。国内事業は順調なのに海外事業が赤字になっている時期でしたから、ともかく海外の赤字を止めることが先決だと判断したからです。血を流している部分をまず止血して、会社を生き返らせることが急務だったのです。たぶんスーパーゼネコンの社長で、これだけ頻繁に海外に足を運んだのは私だけじゃないでしょうか。

私の場合、4年に一度くらい困難な事態にぶちあたり、そうするとメディアからボコボコに叩かれる。最近は、民主主義社会にはメディアという社会的システムがあるのだと納得することにしたんです。メディアが間違いを犯そうとする個人や会社に対して警鐘を鳴らすのは社会的システムなんです。自分が叩かれるのはつらいけれど、もし、そうしたシステムがないと社会が大きな危機を迎えてしまう。非難に対しては自分自身が強くなっていくしかない。

ページの先頭へ