スティーブ・ジョブズの名言|見えないところにも気を配ることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

偉大な大工は、たとえ見えなくてもキャビネットの後ろにちゃちな木材を使ったりはしない。
【覚書き|コンピュータの中の基盤の美しさにまでこだわった理由について語った言葉】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は、お互いの長所を利用しあう雰囲気が自然発生的に生まれてくるのを、辛抱強く待ちました。
【覚書き|バンダイとナムコの合併直後について語った言葉】

40歳になった年に腰椎椎間板ヘルニアで入院してしまいました。手術後、寝たきりの状態になり、病院のベッドで過ごしながら、気持ちがどんどん落ち込む毎日でした。しかし、その状況を変えたのがリハビリです。少し歩けるようになると、少し気持ちが前向きになる。そんなことを繰り返すうちに、やがて歩けるまでに回復し、再び職場に戻ることができました。偽善的にも聞こえるかもしれませんが、「歩く」という今まで当たり前だったことさえできなくなった私にとって、リハビリによって社会復帰できたことは大きな感銘でした。そこでリハビリに関する事業が何かできないかと思うようになったのです。

初めて制作したオリジナルデザインのベルは高い評価を受けたのですが売れませんでした。そこで店頭の販売員の方に意見を聞きました。「格好が良くて音も綺麗ですから、風鈴にしたらどうでしょうか」とおっしゃった。その意見を元に、ベルを風鈴にリメイクして販売したところ、大ヒット商品になりました。

成功者の本を読んで夢想することで、やる気を高めています。スポーツマンもよくイメージトレーニングをすると聞いたことがありますが、それと同じ。イメージトレーニングの時間をもつことで、心を充足させるとともに、自分の目標を明確にして、諦めずに追いかけるマインドが形成されます。

幸福を手に入れるのは実に大変だが、しかし大切なのはその人の生き方次第というわけです。

どんなプロジェクトでも、仕事をやっていれば、ハズレくじを引いたり、終電逃した感に襲われるときがあると思います。そこで「この先、どうなるんだろう?」と漠然とした不安にばかり気をとられていると、本当に潰されてしまうでしょう。そんなときでも、いま自分たちがやるべきことはあるだろうし、目の前の作業に集中する。「自分の仕事に熱くなれる瞬間」というのを大事にして、その日、その日を乗り越えていけば、道は必ず拓けていくと思っていま

ソリューションという概念は、日本では中途半端に理解されているようだ。ハード、ソフトに関わらず、「顧客企業の問題解決に資するからソリューション」とうたっているところが少なくない。提供側にとっては、ソリューションを提供することによって顧客企業が他社との価格競争から脱し、競争力を発揮できなければ意味がない。

自分の中を通さないと地に足のついた人物にならない。もちろん犯罪者とか理解できないやつもいるけどね(笑)。それでも、「こんな気持ちがあったから罪を犯したのか?」と何かしらリンクするものは探します。
【覚え書き|役作りについて】

普段と違う行動をすることで新たな発見や気づきが生まれ、それがビジネスのヒントになることも少なくありません。未来の自分への投資といってもいいでしょう。

日々発生する決まりきった作業は、端から順に仕組化してしまうことです。交通費の清算やメールの返信、ブログの更新などは、空いた時間にやろうなどと思っているとなかなか手がつきません。逆に、いったんやり始めると、ほかにやるべきことがあるのにいつまでもダラダラと続けてしまうことになりがちです。これを防ぐには、作業時間を決めて予定に組み込んでおき、その時間になったら機械的に処理してしまえばいい。

ページの先頭へ