スティーブ・ジョブズの名言|見えないところにも気を配ることの大切さ

偉大な大工は、たとえ見えなくてもキャビネットの後ろにちゃちな木材を使ったりはしない。
【覚書き|コンピュータの中の基盤の美しさにまでこだわった理由について語った言葉】

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

まずは私たちのサービスに興味を持ってくれているコアユーザーとなりうる人たちに、我々のサービスを理解してもらいたい。そこから、より多くの人に伝えていけると考えている。

グレッグ・ピーターズの名言|まずコアユーザーとなりうる人たちに、サービスを理解してもらう


国内外の工場はすべて稼働率を7割未満に抑えています。せっかくあるのだからフル活用すべしと思われるかもしれません。しかし、これこそが好機を逃がさないアイリスの強みです。3割のバッファーを活用し、刻々と変わる需給状況に合わせてラインを組み替える。そうすることで特需を逃さず、過剰な在庫や設備を抱えないで済むのです。

大山健太郎の名言|工場の稼働率を7割未満に抑えるべき理由


金持ち父さんが「ラットレース」と呼んだものは、お金の悪循環そのものだ。給料をもらって素敵なものをどんどん買える暮らしに慣れてくると、汗水垂らして買い込んだものを失ったらどうしようと怖くなる。だからますます懸命に働き、上司に取り入り、職場にしがみつく。そのようにして、ますます惨めな暮らしにハマっていく。

ロバート・キヨサキの名言|ラットレースの罠


IT業界で勝ち残るための条件は、サービスやアプリなどでトップになること。1位とそれ以下では雲泥の差がある。圧倒的なナンバーワンを目指すことが重要。

藤田晋の名言|1位とそれ以下では雲泥の差がある


書き出しに妙に凝ろうとするあまり、メールひとつもなかなか打てない人がいます。しかし、これは愚かなことです。小説なら、書き出しに凝る必要もあるでしょうが、ビジネス文書は決まりきった書き出しで全然かまいません。書き出しで悩むより、書く内容にこそ心を配るべきです。

樋口裕一の名言|ビジネス文書は書き出しに凝るよりも、内容こそ心配すべき


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ