スティーブ・ジョブズの名言|見えないところにも気を配ることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

偉大な大工は、たとえ見えなくてもキャビネットの後ろにちゃちな木材を使ったりはしない。
【覚書き|コンピュータの中の基盤の美しさにまでこだわった理由について語った言葉】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人は文脈で単語を覚えるようにできています。ある研究では、文章の中で20回見ないとその単語を覚えられないそうです。だから、単語は覚えなくていい。読んで意味のわからない単語を虫食い状態で我慢できるかどうか。英語は推察力が肝心なのです。

大人がダメなのは、固定観念に縛られているからです。真面目なことは結構ですが、過ぎれば逆効果です。違う視点や柔軟な思考を持たないと、壁にぶつかったとき、乗り越えることができません。そのためにも感性を磨き、自分を信じて、自分なりの感覚や方法でものごとに取り掛かる。その方が結果はともない、やる気も湧いてくるのではないでしょうか。

ビジネスパーソンが最低限の教養を獲得するには、どうすればいいのか。一番いいのは、様々なジャンルの本を読むことです。入社して間もないビジネスマンであれば、人間学、工学、自然科学など社会人にとって必須と思われるジャンルの基礎知識をまとめたシリーズものなどもおすすめです。

ものづくりに対する強い意識は両社に共通するものです。ビームでも日本同様に品質の高い商品を出すために、「改善」と「向上」をより意識するようになりました。サントリーと組むことで「いいものづくりができる」という認識がビームでも広がったことは、大きな効果だと思います。

その業界の経験年数が長いと、風土を変えるのは難しい。バレーボールの選手にサッカーや野球のような別の球技をやらせるようなものだからだ。

噺家になって、ずっと父親との比較がつらくてつらくて。僕は父親にないものをやらないと、とうてい敵わない。だから、父のやらなかった古典落語を選んだんです。

メールやツイッターなどの新しいメディアは、たしかに乗り物としては使い勝手もよく発達したが、肝心の中身の発達がまだまだ遅れている。短文だけに行間にどんな感情を込めているのかわかりにくく、書き手の意図など忖度されぬまま疑心暗鬼を呼ぶことがある。これらを使いこなすには、何よりも書き手、読み手双方の国語力の向上が必要とされるだろう。
【覚書き|忖度=そんたく。他人の心をおしはかること】

ページの先頭へ