スティーブ・ジョブズの名言|見えないところにも気を配ることの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

偉大な大工は、たとえ見えなくてもキャビネットの後ろにちゃちな木材を使ったりはしない。
【覚書き|コンピュータの中の基盤の美しさにまでこだわった理由について語った言葉】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

パラドックスは私たちが関心を持つ物事の多くを動かしています。パラドックスと矛盾はまったく違います。矛盾はそこで止まってしまいますが、パラドックスは前進し続けます。なぜなら、私たちが片方の側の真実を知るたびに、別の側の真実に背後から捕まえられるからです。

これまでのやり方を踏襲していたらシェアは落ちるだけ。今までになかったものをつくる。

睡眠でリセットされて脳にキャパの余裕があるので、部下への指示を目的とする会議は午前中に済ませるのがお勧めです。

わがままであることがどれだけ重要かということに、改めて気づかされました。監督(木村大作監督)がわがままであったからこそ、自分の足を使って歩いて、撮影することがどんなに意味のあることかも教えてもらうことができたし、雨だろうが嵐が来ようが撮影する。その「画」がどれだけ力を持っているのかということも教わりました。
【覚書き|映画『劔岳 点の記』の主役を演じたことを振り返っての発言】

わずか数%の言語化された欲望に応えるビジネスもありますが、言語化されていない欲望に応えるビジネスのほうが、はるかに大きくなり得ます。

高校生まで福岡県飯塚に住んでいました。飯塚にいた頃は「このままずっと、ここにいて大丈夫か?」など、飯塚に居ることに不安を感じていましたが、今は飯塚に帰るとほっとします。聞き慣れた方言、見慣れた景色に安心感を覚えるからです。ふるさとを離れて、初めて故郷の魅力に気付きました。

私は常に既成概念がゼロなんです。数年前に営業利益率を15%にしようと改革を始めました。既成概念ではメーカーの営業利益率はせいぜい10%。けれど、「そんなことはない」と施策を打ち、計画最終年度の今年はいいところまできている。

ページの先頭へ