スティーブ・ジョブズの名言|体験が先、機能は後

ユーザーは体験から始めて、そしてテクノロジーにさかのぼるんだ。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

昨今の教育では歴史をあまり教えてこなかったこともあり、若い世代は歴史知識に乏しい傾向にあります。いまのように尖閣諸島の問題などが起きていても、歴史的背景を知らなければ、それに対する意見ももち得ないでしょう。これからの世の中を強く生きるには、自国の歴史を知り、己のよりどころとすることも必要なことだと思います。

これからの時代で成功するにはもっと若い人が何を考えて、どういう価値基準で行動しているかを物差しにしていかないといけない。

小規模の企業がつくるモノは、すでに世の中に出回って値段が決まっているものでは駄目です。だってプライスリーダーになれないから。そこで目を付けたのがイタリアのカチョカヴァロというチーズです。昨年、生乳が余って牛乳を大量に廃棄しなければならない事態が起きたとき、その牛乳を何とか利用するために、5000万円を投資してチーズ工場を拡張しました。つくるのはかなり難しかったですが、約一年かけてようやくうまく生産できるようになりました。

どんな製品もユーザーと供給側との間でやり取りして、製品を練っていかないと、その文化は発展していかない。パソコンやスマホでそれが起こっていって、使い勝手がどんどん良くなった。

成功への道には挫折はつきものです。若いのだから失敗してもやり直せる。思い切ってやるべきです。

良い仕事をするためには、なんにでも好奇心を持って、体験してみることが重要。

仕事の7か条

  1. 「イエス」で聞け
  2. 常にプラス思考で
  3. 自ら考え、自ら実行せよ
  4. 頼り心を捨てよ
  5. 上司は部下に指針を示し、あとはジッと見てろ
  6. 平社員は主任の、主任は課長の仕事を目指せ
  7. 愚痴を言うな

世の中はますます複雑な社会になっていますが、手間を惜しんで単純・短絡的な思考が大手を振って歩いています。それをマネすると大失敗します。

今後さらに需要が伸びる分野に積極的に新商品を投入し、販売数量を増やしていくことが重要。例えば消臭・芳香剤や柔軟仕上げ剤は、まだ世帯浸透率も低くチャンスが大きい。

小さな予算しかもらえない仕事でも私は手を抜かなかった。時には、予算をはるかに超える数のコンサルタントを投入して、自分たちの仕事ぶりや能力をアピールした。そのうちそれまでに行った小さな仕事が評価され、大きな仕事に結びついた。

私の人生にとって一番大切なことは、小さな命に対する愛情や行為を最優先させること。自分より困っている誰かを助けたり、野良(猫)一匹でも救うために人は命を授かっているのよ。

仕事には節というものがある。仕事の節は一日ごとにつけていきたい。朝職場に入ったときに今日やるべき仕事が、もうちゃんと決まっている。それを全部果たすことによって今日の仕事が終わる。仕事を中途半端に残して家路に就く嫌な気持ちは、誰しも心覚えがあるはずだ。

一流大学出だけ集めていると、企業は危ない方向に行く。

ページの先頭へ