スティーブ・ジョブズの名言|体験が先、機能は後

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザーは体験から始めて、そしてテクノロジーにさかのぼるんだ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

相手の立場を考えれば、コストを削減しようとする行動は健全なものです。相手の立場を察し、削減すべきコストがわかれば、それに合わせて商品のプランを変更すればいいわけです。

上司が喜ぶことしか言わない取り巻きを置いて、組織の論理に流されやすい人間だけでやっていける時代は終わった。

経営者の大事な役割は、時代の流れを見誤らないことです。情報収集というと新聞やテレビ、インターネットといった情報源が思い浮かぶかもしれません。しかし、もっと重要なものは顧客の声や職場の雰囲気といった現場で得られる情報です。もちろん、そうした情報収集のためには自ら現場におもむくことが欠かせません。

少額のコストに関しては気にせず、大きなコストを意識しましょう。

すべての人を尊敬している。誰が偉いとか偉くないとか考えたことがない。かっこつけてるわけじゃなくて、職種によって誰が偉いとかないし、自分と違う人のことを尊敬する。

決断するときに一番大切なのは嗅覚。僕はラグビーを子供の頃からやっていたんですけど、タックルしなきゃいけない場面がある。躊躇した瞬間に、抜かれてしまうから、一瞬でも怖いと思うと当たれない。だから躊躇することなしに、すべてのチャンスやきっかけをつかもうという意識は強い。その時に何をどう、つかむのかという嗅覚を大事にしています。

組織のリーダーは、そこに属している一人ひとりが持っている無限の能力を発揮できるようなマネジメントを心掛け、一人ひとりが無限の力をフルに発揮できるインフラや活躍の場を与えていかなくてはいけない。

ページの先頭へ