スティーブ・ジョブズの名言|相手を説得するときは視覚的にも分かりやすく

このエントリーをはてなブックマークに追加

これがマッキントッシュの大きさだ。これ以上、大きくすることは許さない。消費者に受け入れられる限度がそれだ。
【覚書き|マッキントッシュの開発会議での発言。電話帳を持ちながら技術者たちに語りかけた。当時のパソコンは電話帳の倍以上の大きさがあり、技術者たちにとってこのコンパクト化は大きなチャレンジだった】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

よく「美味しさの秘密は?」と聞かれますが、要は本物をつくればいいんですよ。

大切なことは、ビジネスの世界では、書くことには必ず行動が伴うと考えなければならないということです。考えること、考えていることを言葉にして書くこと、実際に行動すること。この三つがバラバラであってはならないのです。その意味で、書くということはコミットする(誓約する、約束する)ことと同義です。

私は築き上げた会社を奪われ、さらにいろいろな肩書の理由で合計5枚のパージ(公職追放)を受け取ったが、闘志は少しもくじけなかった。そこに、はからずも「捨てる神あれば拾う神あり」である。
【覚書き|太平洋戦争終結により朝鮮にあった会社の権利をすべて失い公職追放を受けた時代、知人伝いで日本工営の設立資金を得た当時を振り返っての発言】

終点はありません。企業は満足したらそれで終わりです。

先日、小学校の教壇に立つ卒業生と話をしたのですが、彼女はまず生徒の言い分をじっくりと聞き、感情に寄り添うことが、困難な問題を氷解していく力になることを実感していると言っていました。

非常に危険なのは下した判断の結果だけを見て、それが正しかったかどうかを決めつけること。結果はあくまで結果であって、その判断を下さなかった場合、どういう結果になっていたのかは計り知ることができないからです。その判断を下すまでに至ったプロセスを見ることのほうが評価基準としては適切です。

人間は生まれてきたら必ず死にます。死ぬために生まれてくると言ってもいいでしょう。幸福が永遠に続かないように、命も永遠ではないのです。

ラーメンはそもそも嗜好性や地域性が強い上、有名店ほどスープや麺の開発には店主のこだわりが強く反映されます。ファストフードでありながらも非常にフランチャイズを含めた店舗展開が難しいビジネスなのです。このことを事前にきちんと理解し、その上で仕組みづくりを進めたことが、その後の我々の成長に繋がりました。

人間はできるだけ早くから、良き師、良き友を持ち、良き書を読み、ひそかに自ら省み、自ら修めることである。人生は心がけと努力次第である。

英語で相手を説得するためには、様々な単語や表現を覚えて、論理的に話せるようにならなければならないと思っている人が少なくないのかもしれませんが、トランプ氏の英語を見ればわかるように、自分の世界観についてしっかりとした「フレーム(枠組み)」を持っていれば、簡単な単語と簡単な構文だけでも、とてつもない説得力を持った英語を話すことは可能なのです。

ページの先頭へ