スティーブ・ジョブズの名言|相手を説得するときは視覚的にも分かりやすく

このエントリーをはてなブックマークに追加

これがマッキントッシュの大きさだ。これ以上、大きくすることは許さない。消費者に受け入れられる限度がそれだ。
【覚書き|マッキントッシュの開発会議での発言。電話帳を持ちながら技術者たちに語りかけた。当時のパソコンは電話帳の倍以上の大きさがあり、技術者たちにとってこのコンパクト化は大きなチャレンジだった】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

フェロー(従業員)同士は名前をファーストネームで呼び合うことにした。これは経営理念の作成以来、ずっと守っている伝統だ。一緒に働く仲間にファーストネームで呼びかけることで、お互いに親しみを持ち、絆を築くことができると信じている。

数年に一度、中小企業はピンチに見舞われます。しかし、ピンチは成長のための絶好の機会。落ち込んでいないで、ピンチをチャンスに変えることが重要。

どう考えても相場で重要なのは大局観。でも、この積分的思考は無視され、市場は微分したコメントばかりが横行している。刹那的なその日暮らしの毎日。せいぜい来週くらいまでしかない時間軸。それでは、視点が濁って来るに違いありません。

値切られて、薄口銭で飯も食えんようになるという商売はいけません。双方に喜びが残り、味わえるような商売のあり方を、政府は奨励しなければいかんでしょう。

学校の勉強ができることと、イノベーションが起こせるかどうかはまた別の話だ。イノベーションに必要なのは、どちらかというと雑学である。学校の勉強ができるだけの「専門バカ」はもうコモディティ化してしまっている。そういう人はお金を払って雇えばいい。

我々は結果が数字になって表れると、つい信用してしまう「数字信奉」が強くあります。しかし、変化の激しい時代には、十分気を付けないとみんな数字にごまかされてしまいます。数字のつじつまが合いすぎるのは逆におかしいと考え、突っ込むと問題点がポロっと出て来る。大切なのは、データを記録として見るのと、マーケティングに使うのとではまったく読み方が違うということです。

長時間机に向かっていても、途中で集中力が途切れてしまえば学習効率は下がります。その点、3分や5分といった短い時間で集中して勉強し、それを積み重ねていくやり方は、とても効率的だといえます。

ページの先頭へ