スティーブ・ジョブズの名言|相手を説得するときは視覚的にも分かりやすく

このエントリーをはてなブックマークに追加

これがマッキントッシュの大きさだ。これ以上、大きくすることは許さない。消費者に受け入れられる限度がそれだ。
【覚書き|マッキントッシュの開発会議での発言。電話帳を持ちながら技術者たちに語りかけた。当時のパソコンは電話帳の倍以上の大きさがあり、技術者たちにとってこのコンパクト化は大きなチャレンジだった】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日本の判断では、売上高の大きいのが偉いが、アメリカでは利益の大きいのが尊重される。いくら仕事の間口を広げ、それによって売上を伸ばしても、利益が増えなければ経営者の評価は上がらない。一株あたり利益(EPS)が最大の注目点だ。

企業が誠実に事業活動を行なうには、経営トップのリーダーシップとコミットメント(公約)のもとでの経営理念・価値観を共有化することが重要。

日本企業の魅力に気づいていないのは、案外日本人なのかもしれません。買収されそうになって初めて気付く。

仕事は生活の糧を得る手段であると割り切って、プライベートの時間を大切にするのが俺の生き方だという考え方は誰も否定できません。ただ、あくまでも私見ですが、ビジネスマンは人生の大半を会社の中で過ごすわけです。その時間の密度を濃くしたほうが、楽しいのではないでしょうか。

ヤフーを辞めた人は累計で数千人いると思います。しかし、考え方を変えれば、辞めた人を活用すればいいのです。最近は「ヤフーをやめた人材は”ヤ僑(ヤフー版華僑)”だよね」なんて言い方もしています。実際に、第一回目の「ヤ僑ナイト」を先日やり、いろいろ情報交換をしました。ポジティブに考えれば、これほど心強いネットワークはありません。

趣味を継続していくエネルギーは好奇心でしょう。凝り性の私は、ヨットに没頭すると、ディーゼルエンジンの構造を勉強し、ヨットにまつわる道具の発達史を研究したりもしました。さらに、GPSなどなかった昔の航海に思いを馳せ、海図を読み、方位も観測できるようになろうと思ったものです。すると、天文学や気象学にも興味がわき、これはこれで奥が深い。つまり、趣味が核になり、いろんな分野を知ることができました。こうして仕込んだ知識は、様々なことに応用しています。

新しいアイデアなんてなかなか出てこないという人もいるかもしれませんが、自分で自分の発想を狭めなければ、誰でもいいアイデアは浮かぶものです。

ページの先頭へ