スティーブ・ジョブズの名言|相手を説得するときは視覚的にも分かりやすく

これがマッキントッシュの大きさだ。これ以上、大きくすることは許さない。消費者に受け入れられる限度がそれだ。
【覚書き|マッキントッシュの開発会議での発言。電話帳を持ちながら技術者たちに語りかけた。当時のパソコンは電話帳の倍以上の大きさがあり、技術者たちにとってこのコンパクト化は大きなチャレンジだった】

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

わかりやすい指標を目標にする方が、組織の効率は上がると思います。ROEといわれても、分母の株主資本というのはドメインの努力で実現できることはほとんどありません。配当を増やすか、自己株を取得する、といったことは本社の役割だと思います。そうすると、分子の方が純利益ですから、営業利益を上げることが純利益を増やすことにつながります。

残業削減に最も効果的だったのが、部門を横断して改善を進める社内チームのひとつとして発足させた「早帰り推進チーム」の働きです。私は彼らに「売り上げは下がってもいいから残業時間を減らせ」というミッションを与えました。だが、彼らはそれを「数字を維持したまま残業時間を減らすのが自分たちの役割」だと解釈して、様々な施策を考えてくれたのです。彼らの働きなくしては、これだけ早く早帰り文化が根付くことはなかったでしょう。

仕事を溜め込んでしまっている人は、今それを「やる/やらない」の決断を先延ばししているのではないでしょうか。ならば、するべきことは決断だけです。

人生は白分だけが主人公じゃない。駅伝のひとりのランナーに過ぎない。自分のゴールで次の人にタスキを渡すんだってことを考えていれば、仕事の仕方も変わる。

「上司が悪いから、成果が出ない」「労働環境が悪いから、仕事ができない」というように、責任を他者に転嫁することは、他人の人生を生きるということです。「他人がどうであれ、自分は自分の仕事をする」というのが、自分の人生を生きるということ。そのためには、他人に自分のことを認めてもらうのではなく、自分で自分のことを認めなければなりません。

スケジュールなしで行き当たりばったりで取り組むと、結局は二割程度しか手を付けられません。しかし、綿密にスケジュールを組んでも、すべてを予定通りにこなせるわけではありません。正直なところ達成率は7から8割です。ただ、それで十分です。スケジュールは、いわば努力目標です。

物理的には同じ一分でも、朝の一分と夜の一分では違うのです。論理的な能力が要求される仕事については、朝にやったほうがいいことは確かです。

素人か玄人かは、その仕事に対する作者の打込み方の相違だ。

ノーベル化学賞や物理学賞をとるような論文であっても、当初の計画を完ぺきに達成して発表されたものは皆無といっていいのです。研究の世界では、100%のデータがそろわなくても、先に論文を発表したほうが勝ちです。一方で、完ぺきなクオリティでも、評価はゼロになります。そのため理系の人間は、不完全なデータを活かして、どれほどの成果があげられるか、クオリティと期限を天秤にかけて作業しています。

チームで作業を分担する場合でも、自分の担当作業はさっさと仕上げて、自分の手から放すのがいいでしょう。他のメンバーから先にアウトプットをシェアされてしまうと、その結果次第では自分の担当作業にも影響が出て、予定が狂ってしまうことにもなりかねません。

モチベーションが高まるのは、やりたいことをやっているときと、自分の成長が感じられるときです。未経験の苦手な仕事なら、少し何かを覚えただけでも、成長を感じられるので、モチベーションが高まりやすいのです。

バカな自分をさらせば相手も素直に接してくれるようになります。以前、当時の社長のところに行って、「社長、悩み聞いてあげましょうか?」と言ったこともあります(笑)。最初は、「この野郎、何言ってんだ」と言われましたが、最後には「いや、周りがなかなか言うこと間いてくれないんだよ」なんてホンネがこぼれたり(笑)。

年齢と熱意は必ずしも相関しない。

ページの先頭へ