スティーブ・ジョブズの名言|相手を説得するときは視覚的にも分かりやすく

これがマッキントッシュの大きさだ。これ以上、大きくすることは許さない。消費者に受け入れられる限度がそれだ。
【覚書き|マッキントッシュの開発会議での発言。電話帳を持ちながら技術者たちに語りかけた。当時のパソコンは電話帳の倍以上の大きさがあり、技術者たちにとってこのコンパクト化は大きなチャレンジだった】

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

理念の改訂については、必要であれば行ない、必要でなければ行なわないという考えでいいと思います。世の中の風潮や消費者の価値観は時とともに変わります。根源根幹は変わらなくても、時代の流れに応じて部分的な改訂を考える姿勢は大事でしょう。

新将命の名言|時代の流れに応じて経営理念の部分的な改訂を考える姿勢は大事


相手に買う気を起こさせたい時は、相手に「自分はこれを買うんだ」と錯覚させる言葉を投げかけましょう。「AとBの商品なら、どちらが好きですか」と。これは誤前提暗示と呼ばれているテクニック。二者択一の場合、いずれかを選ぶので、「あなたはどちらかが好きなんですよ」という誤った前提を相手に与えているわけです。あなたが販売員だったら、「もし、買われる場合、お持ち帰りになりますか? ご自宅に配送もできますけど、どうしますか?」と質問を投げかけへ商品を購入するという誤前提を相手に錯覚させることも可能です。

神岡真司の名言|相手に「自分はこれを買うんだ」と錯覚させる言葉


私の経験から言えば、こと技術者というのは、自身の技術の練磨に力を注ぐあまり、後進を育てることに無関心な人が多いのです。組織として考えた場合、これは大いにマイナスです。ある程度権限を譲渡することによって部下は育つのです。

山本忠人の名言・格言|後進を育てることに無関心なのは、組織として大いにマイナス


狙いどころをきちんと決めて、仕事をすることが大切。

庄野直之の名言|狙いどころをきちんと決めて、仕事をすることが大切


無難なことしか行わないなら、組織は黄昏を迎えざるを得ない。

斉藤惇の名言|無難なことしか行わないなら、組織は黄昏を迎えざるを得ない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ