スティーブ・ジョブズの名言|2塁打2本より、1本のホームラン

大事なのは量より質。2塁打2本より、1本のホームランの方がずっといい。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営者は自らが意識を変えて、名ばかりではない人事制度をきちんと整備していく必要があります。制度を作っておくことで大切な人材を失わずに済むし、優秀な若者を集めるアドバンテージにもなる。アイデアが生まれやすい社内の環境をつくることもできる。

欧米のSFのロボットが、人間を追い込んでいくものが多かったのに対して、日本の場合は友達や仲間という意識が強い。子供向けには「良いものは良い、悪いものは悪い」という、わかりやすい価値観でSFが製作されていた時代があり、人間観を育む上で良い影響を与えていると思います。

CS(顧客満足度)が高まれば、企業のブランド価値が高まり、それによって価格競争に巻き込まれにくくなり、良い人材が集まり、クレームが減少する。

人は教科書や本を読むと、考えているような気になるものです。でもそこに書かれているのは著者の考えであって、自分の考えではない。本を読んで「自分はどう思い、どう考えるか」「自分の付加価値は何か」といったことを考えることが大事。

おすすめしたいのは「NotToDoリスト(しないことリスト)」をつくること。「ToDoリスト」は多くの人がつくります。しかしこれをつくると、人生がリストをこなすための単なる手段になり下がります。本当にしたいかどうかわからないことを「すべき」と考えてしているうちに、ずっとし続けることになりがちです。やがて「本当に今自分がしたいことは何なのか」が自分でも見えなくなってしまいます。まず「心の空きスペース」をつくること。人生は時間もエネルギーも有限です。後悔しない人生を生きるためにも「したいのかどうかわからないことをしない」ことを目指したいですね。

私のことをハローキティを世界に広めた立役者と評価してくださる方がいますが、私はキャラクターを有名にしたわけではありません。もともとハローキティは海外でも有名でしたから。私は、このダイヤの原石をマネジメントしただけです。

当初から医師との関係作りには力を入れてきました。国内外で開かれる主要な学会に営業はもちろん、私を含めて経営陣まで出席します。医師との信頼関係を築き、医療現場のニーズを知るためです。

海外で「YOKOKAWA」の認知度は低く、サイレント・プレーヤーとも言われていました。そこでマーケティング・キャンペーンを展開し、頼れる企業であることをアピールしました。
【覚書き|米国法人の立て直しを行ったときを振り返っての発言。横河電機は現在では売上高の半分以上を海外で稼いでいる】

私が成功した理由は、飛び越えられるであろう30センチのハードルを探すことに精を傾けたから。

うちの社員は知識労働者でなければいけないと思っているんです。会社はイノベーションを続けていかないと衰退していきます。そのアイデアを出す社員が、本を読むのは当然じゃないですか。
【覚書き|一蘭本社に図書室があることについて語った言葉】

勝ち方こそ、問われる時代。だからこそ、視聴者、クライアントから「勝って良かったね」と祝福されるような番組を作ってほしい。

僕はおやじギャク、大賛成です。大いに飛ばしてほしい。しかも下手であるほうがいいんです。みんなに「あれさえ言わなけりゃ、いい男なんだけどな」と言われるのが大事だと思います。たとえば大砲の弾がドカドカ飛んできて、全員が頭を低くしているときに、誰かがボソッとくだらないことを言う。そうすると、みんな元気が出ると思うんです。

当社は国内では、就職や住宅関連などの情報を扱っている会社という認識は持たれています。しかし、海外ではまったく知られていません。米国だと、軍隊のプロモーションの会社かと間違われたこともあります(笑)。海外展開するには信頼性や信用が必要になると痛感しました。

ページの先頭へ