スティーブ・ジョブズの名言|2塁打2本より、1本のホームラン

このエントリーをはてなブックマークに追加

大事なのは量より質。2塁打2本より、1本のホームランの方がずっといい。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

京セラでは部内で責任者を決めて、あるグループを任せられると、その中で「君は、徹底的に電話代を削減しなさい」「あなたは運送費、荷造り運賃を徹底的に削減しなさい」というふうに担当を決めていく。担当者はデータを取って、どうしたら安くなるのかを徹底的に研究する。そうした工夫を新入社員のころからずっとやっているのです。

僕自身は詳細な目標を立てません。ただし、「仕事に対して誠実であるか」「周囲の人たちがハッピーになっているか」「自分のエゴが出ていないか」といったことを常に意識しています。そうして正しいことを積み重ねていくよう努力すれば、結果は自ずとついてくると思うのです。そのためにも、僕自身はいつも自然体でありたいと考えています。

株式を公開する準備をしていたとき、普通では考えられないほど大量の株の所有権を従業員に与えることにした。これは、彼らの仕事がいかに重要であるかを知ってもらうためだった。

何もしなくていい点を取るより、むしろしなければならない時に何かをやって失敗する方を評価したい。何かをやって失敗するリスクより、何もやらないリスクの方が大きい。減点主義は嫌いだ。

ソーシャルメディアの普及で、さまざまな情報が可視化され、企業の本質が問われるようになっていると感じます。たとえば従業員の「バカな行為」がたびたび報じられるような企業は、管理体制や士気に根本的な問題を抱えている可能性が高いと考えることもできます。従業員の満足度が高い企業であれば、「会社に迷惑をかけてはいけない」と考えて、社会常識に反した投稿は自然と控えるはずだからです。

まずは意識的に部下の長所を探す姿勢を持ちましょう。「短所も裏を返せば長所だ」「結果に結びついていないが、可能性はある」などと、ポジティブな見方をするのです。

単に利益追求だけでなく、人材教育や社会貢献にも力を尽くしていることが、結局は会社のブランド力を高めることにもなっている。社会性があること、つまり社会に対して何らかの貢献をしている仕事であることが、企業のモットーやビジョン、パンフレットなどに明示される時代になった証でしょう。その方がトップも仕事がしやすく、また社員も誇りを持って働くことができるのが、今の時代の特徴のひとつだと思われます。

ページの先頭へ