スティーブ・ジョブズの名言|2塁打2本より、1本のホームラン

このエントリーをはてなブックマークに追加

大事なのは量より質。2塁打2本より、1本のホームランの方がずっといい。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世の中は白と黒ばかりではない。敵と味方ばかりではない。その間にある中間地帯、グレーゾーンが一番広い。そこを取り込めなくてどうする。真理は常に中間にありだ。その辺がわからんヤツが天下など取れるわけがない。

自分が好きで仕方がない、自分への視点へのこだわりが強い人は、失敗を恐れるので賭けていません。それでは成長はできません。

資料を作ってから話す内容を考えるということは、映画でたとえると演出・撮影をしてからシナリオを考えるようなもの。相手の心に響かない、つまらない映画を作るようなもの。

論理思考(ロジカルシンキング)が得意な人ほど、「論理的に正しいのだから相手も納得して当たり前」と思いがちだ。何が論理的に正しいかに拘泥しすぎると、プランを実行するうえで必要な「人を巻き込み動かす」という側面を見落としかねない。評価や審査、交渉においては論理思考が必要とされるが、論理的であることを最終目的にしてしまうと、実行段階で行き詰ることがある。

大勢の人に来賓扱いされているようなときでも、私はできるだけ末端で働く人々に歩み寄り、握手するようにしています。人間としての彼らは、「末端」でもなんでもありませんから。

従来の延長線上で仕事をするのでは、新しい発想など生まれない。

会社の経営方針が変わってしまったとき、その方針転換を取り繕おうとしない発言が、相手に信頼感を与えます。

ページの先頭へ