鎌田和彦の名言|社長に元気がないと社員の士気も高まらない

社長に元気がないと社員の士気も高まらないから、なかば役割意識でやる気を高めているという面は、確かにあります。

鎌田和彦 の経歴

鎌田和彦、かまた・かずひこ。日本の経営者。大手転職支援会社インテリジェンスの社長。神奈川県出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業後、リクルートコスモス(のちのコスモスイニシア)に入社。その後、インテリジェンス設立に携わり、取締役、常務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか日本人材派遣協会会長、キャリアカウンセリング協会理事、人材派遣健康保険組合理事、多数の企業の社長・取締役などを務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ツライ時期がずっと続くと思って、挫折しちゃう人が多いけど、諦めなければ逆転できる時が必ずやって来る。そう自分に言い聞かせてますよ、僕も(笑)。

様々な経営者と話してみると、創業者は現場を見て感じて経営を行うようです。一方、経営コンサルタントや学者は、その結果から経営理論をつくりあげます。経営者が理論ばかりを過剰に参考にして、現場をおろそかにするとき失敗します。サッカーも同じだと思います。人から理論を学ぶことも大切ですが、それ以上に現場で私は感じたい。

できない日があっても自分を責めません。ただし、やらなかった理由はちゃんと記録しておきます。二日酔いだったとか、雷雨で気分がふさいでいたとか、自分のやる気がでない心理状態を理解しておくことも、習慣を長続きさせるための重要な手がかりになるのです。

「新しい信長像をつくりたい」と言うしかなかったんです。まさか、「誰々さんの演じた信長を踏襲します」とは言えないでしょう(笑)。実際は、最初から具体的な信長像を持って挑んだわけではないんです。ただ、演じる上で、自分の中での「理由付け」をきちんとしようとは考えていました。信長には強さのイメージがありますが、「単にそういう性格だから」では済ませたくなかった。信長が激しかったり、暴力的だったりするのは、人としての弱さや不安の裏返しだと解釈したんです。そうした理由付けを1つずつした上で演技しようと。
【覚え書き|映画『本能寺ホテル』について】

我々のように鉄道の沿線とともに成長する会社の場合、景気変動とは関係なく、いい沿線づくりを途切れることなくやり続けることが大切です。我々の仕事は、長いものであれば20年というロングスパンでものを考えなくてはなりません。ですから、そもそも短期的な利益追求型の経営などできないのです。

本当に人材が集まる会社は、世界に通用する戦略を採ることができる。

他社の商品を真似して安く売り出したり、少し改良したりする程度では、お客様の支持は得られない。

やるからには1等賞になるぞという思いがあった。ただ、総合型に走っても大手には勝ちにくいので、特化型でやろうと。そこで、管理部門に特化した紹介業をスタートさせた。

厳しく注意をしても部下の態度が改まらないということは、部下の心に言葉が響いていないということです。だから、上司が何を言っても、真剣に耳を傾けようとしない。これは、上司と部下のあいだに信頼関係が成立していないということです。

ものを言えないペットの視点からも考えるのが、人とペットの共存する豊かな社会を目指しているメーカーの大きな使命です。

ページの先頭へ